布袋寅泰さんが1995年に発表した楽曲「スリル」。

現在では芸人の江頭さんのテーマ曲として認知されていますが、未だに非公認であります。

このスリルという楽曲は江頭さんが使用してる他に、歌詞の内容やレコーディングに参加した意外なVIPの存在もあり小ネタが豊富です。

布袋さんのライブの中での立ち位置などからも、この楽曲の存在について色々と考えてみたいと思います。

布袋寅泰の「スリル」の歌詞に「Baby」というワードが91回登場する

布袋寅泰さんの代表曲の1つでもなっている「スリル」ですが、有名なのはイントロやリフですね。これは江頭さんの使用する曲の範囲が関係してると思います。

「スリル」の歌詞に注目してみると、驚きの真実が1つあります。

それは歌詞の中に「Baby」という言葉が延々と登場するということです。

以前に「水曜日のダウンタウン」という番組の中で、布袋寅泰さんの「スリル」の「Baby」の歌詞をめぐって検証がされました。

すると、ポピュラーミュージックの中で、最も「Baby」が登場する楽曲であることが証明されました。

番組の中では「Baby」が登場する有名曲のランキングが作られていました。

  • 第10位 福山雅治「BABY BABY」26回
  • 第9位 安室奈美恵「Baby Don't Cry」29回
  • 第8位 藤原さくら「BABY」30回
  • 第7位 少年隊「Baby Baby Baby」41回
  • 第6位 Allies「Baby Baby」42回
  • 第5位 銀杏BOYZ「BABY BABY」44回
  • 第4位 JUSTIN BIEBER「Baby」56回
  • 第3位 Ariana Grande「Baby I」62回
  • 第2位 Complex「BE MY BABY」70回
  • 第1位 布袋寅泰「スリル」91回

アリアナ・グランデやジャスティン・ビーバーら洋楽勢を抑えての堂々の1位です。

ちなみに作詞を担当したのは森雪之丞さんで、あの氷室さんが布袋さんに提供してる詩を気に入り、その後に氷室さんも森雪之丞さんに作詞をお願いしていたそうです。

氷室さんからは90年代の終わりごろに「雪之丞さんが布袋さんに書いた詞が素晴らしいから俺にも書いてくれ」というオファーが来たんだとか。
「僕はヒムロックからオファーが来た時に布袋くんにちゃんと相談はしたんです。“絶対に素晴らしいヴォーカリストだから僕は書きたい。で、もちろんその時に布袋くんとは絶対に違う世界を書くし”って話した時に、布袋くんは“わかった”と。“俺と向い合ってくれているように氷室にも向かい合ってくれ”って言ってくれたんです」

ちなみに同番組ではスリルの歌詞以外にも、布袋さん関連でたくさんの検証がされました。

水曜日のダウンタウンで布袋寅泰の検証が多くされる

ある放送では、布袋さんの検証だけで1時間の番組が保つのではないか?という大胆な検証がされました。

検証のリストは以下のようです。

  • 「布袋のギターを遠目から携帯で撮影するとQRコードと認識され、どこかのホームページに飛ぶんじゃないか説」
  • 「布袋のギター あみだくじも出来る説」
  • 「布袋のギター小さいビルや車を配置したら良い感じの街になる説」
  • 「アリに布袋の曲聞かせ続けて飼育したら巣穴が布袋のギター柄になる説」
  • 「布袋」この漢字 布袋の曲が流れている状態で「何と読みますか?」と聞いたら さすがに「ぬのぶくろ」とは読まない説
  • 「10回クイズ 氷室と10回言ったあと「布製」と言う文字を見たら思わず布袋と読んじゃう説」
  • 「「布袋」さんのあだ名 100%あの布袋関連説」
  • 「「Toshl」と見慣れているXファンは「Hotel」を布袋と読める説」
  • 「歌詞に「BABY」が最も出てくる曲 布袋のスリル説」

くだらない検証ばかりですが、放送当時は布袋さんを中心にネットで盛り上がっていました。

きっと布袋さんも嬉しかったことでしょう。

江頭の「スリル」の使用がテーマソングとして正式に公認されない理由

布袋さんが1995年に「スリル」をリリースすると、その週のオリコンで1位を獲得しました。

その後に江頭さんがテレビで登場するたびにスリルを使用し、世間的に江頭さんのイメージが強くなりました。

布袋さんは江頭さんのおかげでスリルが売れたと認めており、その部分においては怒ってないようです。

しかし、江頭さんが良いことをしたニュースになっても、布袋さんのコメントは「(スリルの使用)迷惑だが尊敬できる」と、人としては好きでも、楽曲のテーマ使用は迷惑だというニュアンスの発言をしていました。

江頭さんはYouTubeを始めましたが、その中でも布袋さんとのやりとりがありました。

布袋は江頭をリスペクトしてるが公認はできない?

動画の中で読まれた手紙の中には、

「君の言う通り、君が『スリル』を登場曲として使い始めた頃、僕はとても複雑な気持ちだった」

「だってあの頃の君の存在は強烈すぎたよ。君が登場すると、誰もが悲鳴をあげて逃げ回るほど、ハッキリ言って迷惑だった」

「しかし、今後、僕はこの曲で君が登場することを苦々しく思ったりはしない。むしろ誇らしく思うだろう。なぜなら君が誰かを笑顔にするための努力を惜しまない、心優しき素晴らしい男だと知っているからだ。これからは『スリル』を僕からのエールだと思って使ってほしい」

との言葉がありました。

芸人としては好きで、曲の使用は光栄でもあるが、やはり布袋さんがファンのために作った曲であるので、公認は難しいということですね。
一部では使用料が入らないと美味しくないから、わざと許可してないなんて声もありますが、江頭さんはテレビにほとんど出ないので、その説はないと思います。

布袋寅泰の2021年ライブセットリスト。紅白歌合戦の曲は「さらば青春の光」

近年の布袋寅泰さんのライブのセットリストを見れば、スリルがファンにとっても愛される曲なのはあわかります。

2021.10.21(木)に神奈川県民ホールで行われたセットリストです。

01. スリル
02. B・BLUE
03. BE MY BABY
04. DANCING IN THE PLEASURE LAND
05. GUITARHYTHM
06. 季節が君だけを変える
07. WELCOME TO THE TWILIGHT
08. 10年前の今日のこと
09. 1990
10. LONELY★WILD
11. FLY INTO YOUR DREAM
12. Pegasus
13. POISON
14. WORKING MAN
15. NO. NEW YORK
16. GLORIOUS DAYS
17. DREAMIN'

- encore -

18. 鐘が鳴る (Ms.OOJA)
19. 恋をとめないで
20. SURRENDER

1曲目から強気に演奏されるということで、布袋寅泰さんのキャリアの中でも特別な楽曲であることがわかります。

これが江頭さんのテーマだと公認してしまうと、印象が変わってしまいますもんね。

布袋寅泰の2021年の紅白演奏曲はスリルかバンビーナ?

2021年にソロとして初めて紅白に出場することになった布袋さん。

過去、嫁の今井美樹さんと石川さゆりさんのバングバンドとして出場しましたが、自分の楽曲で出場するのは初めてです。

注目されるのは演奏される曲ですが、多くが「スリル」か「バンビーナ」を予想しています。

おすすめの記事