スポンサーリンク

モデルとして多くの支持を集めてる森星さん。

人気のヴォーグのYouTubeコンテンツでは、森星さん関連の動画がすば抜けて再生数を稼いでいます。

生粋のお嬢様でありながらも美形の遺伝子を継承し、偽りのないスペックは同性からは憧れの的ですね。

森星さんの魅力は外見やステータスだけでなく、裏表ない性格と、慶應卒らしさい賢い立ち振る舞いです。

彼女の内面の磨き方、美しさについて書いてみたいと思います。

森星の性格の良い部分は”自然”で自由!

テレビでもランウェイでも共演者にも愛される森星さん。嫌味のない明るく天真爛漫な姿に多くの女性が憧れていることでしょう。

雑誌などのインタビューを読んでいても、インタビュアーから森星さんの魅力に引き込まれて贔屓の目に変わっていってるのが分かるので面白いです。

森星さんといえば、お姉さんはタレントの森泉さんです。

姉の森泉さんの性格は、明るくて物怖じしない、いかにもハーフという性格です。

一方の妹の森星さんは、姉の森泉さんとは顔も声もぜんぜん違う印象で、性格も実際に違うように感じます。

森星さんは姉よりも声が高く、妹らしい甘えん坊で舌足らずな印象です。

ただ、大物芸能人の前でも物怖じしない部分では姉と同じです。

姉も妹も自由なのですが、同じ自由の中でも、妹の方がキチッとしてる部分があります。言葉使いであったり、人当たりのテンションの使い分けであったり。

森星さんは、現在の社会人に必要なカジュアルスキルも兼ね備えた柔軟な性格だといえます。

姉の森泉は嫌いな人もいるが妹・森星にはほとんどいない

以前から姉の森泉さんの番組での振る舞いには賛否両論がありました。

しかし、森星さんに関しては女性から「可愛い!」の嵐。彼女が嫌いだという声はほとんど耳にしません。

そもそも、妹キャラがベースにあるというのが強いのかもしれませんが。

姉がタメ口キャラでありながらも、森星さんは目の上の人に対しては敬語で丁寧に接します。しかし、男性に媚びるような真似は決してしません。

相手へのリスペクトの心と、自分を下げない強さのバランスが取れているのです!

森星の頭の良い話し方。姉・泉のタメ口では対称的?

森星さんも、時にはタメ口で話すことがありますが、それが「生意気」とか「態度がデカイ」と思われることはほとんどありません。

森星さんは、ここぞというポイントで丁寧語が使えたり、育ちの良さが伺えます。

ただ、姉と思うとで二人揃うと、自由でタメ口も増えます。2014年のSMAP×SMAPに姉妹で出演した際には、終始早口でマシンガントーク、しかもSMAPが作ってる料理をつまみ食いするなどやりたい放題でした。

大物アイドルグループ相手にどっしりとコミニュケーションを取っていて頼もしかったです。

5年後の2019年にテレビ番組「アナザースカイ」に出演した際に、森星さんは過去の自分のVTRがチャラチャラして見えて恥ずかしいと仰っていたので、昔に比べて大人になった変化した部分もあるのかなと思いました。

スポンサーリンク

森星の笑顔を磨いたのは10代での社交界デビュー?

森さんはコミニュケーションや仕事の上で笑顔は欠かさないと仰っていますが、それは10代の頃に社交界デビューした背景があるからだとされてます。

森星さんは10代後半で、フランス・パリの社交界デビューを果たしています。

フランスの社交界といえば、女性は容姿や年齢が見られますし、その他にマナー、語学、ワルツの技量など数多の条件も必要とされます。

育ちの良い子息・令嬢だけが足を踏み入れることのできる世界ということで、森星さんが相手にしてきた人間のレベルは様々です。

「もちろん入り口は英恵さんあってのことですが、“祖母の七光り”だけで生き抜けるほど、パリの社交界は甘くない。幼少期から父親に厳しくしつけられたマナーや言葉遣い、勤勉な姿勢に加え、母親から教わった優しさといたわりの心。どれか1つでも欠けていたら、海外のセレブたちと並び歩くことはできなかった。グローバルな世界に羽ばたける素地が、両親のおかげで自然とできていたんです」(星の知人)引用元:Yahoo!ニュース

森星さんも育ちが良いですが、社交界で一人前に立ち振る舞いをするために、たくさんの努力をしてきたようです。

自分より上の人間をたくさん見てきたことと、自分の家に誇りが持てるからこそ、あの丁寧さと強さがあるのでしょうか。

森星の笑顔の根本は自分へのムチ?

森星さんが仕事について語った記事を見つけましたが、強気な彼女でも自分に自信が持てない時もあるそうです。

そういう時こそ、森星さんは笑顔を大切にしてるそうです。

自信がなかったのに、後からみると良い仕事ができていたり、逆に自信があるときこそ停滞していたり、意外とわからないものだなって。だからこそ今はシリアスになりすぎず、自由に羽を伸ばす感覚で仕事を楽しむように心がけています。人前に立つ仕事なので、周りと比べられたり悔しい思いだって今までにたくさんありました。イヤな感情を持った自分はすごく嫌いなんだけど、自身を奮い立たせるためのエンジンにもなるんですよね。引用:ヴォーグ

「自分を奮い立たせるためのエンジン」というフレーズが印象的です。

嫌な感情を持とうとしてる自分と格闘してるんだと思うと、彼女の性格の良さに納得できますね!

自分に厳しく、でも明るい方向で。とても理想的な女性だといえます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事