スポンサーリンク

華麗な学歴と職歴を誇る小室圭さん。

現在は弁護士資格を目指してアメリカ・ニューヨークのフォーダム大学で留学しており、まもなく期末試験が始まるそうです。

期末試験は感染対策のため授業と同様に試験も自宅からリモートで受けているそうです。

小室さんは早ければ来年2021年の春に卒業し、その後に弁護士資格の取得を目指して試験を受けるとみられてます。

2020年11月30日には秋篠宮さまが55歳の誕生日を迎え、記者会見で長女・眞子さまと小室圭さんの結婚について「認める」と仰ったことが大きな注目を集めています。

噂では小室圭さんの実家の方で色々と問題があり、結婚が危うのではないか?という話もありました。

結局は何も問題がなかったということだと思いますが、週刊誌やネットでの噂が絶えないのは悲しいことです。

小室さんの実家の方の噂に具体的にどのようなことがあるか?というと、「借金問題」です。

これまでに借金の理由や額を巡って、様々なゴシップや噂が飛び交ってきました。

小室圭氏の借金の噂は本当?その額400万?

2018年に小室圭さんの母親の元婚約者を名乗る人物が週刊誌で、過去の母との関係と多額の現金を貸し付けていたことを明かし話題となりました。

その週刊誌の記事が出る手前に、小室圭さんと眞子様の結婚が延期になっていたことから、母親の借金などの問題が絡んでいたのではないか?と噂されたのです。

過去に小室圭さんの母と交際していた男性は60代後半の外資系商社マンです。

その方が母親に約400万円の現金を貸し付けていたことを告発したのです。

当然、秋篠宮様はそのことを存知ていなかったそうです。

男性と母親の交際は約2年間続き、婚約もされていたそうです。2012年の9月に婚約は解消されました。

男性は婚約を解消してから約1年後の2013年8月に、母親に貸したお金を返金するようにお願いする手紙を出したそうです。

それから数ヶ月後に母親から弁護士を介した手紙が届いたそうですが、その内容というのが、

〈409万3000円は小室佳代が貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません〉

〈一方的(婚約)破棄により精神的に傷を負っております。それに対し謝罪もそれに対する保証も無い〉

と、お金は頂いたものであり、借りたものではないとして、さらには婚約破棄に対しての怒りの一文が添えられていたそうです。

小室家の収入は母のケーキ屋のパート代12万と遺族年金9万

男性の話によると、2010年に母親と婚約した段階では、小室家の収入は母親のケーキ屋のパート代12万と、遺族年金9万の合計21万だったそうです。

お金に困るたびに男性に「今月ヘルプしてください」と10万、30万単位のお金を貸し付けていたそうです。(もしかしたらヘルプの意味の認識の違いもありそうですが)

もちろん、圭さんのICUの入学金や授業料、アナウンススクールの授業料、アメリカへの留学費用もここに含まれていたそうです。

圭さんが大学に入学する際には銀座で5万もする靴を買ってあげたそうです。

また男性は母親とキスどころか1回手を繋いだだけだったというところで、本当に愛情があったのか疑問に思っているそうです。

男性は母親が圭さんの世間体を気にして、母子家庭にならないためにお父さんが必要と考え、結果、自身を踏み台にしたのではないか?と考えているみたいです。

問題は留学費用の額?400万+2000万追加か

海外留学をされている小室圭さんですが、学費を奨学金で回されていたそうです。

しかし、最初の1年目は超優秀な成績を収めて奨学金を獲得することができましたが、2年目は「優秀」のクラスで、奨学金を得るに至らなかったそうです。

フォーダム大学の入学金や学費、生活費のために新たに借金をして補っているとの報道もありました。

母親が元婚約者の男性に対して借りた400万に関しては、2010年頃から約10年が経過するということで時効になるそうですが、問題は圭さんの大学のために借りた膨大な借金のようです。

スポンサーリンク

眞子様との結婚一時金の1億を担保に借入金で留学日を補ってる?

現在、フォーダム大学に留学している小室圭さんですが、仕事はしておらず収入はないため、大学の学費とニューヨークでの生活費は全て借入金で賄っている状態なのです。

圭さんは留学1年目こそ奨学金を獲得し、学費の問題をクリアできましたが2年目は奨学金の獲得を逃ししまいました。

世間からの批判の声やプレッシャーの耐えながら、膨大な借金を抱えながら収入のないまま勉学に励んでいるというハードな現状だそうです。

しかし、小室圭さんの学費や生活費に関して、「なんで多額のお金を借りることができるのか?」と疑問に思う人もいると思います。

実は、小室さんは、眞子さまと結婚した際に手に入る1億円の結婚一時金を担保に借金をしているのです。

また、借金は1億円近くに膨れてるそうですが、それは闇金まがいの金融から借り続けてしまったという話もあります。

眞子様は小室家のさらなる借金に涙?

眞子さまは、このことを知られた際に涙を流しながら、

“何が何でも私が助けてあげるから”“国民が何と言おうと、私たちはこんなに愛し合い、お互いを必要としているのですから”

と仰られたそうです。

普通であれば1億円近い借金を抱えた20代後半の男性と婚約するなんて考えにくいと思いますが、正義感の強い眞子様だからこそ、自分が助けてあげないといけないと考えているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

小室圭さんと眞子様の結婚を秋篠宮様が認めたことへの反応

まだ時間あるなら違う王子を宮内庁が見つけてきてお見合いでもして欲しい。他に出会いがないから彼しかいないってなってると思う。普通に汗水働いて自立している人の方がよっぽどかっこいいと思ってくれるとは思うのだが。

状況は2年前と何ら変わらず、却って国民からの反対が増えただけな気がする、あと憲法24条1項の件だけど、皇族に同程度に保証されるかについては議論があり(自由に結婚する自由がないという見解の方が強いはず)。

本人達は悲劇の恋人気分かもしれんけど、自分達の血税がロクでもない使われ方する国民の方がよっぽど悲劇だって考えて欲しいわ…お金に苦労したこと無いと理解出来ないかもしれんけど

スポンサーリンク
おすすめの記事