日本を代表するギタリストの布袋寅泰さんですが、実は現在の嫁の今井美樹さんとは再婚。

今井美樹さんとは2度目の結婚で、二人目の妻なのです。

布袋寅泰さんの最初の結婚は1985年で、相手は4歳年上の当時人気女性ロックシンガーだった山下久美子さんでした。

なぜ、布袋寅泰さんは山下久美子さんと離婚してしまったのか。そして、今井美樹さんとの馴れ初めはどんな感じだったのか?

調べてみるとかなりの泥沼で悲惨な略奪愛が潜んでいたことが分かりました。

まずは布袋さんと山下さんの馴れ初めと結婚、その後の二人の生活について書いてみたいと思います。

今井さんの略奪愛の後の山下久美子さんの人生についても書いてみたいと思います。

山下久美子と布袋寅泰の格差結婚。馴れ初めは無名のサポート

布袋寅泰さんの初婚の相手は「学園祭の女王」「総立ちの久美子」と呼ばれていた山下久美子さん。

当時は山下久美子さんが売れっ子ロックシンガーで、布袋寅泰さんは無名のギタリストでありました。

馴れ初めは山下久美子さんのアルバムBLONDE』に、布袋寅泰さんがサポートギターとして関わることになったことです。

初対面の様子は山下久美子さんの自伝でも書かれています。

当時の布袋さんは高身長にピンクと黒のチェックのスーツ、逆立った髪型とインパクト抜群だったそうです。

一緒にスタジオで過ごしてるうちに、会話は少なくても、音で通じ合えて好きになったそうです。

「すっげえいいんだよっ、ぜひ聴いてみて」そして、硝子の向こうで彼が最初の音を出した、その瞬間、私は恋に落ちたのだと思う。すごいっ、なんて音なのっ!

彼のギターには、瞬時に人の心を鷲づかみするかのような、とてつもない情熱があった。 どこかに怒りを含んでいるかのような、哀しみを知るような、それまでに遭ったことのない音だった。

私だけではなく、居合わせたスタッフ全員が色めきたった。やがて、椅子に腰かけ、何やら弾きづらそうにしていた彼が突然、ガッと立ち上がって弾き始めたときには、スタジオ内 が騒然となってしまった。まるでライヴの会場のように。スタジオの中で立って弾くとい う技をやってのけたのは、たぶん後にも先にも彼ぐらいなものだろう。

ついに私は見つけたと思った。欲しかった音を。人を。私のロックン·ロールを。

山下久美子さんはそれからリズム録りを終える約二週間ほどの毎日を、彼とスタジオで過ごした。仮歌を入れるためにブースで隣り合わせたとき、姿は見えないけれど、私たちはすでに互いに惹かれ合っていると、感じた。」と、片思いだけでなく、布袋さんも自分の歌唱を通じて愛してくれてる感じたそうです。

山下久美さんは布袋さんのギターと自分の歌が触発し合い溶け合い、心と声が一致しているとして、久しぶりの興奮だと、布袋さんに一気にのめり込みました。

素の自分を取り戻せたというぐらいに、すぐに布袋さんに心を許せるようになったそうです。

二人が結婚まで辿り着くまで、そう時間は掛かりませんでした。

布袋寅泰と山下久美子の豪華な結婚式。桑田佳祐や吉川晃司、アン・ルイスが登場

出会ってすぐに交際に発展し、結婚に踏み切った山下久美子さんと布袋寅泰さん。

結婚は1985年、布袋さんが23歳で山下さんが27歳の頃でした。

結婚式には山下久美子さんと親交のあるミュージシャンが集結し、とても豪華なメンツとなりました。

アン・ルイス、吉川晃司、大沢誉志幸、桑田佳祐さんらが登場し、豪華な演奏会があったそうです。

当時、二人の結婚はメディアでも大きく取り上げられました。

しかし、当時は有名シンガーと無名ギタリストという格差のある立場から、一部ではヒモだの格差結婚だの専業主夫だの、心無い言葉もありました。

そんな悔しい世間の声があったからこそ、結婚後のミュージシャンとしての急成長に繋がったのです。

布袋寅泰と山下久美子の破局。離婚理由は今井美樹の略奪愛と嫌がらせ?

結婚当時からラブラブだった布袋さんと山下さんですが、残念ながら1997年に離婚することとなります。

離婚の原因としては、現在の布袋のさんの嫁・今井美樹さんの略奪愛があったからだとされます。

それでも1985年から1997年まで12年間も結婚’生活を送っていたというだけあって、布袋さんの山下さんへの気持ちは本物だったと思われます。

山下さんの自伝には若い布袋さんが山下さんの元カレに激怒し、仲裁に入った吉川晃司さんと殴り合いの喧嘩になったエピソードが書かれていたぐらいです。

特に若い彼に至っては、嫉妬心においても尋常ではなかった「レッドシューズ」で呑んでいたときに、昔のボーイフレンドが入ってきたというだけで喧嘩になったり、たまたま居合わせた吉川が仲裁に入ると、今度は彼らが殴り合いを始めたりする始末だった。

嫉妬できるほどにラブラブだった二人ですが、次第にBOOWYが人気になり、山下さんのライブにもサポートの布袋さん目当てのお客さんが増え、山下さんはミュージシャンとして布袋さんに嫉妬するようになり、関係はギクシャクしたそうです。

そんな時に登場したのが、今井美樹さんだったのが運命の悪戯ですね。

今井美樹と山下久美子は親友だった?裏切りの不倫・愛人

今井美樹さんと山下久美子さんの出会いは、山下さんのサポートドラムです。

山下さんのサポートメンバーのドラムの方が今井さんと交際していたのです。

初対面の頃は、今井さんは山下さんに憧れていたそうで、次第に山下さんと今井さんはなんでも話し合える親友になったのです。

しかし、やがて旦那の布袋さんと今井さんの関係が怪しくなり、活動を続けてるうちに二人の不倫関係が事実であると知ったそうです。

「お疲れさまーっ」私は努めて明るい声で言うと、彼の横に座った。けれども、それはもともとふたりがいた空間に、違う人が入り込んでいったかのような雰囲気で、何とも妙だった。

なぜ、私はこんなことを感じているのだろう?突然彼が「さっきステージで指を折っちゃったかもしれないんだ」と、私の前に指を差し出した。

どことなく甘える仕草で。「どの指?」と私は手に触れた。そのときだった。

彼女が少し苛立った感じで「私 途中下車しまーすっ!」と言ったのは。え?途中下車って何っ!?言葉の意味を理解するのに、数秒かかった。事態は思ったより深刻だったことに気付いた。

隠す気もないほどにあからさまに、2人の不倫関係は露呈していったのです。

山下さんが布袋さんに今井さんことが好きかと聞くと、普通に「好きだよ」と答えたそうです。

今井美樹の嫌がらせ。電話と離婚届の投函

離婚する晩年には夫婦仲はほぼ崩壊しており、布袋さんが家に帰らず今井さんの家に行って帰ってこないこともあったそうです。

ある日、家に今井さんが電話がかかり、山下さんが電話に出ると、今井さんが「(布袋)彼いる?」と聞き、山下さんが「いない」と答えると、今井さんが「あ、今シャワーだ(布袋が)」と言って切ったことがあったそうです。

ある時は自宅のポストに離婚届が投函されていたこともあったそうです。

考えてみると、かなり怖いですね・・。

山下久美子の現在。双子の子供。旦那も再婚もなし

布袋さんと山下さんが離婚したのは1997年です。

山下さんは布袋さんと分かれた3年後の2000年に別の男性との間の子供を出産しています。

子供は双子の女の子です。

名前は「ひかる」と「あかね」で、すでに成人してます。

子供たちのお父さんとは入籍しておらず、山下さんがシングルマザーとして育てたそうです。

相手の男性とは布袋さんと分かれたあとに再会した古い友人で、相手のアプローチから交際が始まり、妊娠したそうです。

結婚するのに適した男性ではあったみたいですが、山下さん自らの判断で結婚はせず、あえてのシングルマザーの道を選んだそうです。

今久美子と布袋の現在。布袋時代の曲も大切な思い出。音楽に罪はない

山下さんにとって布袋さんと過ごした結婚生活は、辛いことも思い出す複雑な期間です。

しかし、山下さんは布袋さん時代の楽曲を現在もライブなどで演奏してるみたいです。

山下さん曰く、曲には罪はないとして、開き直って、音楽は別に愛してるみたいです。

 

 

おすすめの記事