スポンサーリンク

売れっ子の子役から大人の女優としても一流になった安達祐実さん。

世間ではスピードワゴンの井戸田さんと離婚したことで、不幸なイメージが持たれてますが、離婚後も女優業で結果を残し続け、さらには素敵な男性と再婚を果たし、人生逆転に成功しました。

そんな安達祐実さんは衰えない美貌も評判がよく、今年2020年には人気女性雑誌「CanCam」にて、最年長で表紙を務めることになりました。

誰もが憧れる雑誌のアイコンに、現在38歳の安達祐実さんがなるとは、冷静に考えてみると、彼女は相当すごい女性ですね・・・。

安達祐実 史上最年長でCanCam表紙!画像

女優の安達祐実さんが、4月23日発売の女性ファッション誌「CanCam」6月号の表紙モデルに起用されました。

安達祐実さんは美しさとかわいらしさを併せ持つ“奇跡の38歳”と評判ですが、1982年に創刊された同誌では、史上最年長のカバーモデルということになりました。

安達祐実さんは2歳で芸能界入り。今年でデビュー36周年を迎えます。

現在、安達さんは、2児の母でもありますが、その美貌やかわいらしさは変わりません。

安達祐実さんはインスタグラムのフォロワー数は76万人を超え、女性からの指示が強いです。写真がインスタにアップされるたびに「かわいい!」の大合唱。

さらには昨年2019年の9月に美容誌のYouTubeオフィシャルアカウントを開設。そこで「セルフメイク動画」が公開されるや、再生回数は530万回を突破したことでも話題になりました。

美貌も需要も変わらないとは、子供を産んで離婚をした女優では初めてではないでしょうか?

しかし、気になるのは雑誌の中身です。

安達祐実さんに関してどのようなことを特集しているのでしょうか?

スポンサーリンク

安達祐実の衰えぬ美貌の秘密

彼女が表紙を務めるCanCamでは、彼女なりのアンチエイジングなど美容系に特化した特集が組まれているようです。

20代女子の間で“奇跡の38歳”と大人気になっている勢いのまま、『CanCam』カバーにも登場。6ページの特集「“かわいい”が続く、美の秘密」では、安達の変わらない美しさの秘密に迫り、スキンケア、メイク、ボディケア、インナーケアなど、CanCam世代も気になるアンチエイジング術を公開。動画で話題になったメイクについては、「流行のメイクをするのではなく、“自分の人間性を出す”っていうのがセルフメイクのテーマ。パッと見て、『この人ってこういう人なのかな』って伝わるようなメイクを意識しています」とこだわりのマイルールや、日頃使用するお気に入りコスメを紹介する。

実は「美容に関してちゃんとしなきゃという意識が目覚めたのはつい最近のこと」と明かし、「子供の頃からお仕事をしていて、昔から童顔だと言われていたこともあり、“どうせ自分の顔なんてダメだ”、“私なんて美容に興味を持つなんておこがましい”と、長い間思いこんでいました」とエピソードも披露。年を重ねるうちに、美容の取材が増えてきて、意識が少しずつ変わっていったことを振り返る。

特集では日ごろの肌やボディのケアについても語り、一番大切にしていることは「穏やかでいること」と言う。「私は、内面的な変化が肌にも影響しやすいようで、精神的に何かを感じるとすぐに荒れちゃうのです。だから、気持ちを穏やかに保つことは唯一ずっと意識していることかもしれません」。

同号にはそのほか、AAAの宇野実彩子(33)や、元モーニング娘。の道重さゆみ(30)など、アンチエイジングの達人たちが登場。ずっと変わらぬ美しさとかわいらしさの秘密を大公開する。読めば、きっと自分に合ったアンチエイジングが見つかり、いつまでもカワイイが続くはず。引用元:Yahoo!ニュース

もしかしたら、売り上げ販売数の面でも、何か奇跡が起きそうな気がします。

安達祐実は旦那ともラブラブで不倫・離婚と無縁

2014年に再婚を果たした安達祐実さんですが、現在も旦那さんとはラブラブです。

今年の2月には旦那さんがお花を買ってきてくれるというエピソードがネットで知れ渡り、大きな反響を呼びました。

女優の安達祐実さんが2月12日、夫でカメラマンの桑島智輝さんからお花をプレゼントされたことをInstagramで報告。桑島さんは“とあるタイミング”でいつもお花を買ってきてくれるそうで、ファンからは「素敵な旦那さん」「そんな旦那さまのような人と出会いたかった」など反響が寄せられています。

バラやマリーゴールドなど、美しい花々が並ぶキッチンに立ったソロショットを公開した安達さん。「喧嘩した時とか 私が仕事でテンパってるとき お花を買ってきてくれる」と桑島さんのステキな習慣を紹介しており、「今回は後者」と一安心な言葉もつづっていました。ドラマみたいな夫婦だ……

2014年に結婚した2人は、近年ではカメラマンと被写体として仕事でもタッグを組む機会が増加。2019年9月には夫婦の共著である写真集『我我』を発売した他、安達さんが10年ぶりの連ドラ主演を務め、本人役を演じることでも話題のドラマ「捨ててよ、安達さん。」(2020年4月放送開始)のメインビジュアルも桑島さんが担当しています。

プライベートだけでなく、いまだに仕事も一緒にするという点、互いへのリスペクトが違います。

仕事も私生活も互いに支えあってると考えると、これ以上ない素敵な夫婦のようにも思えます。

やはり愛されている女性って美しいですね!

スポンサーリンク

安達祐実が史上最年長で表紙へん反応

童顔なのに綺麗。昔の面影もそのまま。ドラマとかでみかけると演技も凄くて引き込まれてしまうし。子役は大きくなると売れなくなるっていうのを覆した人だなぁと思う。

安達祐実さんはもって生まれた天性のもので、次元が違いすぎて『アンチエイジング』という言葉があまりそぐわない。特集しても一般人が真似できるものではないんだろうな…若作りという感じもしないし、素敵です。

数ヶ月前に三軒茶屋のお店でお見かけしました。 実物を見る前は童顔だしなんか…と思ってましたが、実際見るとものすごく美人さんでびっくりしたのを覚えてます。 やっぱりテレビ映りとか写真とかではわからない良さがあるんだなと少し自分を反省しました。

スポンサーリンク
おすすめの記事