俳優、そして歌手としても活躍している菅田将暉さん。

若い頃はアイドル的人気でありましたが、年齢を重ねるごとに本格派俳優の風格が出て、人としてもリスペクトされるようになりました。

そんな菅田将暉さんの出身や両親、そして兄弟を調べてみると、家族みんなが素敵な方だということがわかります。

今日は菅田さんの両親と二人の弟についてまとめてみたいと思います。

菅田将暉の家族構成。優れた両親の仕事とイケメンで歌の上手い弟

菅田将暉さんは両親と弟二人の5人家族です。

意外にも長男なのです。

両親は活発な方なので、本名は公開されています。

弟もファンも間では知られています。

父親 菅生新(あらた)
母親 菅生好身(あらた)
長男 菅生大将(芸名:菅田将暉)
次男 菅生健人(たけと)
三男 菅生新樹(あらき)

父の菅生新は経営コンサルの会社で成功!本も出版しテレビ出演。マルチはガセ

菅田将暉さんの父である菅生新さんは、経営コンサルの会社を経営し、見事に成功してます。

菅田さんの経歴や子供の頃の逸話を聞いてると、お金持ちっぽい部分もあるので納得ですね!

実は父の新さんも、若い頃は俳優として活動しており、水戸黄門や大奥に出演されました。

新さんは地方の番組に出演されており、一部の地域では知られた存在です。

家族のことについて書いた本も出版しており、菅田将暉さんの父であることは隠していないようです。

後から新さんを知った人は、息子・菅田将暉さんの名前を利用して出しゃばってると誤解してるみたいですが、メディアにはずっと昔から出てますし、界隈では元々有名な方です。

ちなみに、新さんがマルチの大物だと勘違いしてる人もいるみたいですが、実際は違います。

過去に母側にそのような疑惑があって混雑し、しかも仕事で登壇してるので誤解されているみたいです。

新さんはマルチとは関係ない方です。

母・好身は美容サロンで経営で成功!店「WINLIFE」でアイテックのマルチ商品をアピールしてた?

菅田将暉さんの父親・新さんが経営者として成功されているのは周知の事実ですが、実は母親である好身さんも実業家として成功されています。

母の好身さんは、美容サロン「WINLIFE」を経営しており、地元の阪府吹田市と渋谷区円山町に2店舗展開されています。

さらには子育てなどについてのセラピーなども行なっており、界隈ではカリスマ性溢れるスーパーママとして知られています。

そんな好身ですが、過去にマルチ販売に関わっているという噂がありました。

関わっていたとされているマルチの会社は「アイテック」で、好身さんは自身のサロンでもアイテックの商品を使用し、ブログでも未来型化粧品としアイテックの化粧品を紹介していました。

アイテックは過去に行政処分を受け、当時は”菅田将暉の母が関わっているマルチが問題になってる”とても話題になっていました。

菅生氏には先頃、マルチ商法について十分な説明をせず勧誘行為を行い、さらに虚偽の事実を告げて客に商品を販売したなど、特定商取引法違反があったとして行政処分を受けた化粧品会社・アイテックの“広告塔”を務めていたという疑惑が浮上。菅田本人への承諾の有無は不明だが、同社は販売員を勧誘する際、「菅田将暉さんのお母さんも会員なんだよ」との売り文句を使っているという。
【引用元:サイゾーウーマン

好身さんはアイテックが行政処分を受けた後に、これまでの関連を否定。

そのタイミングでSNSなどでの関連の投稿を削除するなどして、かなり怪しまれていました。

高校生で一人暮らしをしていた菅田将暉を支えた母の好身

一部のファンはアイテックで悪い印象を持っているかもしれませんが、基本的には良いお母さんとして知られています。

高校を都内の通信制に転向し、一人暮らしする息子の様子を見に、かなりの頻度で息子の一人暮らしの家を訪ねていたそうです。

2022年に菅田将暉さんが小松菜奈さんと挙式を挙げると、菅田さんは家族親戚への感謝の気持ちを伝えることを優先し、場所や日時を融通効かせ、芸能人の友達は呼ばなかったそうです。

息子からも強く愛され、信用されているというのが、好身さんの素敵なところです!

菅田将暉の2人の弟。”健人”と”新樹”。実は三兄弟の長男

菅田将暉さんには2人の弟がいます。

下に次男の「健人」さん、そして更にその下に三男の「新樹さんがいます。

菅田さんは三兄弟の長男で、子供の頃から弟達の面倒を見ていたそうです。

菅田さんのお母さんは自宅出産だったそうですが、菅田将暉さんは弟二人を出産する瞬間から見ており、まるで親のように2人のことを可愛がっていたそうです。

出産の際はカメラを構えて張り切り、生まれた瞬間は「かわいい!」と大興奮だったそうです。

菅田さんの弟とのエピソードはたくさんあり、特に次男の健人さんは過去に地上波の番組で声だけ出演してます。

次男の健人は駒澤大学でアカペラサークルで有名!菅田将暉の弟としてテレビにも出演

菅田将暉さんには4歳年下の弟・健人さんがいて、彼はファンの間でも有名です。

菅田将暉さんは上京した後に、次男の健人さんと住んでた時期があったそうです。

(一番左が健人さん)

名前 菅生健人(すごう たけと)
生年月日 1997年6月13日
出身大学 駒澤大学

一緒に住んでた頃は、互いに服作りが趣味ということで、オリジナルのスニーカーを作って贈りあったりしていたそうです。

菅田さんは、そんな弟のことが可愛いと仰っていました。

また、健人さんは兄の菅田将暉さんと同じく歌が上手で、大学ではアカペラサークル「ケミカルテット」というグループで活躍し、大学の界隈では歌唱力が凄いと有名だったそうです。

出身大学は駒澤大学で、勉強はしっかりとできたようです。

大学を卒業した後は就職しながらYouTubeチャンネルを立ち上げています。

父の新さんは次男の健人に関しては、

「将来は役者をやりたいみたいだけど、劇団の見習いとか演劇部には一切入っていない」

と言及していたことがあったので、もしかしたら今後は俳優としての活動も視野にいれているかもしれません。

菅田将暉さんが「メレンゲの気持ち」に出演した際、弟の健人さんが動画のナレーションを担当。

兄に「わからない」と言わしめるぐらいに声が似ていました。

ちなみに健人さんには彼女がおり、過去にはYouTubeの動画にも出演されています。

恋愛関係がオープンな点でも、兄の菅田将暉さんにそっくりですね!

三男の弟・菅生新樹は俳優として活躍!兄そっくりのイケメン

少し前までは次男の健人さんが有名でしたが、現在は三男の菅生新樹さんが俳優として活躍してて話題です。

名前 菅生新樹(すごう あらき)
生年月日 1999年8月26日
血液型 0型
趣味 服作り

2022年には連ドラ「初恋の悪魔」(日本テレビ系)に出演し、”菅田将暉さんにそっくりな俳優がいる”と言われ、実際に弟だったというオチでした。

次男の健人さんがメディアでも取り上げられる一方で、三男の新樹さんはノーマークだっただけに、ファンは不意打ちを喰らいました。

ちなみに「初恋の悪魔」での新樹さんは終盤から出演。出番は少ないですが、事件のキーパーソンとなり、第9話ではおにぎりを口に加えながら、ハサミを手に、逃げ惑う星砂(松岡茉優)を追いかけるという印象的なシーンがありました。

ちなみに新樹さんはインスタを開設しており、すでに菅田将暉さんのファンを中心に多くのフォロワーを獲得しています。

ドラマ出演後はバラエディー番組「スッキリ」に出演したり、知名度は着々と付いています。

ちなみに新樹さんは大学生の頃から服をプロデュースしたり、モデルをしたり活発に活動されていました。

両親、兄弟揃ってポテンシャルが高くてすごいですね!

菅田将暉の本名「菅生大将」。学生時代は”王子”としてモテモテ!

菅田将暉さんの本名は「菅生大将(すごう たいしょう)」です。

実は菅田将暉は芸名なのです。

素人時代にオーディションに登場した際には、本名の大将として記載されていました。

芸名を使う理由のほとんどが、私生活への影響を考えてのことですが、菅田将暉さんの場合は両親は本名でテレビに出たり、サロンを経営したり、本を出したり、弟さんに限っては本名でそのまま活動してますから・・・・。

菅田将暉さんが芸名で活動するようになった理由は、事務所の意向だそうです。おそらく読みやすい名前、覚えやすい名前にしたかったというのが理由でしょう。

当時、最初に僕を「マネジメントしたい」っていってくれた人がいらっしゃって。

VTRにあるように「アイドルにしたい」みたいな人で。

その人が、まだ事務所所属、決まるか決まらないかぐらいのタイミングで「でももう僕は育てたいから」といってくださって。

姓名判断の人にいろいろ見てもらったと、名前を。

候補が10個ぐらい書いてある紙があって、その中で「僕はもうこれが光って見えたんだ」っていわれたのが『菅田将暉』。

菅田さん本人は本名に戻したいそうですが、事務所に却下されてるそうです。

近い将来、事務所を変えたり独立などしたタイミングで、本名に表記を変えることでしょう。

すでにラジオなどで仲の良い芸能人に本名の方の「大将」と呼ばれたり、芸名の意味があまりない感じですし。

菅田将暉の学歴。高校で地元を出て都内で一人暮らし!学生時代から文武両道のイケメンでモテモテ!

菅田将暉さんは大阪府出身のコテコテの関西人です。

学歴は幼少期から高校まで地元大阪で、高校の途中で東京の通信制に編入しています。

出身小学校 箕面市立西小学校
出身中学校 箕面市立第一中学校
出身高校(転校前) 大阪府立池田高等学校
出身高校(転校後) 日出高等学校(現・目黒日本大学高等学校)の通信

小学生の頃はサッカー少年で、クラブでは中心選手として活躍されました。

その頃の菅田将暉さんは日に焼けて、ザ・スポーツ少年だったそうです。

中学ではスカウトをされた縁から芸能活動に興味を持ち、オーディションを受けるようになります。

中学2年生の時に力試しで大手芸能プロダクションのオーディションに応募し、最終選考まで残りましたが、入所には至りませんでした。

髪も伸ばして、肌も白くなり、ザ・イケメンな中学時代を送りました。

もちろん、中学生の頃から勉強も優秀でモテモテでした。

高校は大阪府の進学校「池田高校」に進学しました。偏差値60以上のレベルの高い学校で、菅田さんは数学が得意科目だったそうです。

高校ではアメフト部に所属しました。池田高校は高校アメフト発祥の地として有名で、過去に甲子園ボウルで2度の優勝を経験してます。

高校時代にはイケメンぶりに拍車がかかり、学校では「王子」というあだ名が付けられ、相当にモテたそうです。カメラを持った女子に待ち伏せされたり、体育の時間に黄色い声援が送られるなど、当時にして校内のアイドル的存在でした。

高校1年の時に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募し、ファイナリストまで残り、これがキッカケで15歳で現在の事務所であるトップコートに所属することになります。

トップコートに所属した後は、芸能活動を行う為に単身で東京で一人暮らしを始めました。

高校も都内の芸能コースがある日出高校の通信科に編入日出高等学校(現・目黒日本大学高等学校)の通信。

ちなみに転校する際は、池田高校のアメフト部を退部することが悲しく、涙してしまったそうです。

16歳の高校生にして仮面ライダーで主演を飾るなど、芸能界入りしてからの活躍は素晴らしかったです。

ちなみに高校を卒業したのかは謎で、大学には進学していません。

おすすめの記事