スポンサーリンク

現在、巨人のエース・菅野智之投手と交際しているモデルの野崎萌香さん。

彼女は生粋の音楽好きとして知られているので、彼氏がプロ野球選手というのはかなり意外なことです。

菅野投手の歴代の登場曲を調べてみると、有名な邦楽と洋楽がメインであり、音楽の趣味はポップからロックまで幅広いことがわかりました。

もしかしたら野崎萌香さんと音楽の趣味も被っているのではないでしょうか?

ちなみに野崎萌香さんは、過去に大物洋楽ミュージシャンのブルーノ・マーズのLiveで取ったある行動がネットで炎上してしまったことがあります。

野崎萌香がブルーノマーズのライブで自撮りで炎上!禁止か黙認か

問題のライブはブルーノ・マーズが2018年の4月11日~15日にさいたまスーパーアリーナにて行った『BRUNO MARS 24K MAGIC WORLD TOUR 2018』の日本公演です。

当時にしてグラミー賞を総なめにしてたブルーノ・マーズのライブだったということで、特等席に叶姉妹関ジャニ∞のメンバーがいるなど、国内の有名人も多く駆けつけました。

そのライブの中に参加した野崎萌香さんのある行動に批判が起こり、彼女のSNSが大炎上したのです。

どういう行動かというと、簡単にいえばステージにいるアーティストをバッグにした自撮りです。

この日、野崎さんは同じモデル仲間の七菜香さんと共にブルーノのコンサートに参加していました。

彼女たち二人は最前中央の特等席でライブを鑑賞していました。

そして、二人は公演中のブルーノをバックに自撮りを開始。

その姿を見たブルーノが、まさかの野崎さんを指差して注意!

さらに驚くのは、野崎さんはブルーノの注意に対して無反応・・・。

その姿に怒ったブルーノが、今度は野崎さんらに向けてタオルを投げつけたのです。

一番目立つ席だったということですが、ここまで細く気にかけてるブルーノもすごいですね!

野崎萌香はインスタグラムで興奮気味に投稿!

ブルーノマーズを怒らせてタオルを投げられてしまった野崎萌香さんですが、その様子までカメラにバッチリ収まっていたそうで、野崎さんはInstagramに、

「OMG!!! I GOD THIS!!!!」

というメッセージと共に、タオルを投げられた瞬間の動画をアップしたのです。

その行動に対して、ブルーノファンが怒り、大炎上となったのです。

別の席からでも、ブルーノが怒ってタオルを投げる姿が撮影され、その様子が動画サイトにアップされました。

ちなみに野崎さんはブルーノなりのファンサービスと勘違いした様子でした・・・。

ブルーノファンが怒る理由「ブルーノはライブ中のスマホ撮影が嫌い」

ブルーノマーズのライブは、腕をあげたり、ハンドクラップクラップを煽ったりが激しいです。

スマホを持っていると、当然、腕が塞がっているのでブルーノの煽りを無視してるのも当然となります。

そもそもブルーノはライブで撮影するオーディエンスのことを毛嫌いしてるのです。

炎上した投稿のコメントには「これでブルーノが日本嫌いになって来なくなったらどうするんだ」というような内容もありました。

最前列のファンが、一番彼の煽りに従うべきと考えるのは自然なことなので、仕方ない意見であります。

スポンサーリンク

ブルーノマーズが目指すライブは撮影NG?理由

元々ブルーノ・マーズは撮影嫌いなアーティストではありませんでした。

しかし、過去にアポロシアターで開催したライブで、たまたま撮影禁止にしたことがあったのですが、そのライブでの盛り上がりが凄まじくよかったのです。

「『なんでいつもと違うんだろう?』と思ったよ。その夜は2階席の観客たちまでみんなノリノリで踊ったり歌ったりしてるし、いつにも増して会場全体がショーに没頭している感じがしたんだ。しばらくしてやっと異変に気づいたよ、『ああ、みんなスマホを持っていないんだ』」

撮影に夢中でノッてくれない、腕を上げてくれないとなると、そのアポロシアターのようなライブは再現できませんね。

「僕がこの仕事をやりたいと思った理由は、人々が見守るステージに立ったときのあの何とも言えない感情が大好きだからなんだ。自分には、みんなの一夜を素晴らしいものにする責任があると思ってる。 でも、もしみんなが公演を見る代わりにスマホばかり見つめていたら、僕からはみんなが笑顔なのか、しかめっ面してるのか、あくびしてるのか見えなくなっちゃうだろ?」

ファンが純粋に楽しんでくれてる顔が見たいと言っているので、ファンの顔が見れないという意味でも、スマホは邪魔なのでしょう。

洋楽ライブで問題視されるスマホ撮影

現在、多くの洋楽ライブではスマホ撮影が許可されています。

しかしながら、オーディエンスの中には、そのスマホが邪魔という意見が多くあります。

また、サマソニなど洋楽と邦楽のアーティストが共演するフェスなどでは、堂々と撮影する洋楽ファンにイラッとしてる邦楽ファンが多くいました。

開催元がOKと言っても、周囲の雰囲気とアーティストの特色によっては撮影を控えるのがマナーかもしれませんね。

スポンサーリンク

野崎萌香の学歴は東洋英和女学院(出身中学・高校・大学)

ブルーノ・マーズのライブで非常識な行動が問題視された野崎萌香さんですが、ねっでは「教養がない」「育ちが悪そう」などいわれたい放題でした。

しかし、実際の野崎さんの経歴や学歴を調べてみると、お嬢様育ちの高学歴であることがわかりました。

野崎さんは子供の頃からバレエなどたくさんの習い事を習い、小学生の頃から東京・港区六本木にある「東洋英和女学院」の系列に通い、大学まで一貫でありました。

この東洋英和学院は偏差値の高いお嬢様学校として有名で、学費もかなり高額なようです。

学生時代の野崎萌香(写真)

野崎さんは家の決まりで、テレビを観させてもらえなかったそうです。

また、親に何かをお願いする際には手紙を書かないとけないという、とても特殊な決まりがあったそうです。

それでも自分の観たい舞台や映画は必ず観させてもらえたり、習い事もたくさんさせてもらえたり、自分の本当に興味のあること、好きなことに関しては全力で応援してくれる親だったみたいです。

ネット上の情報では野崎さんの父は医者だという情報もありますが、確かではありません。しかし、生粋のお金持ちであることは間違いないと思います。

現在でも一日3冊本を読むこともあるという野崎さんなので、教養がないとは言い難いです。

ブルーノマーズでのライブの件は、やはりその場の浮かれた雰囲気やモデル仲間のノリにノッてしまっただけだったと考えても良いと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事