かつてはテレビで観ない日はないほどの売れっ子であった”みのもんた”さん。

日本の芸能界屈指の大物で、1週間にテレビに出る時間を統計したワールドレコードを保持しています。

そんなみのもんたさんですが、2020年に唯一の冠番組「秘密のケンミンSHOW」が終了すると、メディアへの露出が一気に減ってしまいました。

実は2010年代後半に、雑誌のインタビューで自身が”パーキンソン病”を患っていることを告白しており、その病気が影響してのことだと憶測されました。

2022年時点で既に77歳ということで、単純に年齢の影響で以前のような仕事ができないだけとの説もあります。

今日は、みのもんたさん現在の様子と、引退説やパーキンソン病について書いてみたいと思います。

みのもんたは現在も元気!病気で老廃してる説・亡くなりそう説はガセ!

2020年に冠番組を全て降板’して以降、みのもんたさんの近況は謎でありました。

病気が重たくなってまともに生活もできない説や、亡くなりそうだという説までありました。

しかし、2022年2月に『爆買い☆スター恩返し』(フジテレビ系)に出演すると、それらの噂を全て一掃しました。

『爆買い☆スター恩返し』では、堺正章さんと共に、脂っこいお肉とワインを美味しそうに平らげる一幕があり、噂された病気の進行で私生活がままならないということはないことが発覚しました。

また、番組では”みのもんた”さん本人が、現在の自分の健康状態や私生活について語っており、77歳とは思えないパワフルな生活を送っていることが分かっています。

みのもんたは今でも女・酒・美味しいご飯が大好き!

病気を発表し、地上波の冠番組を降板して以降、みのもんたさんの露出は減りました。

ネット上では健康状態が危ないというような噂がありましたが、2022年2月に放送された『爆買い☆スター恩返し』では元気な姿を見せました。

番組では堺正章さんの古い友人として出演し、堺さんと共にローストビーフとワインを堪能するため鎌倉最高級の名店・鎌倉山に向かい、お店でワインとお肉を食し、一部で噂されているような健康上の問題はないことを証明しました。

また、みのもんたさんは現在の自分の食生活について、

「脂っこいものが大好き」、

「増えました(お酒)」、

「東京で食べちゃいます。そのほうが昔からのなじみの店があるんで」、

と現在でも油物やお酒に関しては大好きで、都内の行きつけのお店まで出かけていることを話していました。

今のみのもんたの食べるスピードが遅く、話声が小さくなったとの声も

食欲やお酒好きぶりは相変わらずのみのもんたさんですが、番組を観てる中で以前よりも衰えたように見える部分も露呈していました。

まず、ネット上で多く言われていたのは、みのもんたさんの食べるスピードが遅いことです。

かつて『秘密のケンミンSHOW』で各県のソウルフードを食べる際は、若者と変わらないパワフルな食べっぷりを披露していました。

しかし、2022年に出演した「爆買い」では、食べ方が以前よりもゆっくりになったとの声が多くありました。

さらに、番組で共演した古くからの友人である堺さんとの会話も、ペースが遅く声も小さくなったとの感想も多くありました。

それでも、

「出かけてみれば億劫じゃないんですよね、『もしかしたら(女性との出会いがあるかも)』って期待を持ちながら出かけるとね。人生これがないとね」

と相変わらずな男らしいコメントもあり、男としてのエネルギーは健在であることをアピールしていました。

みのもんたの現在の病気”パーキンソン病”は重病ではない?鉄人は死なない!

みのもんたさんは過去に雑誌のインタビューで、自身がパーキンソン病であることを明かしました。

最後に残った冠番組「ケンミンショー」を降板した理由も、高齢化したことによる対応不足と認めつつ、病気によって生まれる影響があったせいだとしました。

「ケンミンショー」の末期では番組中に居眠りをして弄られるみのもんたさんの姿があったり”らしくない姿”がありましたが、あれは病気の影響で目尻の筋肉が下がっていただけなのです。

当初、自分が寝ているように見えることにショックを受けていたそうですが、追々、そこで生まれる悪影響を自覚して降板したということです。

それでも2021年1月に出演した関西のローカル番組『朝からみのもんた』では、

「パーキンソンってのはね、みんな勘違いしてる。ものすごく多いんです、世界で。患者が多いということは、薬を作ればたくさん売れる。製薬会社は売れる薬をたくさん開発します。だから日進月歩でもってものすごくいい薬がね、出てるんですよ」

と、自身の病気をネガティブに考えていないことを語りました。

「よくその病気を告白したなって、告白するほどの病気じゃないですよ」との強気な発言もありました。

2022年に出演した「爆買い」では相変わらず元気な姿を見せていたみのもんたさん、今後も長生きしてくれそうです。

現在のみのもんたは朝が辛い?頑張って”歩く努力”

2021年にみのもんたさんは「徹子の部屋」に出演されました。

番組では病気や高齢による、体のガタについて赤裸々に語っていました。

「パーキンソンっていうのは筋肉がなくなるもんですからね。寝返りをうったり、上半身を起こしたり、ベッドから降りる作業が、5分かかってたのが10分、10分が20分みたいになりますね」

病気によって筋力が弱まっているということで、朝起きるのに時間がかかって大変だそうです。

みのもんたさんは病気に負けないために、

「これはパーキンソンで悩んでる方は共通の悩みだと思いますけれども、いかに筋肉を落とさないようにするかって言うのが。それが一番いいのはやっぱ歩くことだそうで」

と、日々歩く努力をしていることも告白していました。

現役時代は情報番組の中で健康にまつわる豆知識を語る場面も多くあったみのもんたさん。

高齢になった今は、同じ病気の方に対する励みになる存在となっています。

みのもんたは何歳までテレビ出演ができるのか?

すでにセミリタイアしていることを明かしているみのもんたさんですが、コンスタントに有名な番組にゲストとして呼ばれています。

みのもんたさんの番組をずっと観ていたファンの方は、たまに元気な姿を見ることで安心していることでしょう。

しかし、すでに77歳(2022年時点)という年齢なので、今後もずっと出演されることはないと思います。

本当の引退という引退をする際、最後に出演する地上波がどの番組になるのか、今から楽しみですね!

おすすめの記事