昨今、YouTuber関係の事件や事故が増えています。

コロナ禍の目前までは「へずまりゅう」という迷惑系ユーチューバーが世間に迷惑をかけ、職業としての成り立ちに疑問視する声がありました。

現在はユーチューバー引退を宣言してるへずまりゅうですが、実は引退する目前に大物ユーチューバー「ガードマン」といざこざがありました。

渋谷でガードマンを発見したへずまが、ガードマンにコラボ申請をしてメントスコーラをリクエストされると、ガードマンはへずまのiPhoneを取り上げ、地面に思いっきり叩きつけると言う事件。

ガードマンは自分なりのコラボをしてあげただけと仰り、事件後にへずまのiPhoneを新型にアップデーどして弁償しました。

当時からへずまもヤバいけど、ガードマンのスタイルも過激でヤバいと話題になりましたね。

あれから約1年が経過し、今度は一般人の方に過激に絡まれる事件が発生しました。

なんと、ガードマンの自宅に、花火を100本打ち込むという常識外れな行為・・・。

激怒したガードマンが即犯人の特定に走ると、花火の犯人はすぐに特定

大物ユーチューバー、恐るべし!

ガードマンの自宅に花火100本放つ。襲撃事件はTikTokで配信された

大人気youtuberのガードマンさん宅にロケット花火が打ち込まれました。

がーどまんさんは13日にTwitterを更新。

自宅に100本の花火が打ち込まれたことを明かし、さらに少し前に野糞をされるという事件もあったことを明かしました。

がーどまんさんは動画の中で、

「もしかしたら死んでたかも。度が過ぎてる。あれから寝られへんようなったし、怖い。精神的にしんどい。なんでこういうことすんのかな。僕らはあくまでエンターテインメントで、ユーチューバーの間でドッキリをやってるけど、これは火事になってた可能性がある」

と語り、さらに、

「ふざけた動画を上げるのは度が過ぎてる。命を落とす可能性がある。笑われへん。またやりに来る可能性があるので、早く終わらせたい」

ともコメントしてます。

実際にガードマンの自宅を襲撃した動画がネットに残っているのですが、そこのコメント欄には犯人を激しく批判する声が多く出ています。

ガードマン襲撃の動画。家が燃えて火事の可能性

動画を見えるだけでも、犯人らが特定覚悟の上で行っていることがわかります。

度胸ありますね・・・。

赤く染まった光景も怖いですが、音も怖いです。

きっと、近所の住民もびっくりしたことでしょう。

これは普通に怖いです。

花火の犯人をすでに特定。顔と名前と仕事

襲撃事件の後、ガードマンはすぐにTwitterで特定に走りました。

結果的に、犯人のSNSアカウントなどがすぐに特定され、顔写真がネット上で拡散されました。

大阪に住む23歳前後の男性であることが発覚しており、拡散はされてませんが名前と仕事も特定されていると思われます。

なぜ、こんなことをしてしまったのか・・・・。

やはり。がーどまんさんが以前から過激なドッキリをネタにしているyoutuberだったということで、それを見たファンの一人が勘違いして真似してしまったということでしょうか?

花火襲撃の犯人が逮捕されるのも時間の問題。罪状は?

今回、犯人が花火を打ち上げたガードマン自宅の玄関横には、ガス管(プロパンガス)が通っています。

一歩間違えれば大火事に発展していた可能性があります。

もし引火して火事になっていれば、ガードマンだけでなく周辺の住宅街を巻き込む大事件になっていました。

がーどまんは動画の中で、

「もしかしたら死んでたかも。度が過ぎてる。あれから寝られへんようなったし、怖い。精神的にしんどい。なんでこういうことすんのかな。僕らはあくまでエンターテインメントで、ユーチューバーの間でドッキリをやってるけど、これは火事になってた可能性がある」

と、命の危険を感じたと語っています。

また、今回特定に勤しみ警察にも通報するという徹底した措置を取るに理由として、「ふざけた動画を上げるのは度が過ぎてる。命を落とす可能性がある。笑われへん。またやりに来る可能性があるので、早く終わらせたい」と話されています。

仮に笑って許してしまうと、次から次へとガードマンにダル絡みする輩が登場するだけなので、当然っちゃ当然ですね。

逮捕されるなら放火罪か?死刑や懲役

今回の花火騒動の犯人が逮捕されたとすれば重罪になることが予想されます。

放火未遂が認められれば5年以上の懲役、威力業務妨害だったとすれば、3年以下の懲役と50万以内の罰金刑が下されます。

上記で書いたように、もう次の人が来ないように厳しい姿勢で挑むとガードマンは仰っているので、放火未遂か威力業務妨害になった末に犯人は逮捕されることでしょう。

人気ユーチューバーを怒らせてしまっただけに、多くのファンに顔を覚えられてしまい、きっと名前も永遠にネット上に残ることでしょう。

おそらく、犯人の社会復帰はほぼ不可能・・・?

名前を変えて、心を入れ替えて、再就職に挑むことになりそうです。懲役や罰金系よりも厳しい現実が突きつけられると思います。

ガードマン自宅へ花火を放った犯人に対する厳しい声

なんかどうでもいい人にどうでもいい人が絡んだんだなぁという印象、ご近所さん大変でしたね。周りに暮らしている人が不憫でならない、迷惑をかける職業だと自覚があるなら自宅はバレない様に管理しないと問題でしょう。

なんかどうでもいい人にどうでもいい人が絡んだんだなぁという印象、ご近所さん大変でしたね。周りに暮らしている人が不憫でならない、迷惑をかける職業だと自覚があるなら自宅はバレない様に管理しないと問題でしょう。

日本の法律は、放火に関しては、かなり重い刑罰を科すようになっている。放火未遂であっても死刑があるくらい。犯人はそれ相応の罰を受けるべきでしょう。
ただ、どんな理由があっても私刑は駄目だよ。司法を軽視していると判断されるだろうなぁ。

特定済んじゃってテレビ局だとかまで伝わってるなら自首じゃなくて出頭だわな。出頭だと自首と違って別に減刑も関係ないし、動画は見てないからわからんが、少しでも家屋が焦げてるなら「現住建築物等放火」(重罪)で捕まってほしいなー!

おすすめの記事