スポンサーリンク

Mr.Children・桜井和寿さんと現在の嫁・吉野美佳さんの間に2001生まれた長男の櫻井海音くん(さくらい かいと)

海音くんといえば、ヴェルディのユースチームに所属するほどサッカーがうまいとして話題になってました。父・桜井和寿さんがサッカー好きとして有名なので、そんな父の影響をモロに受けたのだと思うと微笑ましかったです。

ただ、「お父さんが才能溢れるミュージシャンだから、子供の音楽の才能が気になる」なんて声も多かったです。今後、長男・海音君はサッカーの道に行くものだと思われいたので、音楽のDNAを確認することはできないものだと思われていました。

しかし、2019年に4月にスガシカオさんがミュージックステーションに出演した際に、桜井和寿さんの息子の海音くんがサポートドラムとして共に出演して話題になったのです!

これにはミスチルファンからは歓喜の声が溢れました。

さらには同年、自分の所属するバンド「インナージャーニー」で芸名「Kaito」に改めメディアデビューを果たし、翌年2020年はAbema TVのリアリティー番組に出演し、女性視聴者を中心に大きな話題となっています。

桜井和寿の息子・KaitoがMステにスガシカオのドラムとして登場![動画]

ミスチルの桜井和寿さんの長男・櫻井海音くんがミュージックステーションに登場したのは2019年4月19日の生放送です。

この日「遠い夜明け」を番組で披露したスガシカオさんでしたが、そのバッグバンドのドラマーの中に、桜井さんの息子のカイトくんがいたのです。

僅かにしか映っていませんが、切り取るとこんな感じです。

放送後にはカイトくんは自分のインスタグラム の中で、Mステでスガシカオさんのサポートドラムとして出演したことをバンドメンバーらと一緒に撮った写真と共に報告していました。

最初は一部の視聴者しか桜井さんの息子が出演してることに気づかなかったですが、徐々にSNSで話題になり、ついにはネットニュースになり広まったのです。

彼はMr.Childrenの桜井和寿さん(49才)の長男で、音楽の道へ進んでいます。ただ、ボーカルではなく、ドラムを選んだことに驚きました。現在は高校3年生でバンドに所属することなく、サポートドラマーとして数々のライブに参加しています。今年4月にはスガシカオさん(53才)が『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時に参加し、話題になりました」(音楽業界関係者)スガシカオのバックバンドを務めたのは、父親の“アシスト“によるものだという。

「桜井さんとスガシカオさんは親友なので、武者修行先として最適だったのでしょう。海音くんはこの道で生きていくと決意していますし、腕がいいだけでなくイケメンでもあるので、これから露出は増えるでしょう」(前出・音楽業界関係者)引用元:Yahoo!ニュース

Kaitoさんは当時にして18歳の高校3年生だったということで、かなり衝撃的でした。

ただ、この時点でのメディアへの出演を。一部からは「親の七光」だと揶揄されてしまっていました。

KaitoのMステに出たのは父・桜井和寿の力?七光だと言われる

18歳にしてスガシカオさんのサポートドラムとして地上波の音楽番組に出演したカイトくん。Kaitoくんが出演した直後はワァーっと大きな話題になりましたが、それを好ましく思わない人も少なからずいました。

確かに、ミュージシャンとしての実績が0に等しい時点でトップミュージシャンのスガシカオさんのサポートドラムをだなんて違和感ありますからね。

昨今、木村拓哉さんの2人の娘のことで賛否両輪出てるので、一流芸能人の子供に対しての風当たりが厳しくなっているのかもしれません。

MステでのKaitoくんの演奏は下手ではなかったので、実力不足ではないです。また、バンドメンバーと並んだ姿を見ても、しっかりとメンバーに溶け込んでおり、ステージの雰囲気を壊すようなことはしてません。

サポートドラムの仕事自体は完璧にこなしたので、仮に過去の実績が0でも揶揄される筋合いはないですね。

そもそも、そんな話をするならば、スガシカオさんに限らず他のアーティストのサポートバンドやダンサー全員の経歴をチェックして、業界に家族友人知り合いがいないか隈なくチェックしてるんですか?って話にもなりますから。

七光り疑惑の方を片っ端から網羅して、しっかり実力が伴っているかチェックしてからKaitoくんにたどり着いて文句を言って欲しいですね。

スポンサーリンク

Kaitoは現在も「インナージャニー」でドラムを担当

Kaitoさんは2019年に結成された「インナージャーニー」というバンドに在籍してます。

パートはもちろん「ドラム」です。

ラジオ番組「School of lock」主催の音楽フェス「未確認フェスティバル2019年」にて、インナージャーニーはファイナリストに残った実力を誇ります。

元々は未確認フェスティバルに出演するためにボーカルのカモシタサラさんが結成したバンドで、バンド名も当初は「カモシタサラバンド」でしたが、その後に改名し「インナージャーニー」という名前に辿り着きました。

メンバーはドラムのKaitoさんの他に。ギターの「本多秀」くん、ベースの「とものしん」君、ボーカルの「かもしたさら」さんがいます。

メンバー全員がカイトくんと歳が近く、平均1999年〜2001年生まれのメンバーが集結したほぼ同世代バンドです。

結成されてすぐに音楽雑誌に取り上げらえるなど、バンドとしてもしっかりと話題になっています。

結成した翌年の2020年に1st Digital Single「クリームソーダ」を配信し、同年7月22日には各サブスクリプションにて2st Digital Single「エンドロール」を配信しており、バンドとしても活発に動いています。

作成されたバンドのYouTubeチャンネルは既に1万人越えです。

やはりKaitoさんが登場してる動画の再生数が圧倒的ですね。

まだまだファーストアルバムもリリースされていませんが、長い目で応援してみる価値ありそうです。

Kaitoのドラムの腕前/実力は?上手いor下手

日本屈指のボーカリストの息子に生まれたKaitoさん。現在所属しているバンド「インナージャニー」も音楽雑誌に取り上げられるなど話題沸騰中であり、今後も期待が持てます。

中学2年の頃から本格的にドラムを始め、しっかりとした音楽理論は学んでないようです。

ドラムの腕前は未知数ですが、Mステでの演奏と、現在リリースされてる配信曲の2曲を聴いた限りでは、”普通に叩けてる”印象です。

長丁場のライブなどは未経験なので、Kaitoさんのドラムの良い点や魅力を測ることはまだできません。

家庭でどう過ごされているのか分かりませんが、お父さんの練習施設が借りられるとしたら、近所迷惑を考えずに練習し放題です。お父さんが嫌だって言えばダメでしょうけど。

 一方の音楽活動の場は、主に自宅だったという。「桜井さんの自宅にはスタジオが完備してあるので、物心ついた時から音楽がそばにありました。そこでさまざまな楽器に触れて腕を磨きました。現在はインディーズバンドのサポートメンバーなどとしてライブに出ることも多く、高校の文化祭でもステージに上がっています。ただ、ステージを下りた時の素顔は、タピオカ好きの普通の好青年です」(前出・桜井の知人)引用元:Yahoo!ニュース

周りにドラムの話を聞ける方などいると思うので、精神的な点では有利なことが多そうです。

プレッシャーに潰されることがなければ、若さと環境があるので、今後は日本屈指のドラマーになる可能性があります。

スポンサーリンク

Kaitoの精神的病気とボーカルではなくドラムを選んだ理由

Kaitoさんは高王2年生の頃に海外に留学し、そこで精神的に病んでしまったみたいです。

今でも精神的病は治まっていないということで、今後もあまり無理はできなさそうです。

話し方も優しい感じで、確かに心強くはなさそうです。

そもそも父と同じボーカルではなくドラムを選んだ理由として、”父と比較されるのが嫌”とあります。

「同じパートを選べば、どうしても比較されてしまう。海音くんもトップミュージシャンの息子という立場に悩んだ時期もあるそうですが、音楽の楽しさ、ドラムというパートの重要さを知り、それを乗り越えてきました」(前出・音楽業界関係者)引用元:Yahoo!ニュース

桜井和寿さんの息子であることで悩んでた時期もあったみたいで、現在も父のことを話すことはほぼないですね。

昔はサッカーのユースチームで結果を出して、激しい音楽も好きだったってぐらいなので、めちゃめちゃメンタルが弱いというわけではなさそうですが。

Kaitoがサッカー(ヴェルディ)を辞めて音楽を選んだ理由は?

大のサッカーファンである父・桜井和寿さんを持つKaitoさん。過去にサッカー場で桜井和寿さんの姿が目撃されることが多く、そのサッカーマニアぶりはサッカーファンの間でも有名でした。

2015年に、ヴェルディジュニアユースの選手の名簿に桜井和寿さんの長男の「櫻井海音」の名前が見つかったことで、Kaitoくんのサッカーのうまさはミスチルファンの間で有名でしたす。

Kaito君がヴェルディに入るほどサッカーが上手いと分かる、ファンは「サッカーで親孝行できるじゃん」と湧きました。

「桜井さんは大のサッカー好きで、Jリーガーにも知り合いが多くいます。海音くんもその影響を受け、中学時代は東京ヴェルディのジュニアユースチームに所属し、大会でMVPに輝くなど活躍していました」(前出・桜井の知人)引用元:Yahoo!ニュース

ただ、いつの間にかサッカーを辞めて音楽を始めていました。

サッカーと音楽の分岐点は中学生の頃のようですが、具体的な理由やきっかけが知りたいですね。

現在の時点ではKaitoさんの口からは語られてませんが、今後はバンドの動画サイトなどで語られる日が来るかもしれません。

Kaitoがリアリティ番組「オオカミ君には騙されない」

現在、Kaitoさんはバンドマンとしての活動だけでなく、タレントの活動も行っています。

リアリティ番組「オオカミ君には騙されない」に出演してますが、そこでは自分の父が桜井和寿さんであることは語られていません。

ファンは速攻でKaitoさんが桜井和寿さんの長男だと気づき、大きな話題となりました。

番組の中でのKaitoさんは共演してる女の子からモテモテです。何と女性出演者の過半数がKaito目当てでハーレム状態です。

Kaitoさんは永瀬廉似のイケメンとしてブレイクとして話題になり、ネットでもチヤホヤされています。

ちなみに職業が「アーティスト」ということで、「大学生」となっていないことから、大学には進学してない説も流されています。

Kaitoの目尻が父そっくり!永瀬廉似のイケメンとして話題

Kaitoさんは永瀬廉似のイケメンとして話題になり、ネットでもチヤホヤされています。

また、ニコッと笑った時の目尻の雰囲気が父の桜井和寿さんにそっくりです。

若い頃の桜井和寿さんが好きだった女性ファンは、そのまま息子のKaitoくんにシフトして応援することでしょうね。

また、個人的にはキンプリの永瀬廉さんよりもイケメンだと思うので、今後は音楽業界屈指のイケメンドラマーとしてファッション雑誌に登場することでしょう。

Kaitoの経歴/学歴とプロフィール。身長は父と一緒?

名前:櫻井海音

芸名:Kaito

呼び名:カイト

職業:アーティスト

所属:ロックバンド「インナージャーニー」(ラジオ番組School of lock主催の音楽フェス「未確認フェスティバル2019年」のファイナリストに残った実力のバンド)

生年月日:2001年4月13日

身長:173センチ前後(父とほぼ一緒?)

出身地:東京

血液型:O型

出身高校:和光学園

父:桜井和寿(Mr.Children)

母:吉野美佳(元ギリギリガールズ)

特技:サッカー(元ヴェルディユースに所属)

好きな女性のタイプ:ヒョウモントカゲモドキのような女性

Kaitoって桜井和寿のいつの嫁の何番目の子供?母の吉野美佳

桜井和寿さんには、計4人の子供がいます。

過去に桜井和寿さんが離婚し、元嫁・ゆかりさんとの間にも娘・優歌さんがいると記事にしました。

そして、今の嫁の吉野美佳さんとの間には3人の息子が誕生してます。

現在、話題になっているKaito君はいつの嫁の何番目の子供なのか混乱してる人も多いと思いますが、それは再婚相手の1人目が答えです。

第一子は、女の子で名前は優歌(ゆうか)さん。1994年生まれ。(優歌さんは、前妻であるゆかりさんとの間に生まれた子供)

この長女が生まれてから桜井和寿さんは離婚し、吉野美佳さんと再婚。

そして吉野美佳さんとの一人目が桜井和寿さんにとっては第二子の男の子で名前は海音(かいと)くん(2001年6月生まれ)です。

第三子も、男の子で名前は愛音(まなと)くん。2003年4月生まれ。

第四子も、男の子で名前は奏音(そら)くん。2008年3月生まれです。

スポンサーリンク
おすすめの記事