スポンサーリンク

ikuraさんは現在話題の音楽ユニット「YOASOBI」のボーカルであり、以前は「幾田りら」の名義でシンガーソングライターとして活躍されていました。

2020年の時点で20歳のikuraさんですが、実はまだ大学に在学しながらの活動です。

YOASOBIといえば、ヨルシカ、この真夜中と共に「ボカロ3大夜シリーズ」の一角として知られてますが、ボーカルの若さでいえばYOASOBIのikuraさんがダントツで、アイドル的な要素が一番高いとされています。

ボカロ系のユニットメンバーは素行やプロフィール明細が謎に包まれてるメンバーばかりですが、ikuraさんは比較的に普通のアーティストと対等なぐらいオープンです。

ikuraさんは中学生の時点で公園で路上ライブなどを実施していたので、昔からのファンが多いので、本人が公表してなくても、憶測に範囲で情報は多くあります。

まだ大学生のikuraさんですが、どこの大学に通っているのか気になりますね。

また、すでに音楽活動をしていた中学時代、高校時代についてわかっていることも紹介してみたいと思います。

ikuraの出身地・生年月日(年齢)/簡単な経歴

名前:ikura

別名義:幾田りら(いくた・りら)

生年月日:2000年9月25日(てんびん座)

出身地:東京生まれ・東京育ち

レーベル:After School

幼少の頃にはアメリカのシカゴに住んでいた事もあるそうです。小学校低学年の頃の夢はなぜか「野球選手」です。

ikuraさんは「幾田りら」の名義で小学6年生から作詞・作曲を始め、中学3年生で本格的に活動をスタート。

高校時代も音楽活動をしながら、さまざまなオーディションを受けるなどしてました。

2017年7月より、ソロ活動に並行しアコースティックカバーセッションユニット「ぷらそにか」のメンバーとしても活動をしてました。

Ayaseさんと組んだ「YOASOBI」は、コンポーザーAyaseさんとikuraさんによるクリエーターユニットです。

「小説を音楽にする」という斬新なテーマが注目され、楽曲のクオリティの高さ、ボーカルのikuraさんの歌唱力の高さand可愛さが注目されています。

YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」は「ソニーミュージック賞」の大賞を獲得し、凄まじい再生回数を稼ぎ、メディアでも大きく報じられています。

スポンサーリンク

ikuraの出身中学・高校は「明星学園」の系列?

東京都出身のikuraさんですが、中学時代から井の頭公園で路上ライブを実施するなど、若くして都会の波長に合った音楽活動を行っていました。

こうやってみると、中学生にしては大人っぽい雰囲気ですね。

この時期からナチュラルに活動されてたなんて、アイドルやポップ出身の子よりも男性受けが良さそうです。

ikuraさんに出身中学ですが、明星系列の中学校との憶測が多いです。同中学にてテニス部に所属していたそうです。

「明星学園中学」から、「明星学園高校」に進学したとの予想です。

根拠としては昔にikuraさんがTwitterのアカウントに「明星7−1」とプロフィールに載せていたことと、明星系列出身者で集う「明星会」のTwitterアカウントにて、ikuraさんが「86回生」と書かれていたことです。

さらには後に詳細を書きますが、ikuraさんの高校時代の写真の友達に私服の子が多いことも根拠となります。

ほぼほぼ間違いないと思います。

高校時代のikuraの写真。リレー選抜で優勝!

ちなみにこの明星学園系列の特徴としては、生徒の個性を大切にしているということです。

制服はなく、私服で通える高校としても知られてます。

芸能人の出身者では土屋アンナさんや小栗旬さん、宮崎あおいさんなどがいます。

ikuraさんの高校時代のジャージ、体操着姿はSNSなどから見れます。

中学時代にテニス部だった経験があってか、高校ではリレーの選抜に選ばれ、体育祭で優勝を果たしたそうです。

ミュージシャンとしての顔を持つ子が、体育祭で活躍してるなんてハイスペックですね!まるで週刊少年ジャンプに出てくるヒロインのようです。

ちなみに制服姿のikuraさんの写真もあります。

可愛いですね!

学校は基本的に私服ですが、生徒によっては自分で好きなデザインの制服を着て行ったりしてるみたいです。

もっと色んな種類の制服を着てる彼女の姿が見てみたいですね!

スポンサーリンク

ikuraは「中央大学」or音大に進学?推薦での入学か

2019年の3月に高校を卒業したikuraさんですが、卒業式ではドレス風のフォーマルを着ていました。

最近の高校生はこんなに洗練されているんですね・・・。

ちなみにikuraさんの高校は明星系列の説が濃厚ですが、この卒業式の写真を撮った際に、レンガ調の壁を背景にしていたことで「中央大学附属高校」の校舎の壁もレンガ調ということで、中央大学の系列高校の説も出ました。

そして、ikuraさんがそのままエスカレーターで中央大学に進学したのではないか?という憶測が立ったのです。

しかし、ikuraさんは大学進学が決定した際に、同級生の友人らとお祝いをしていたということで、仮に同じ系列の高校だとしたら、同級生とお祝いをするのは違和感があるので、その説は微妙です。

幾田りらさんは2018年10月の時点で第一志望大学に合格が決まっていましたので、おそらく推薦か何かで進学を決めた可能性が高いです。

ちなみに幾田りらさんは三兄弟の末っ子で、4つ年上のお姉さんは音大に通っていたことがわかっており、このことから「音大進学説」も出ているのです。

入学式の登校日から法政大学or日本大学の説が強い?

音大に進学した説も強いですが、2019年の4月にikuraさんがインスタにアップした投稿から、進学した大学が絞れました。

2019年4月には入学式に参加した際の写真がアップされ、九段下で撮影された写真ということで武道館での式に参加されたことがわかります。

実は2019年4月9日までに、武道館で入学式を開催した大学は「法政大学」と「日本大学」の2校のみです。

ということから、ikuraさんは、この2校のどちらかに進学したという説が濃厚です。

明星学園高校の偏差値から考えると、法政大学よりも、日本大学への進学の方が現実的なので、個人的にはikuraさんは日本大学に通っていると思われます。

ikuraの学歴まとめ

・出身中学高校は「明星学園」系列が濃厚

・中央大学系列説は粗が多いの信憑性が薄い

・姉が音大で自身も歌手ということで音大進学説もあるが決定的な証拠なし

・入学式の投稿から法政大学か日本大学への進学が濃厚。(明星学園の偏差値的に日大が現実的)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事