スポンサーリンク

有安杏果さんといえば、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の緑として知られていました。

芸能活動はももクロメンバーの中で最も長く、その名前は世間的に広く知られています。

有安さんは、赤ちゃんの頃からオムツの広告に登場し、子役として芸能界に入りました。

子役時代に特に有名なのは、フジテレビ系で放送されていた「ポンキッキーズ21」の「シスターラビッツ」としてのポジションです。

その後、2009年にももクロに加入すると、「あのポンキッキーズの有安が?」と話題になりました。

ももクロに加入後は、小柄ながらもアクティブなダンスと、メンバー内での圧倒的な歌唱力で一躍注目を集め、多くのファンを獲得しました。

そしてソロ活動も順調で、2016年に横浜アリーナで開催したソロライブでは1万人を動員し成功。翌年2017年にリリースされたソロアルバム「ココロノオト」はヒットを記録しました。

夢の日本武道館での単独公演を実現させ、ソロ歌手としても、ももクロメンバーとしても地位を獲得した彼女ですが、2018年1月15日に自身のブログでももクロからの卒業を発表したのです。

今になっても、なぜ有安さんが卒業を決意したのか、疑問が多く残ります。

2018年1月15日に『スポーツ報知』では発信された内容によると、

“女性5人組グループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(21)が15日、
今月21日のライブをもってグループを卒業することを発表。

有安は同日で所属事務所やレコード会社との契約も終了することが明らかになった。

(中略)

グループと契約するキングレコードも有安について

「マネジメントである株式会社スターダストプロモーションとの契約終了に伴い、
弊社とのアーティスト契約も終了することといたしました」
と公式サイトにコメントを発表した。

有安はこの日、
自身のブログで

「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、
普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、
わがままを受け入れてもらいました」

などと卒業を電撃発表した。”

と、同紙では有安さんが2018年1月21日のライブをもってももクロを卒業する事を報じていました。

有安杏果のももクロ卒業/引退の理由”普通の女の子"

有安杏果さんが自身のブログの中で綴った卒業に理由に関しては、

”普通の女の子の生活を送りたい:との想いがあったことも卒業理由の一つであったとされてます。

いつも応援ありがとうございます。
突然のお知らせになっちゃってごめんなさい。

私、有安杏果は
2018年1月21日のライブをもって
ももいろクローバーZを卒業します。

ありがたい環境でやらせていただきましたが、
子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、
普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました。

これから私は何をするか
具体的には何も決まってません。
逆に何も予定のない日々を
人生で一度くらい過ごしてみたいなと思ってます。

まずは規則正しい生活をして
ゆっくりとした日々を過ごしたいと思います。
今までの22年間で出来なかった普通のことを、少しずついろいろやってみたいです。

そして落ち着いたら、
普通の日常の生活を送りながら
22歳の女の子としての教養や知識をしっかりと身につけられるように励みたいと思います。

ももいろクローバーZとしての8年間を振り返ると
走馬灯のようにいろんなことが溢れてきます。
すごく長かったような、あっという間だったような気もするけど
幸せなアイドル生活を送らせていただきました。

れに、夏菜子、詩織、あーりんというかけがえのない素晴らしいメンバーに恵まれたこと。
スターダストやキングレコードはじめ、とても熱意ある優秀なスタッフに恵まれたこと。
たくさんの素晴らしい楽曲に恵まれたこと。

そして何より、いつでもどんな時でも一生懸命に応援をしてくれたファンの皆さんがいてくれたこと。
本当に本当に誰よりも幸せな8年間でした。

みなさんにはどれだけ『ありがとう』と言っても、感謝の想いを伝えきれません。
今回の私のわがままに対してはいろんな意見があると思いますが、
8年間一緒に歩いてきたみなさんの中に「お疲れ様」と言ってくれる人が一人でもいたら嬉しく思います。
8年間、本当にありがとうございました。

遠くの空からだけど、ずっとみんなのこと応援してます。

2018年1月15日 有安杏果

所属事務所のスターダストプロモーションやキングレコードの契約も終了する事も報じられおり、円満退社であったことがわかっています。

が、一部ではメンバーとの不仲が噂され、それが卒業の決定打になったのではないか?という説もあります。

卒業理由は有安と他メンバーの不仲が現実的?

実際にももクロに帯同するライターの密着取材では、確かに加入当初に有安さんと他メンバーとの間に距離感があったそうです。

が、2012年の「米子の夜」をきっかけに、メンバーとの仲は良好になっていたとされてます。

卒業後に発売された雑誌『BUBKA 2018年3月号』では、ももクロ各メンバーと有安杏果さんが1対1で語り合う対談が35ページに及ぶ条文で掲載され、そこには。

具体的に卒業を考えはじめたのは1年ぐらい前ですかね。ちょうど大学卒業のタイミングですよ。[中略]周りの同級生はみんな、大学を卒業するタイミングで就職とか、新しいスタートを切るわけですよ。それぞれが勇気を持って新しいスタートに向かう姿を間近で見ていて、私ももっと成長したいな、自立したいなって。もちろん勇気はいるんですけど、私にとって新しいスタートを切ることが、ももクロからの卒業ってことになっていったんです。 明日はどんな仕事が入ってくるかわからない。とにかく、この世界のお仕事っていうのは、予定通りにはいかないじゃないですか? 私は何をするときにもしっかり準備をするタイプなので……こういう生活を22年間も続けてきて、これをずっと続けていくのはもう限界かなって思いはあります。だから一旦、この世界とは距離を置いて、ゆっくり過ごしたいなって。

と、卒業時に出た不仲説を否定されています。

また、一部では”事実上の芸能界引退”となっていましたが、これも”あくまで卒業”と否定しています。

有安杏果と彼氏のお風呂画像流出?

有安杏果さんの卒業報道が出る少し前に、彼氏の存在に関して炎上がありました。

有安さん本人に落ち度はなく、ネット上に彼氏の画像が流出したと噂されたのです。

その時の実際の画像がいまだにネットに残っています。

2016年頃にTwitterのある男性ユーザーが「有安杏果とお風呂」と題してアップしたのです。

顔がはっきりしてないので根拠のない写真ではありますが、この画像が流出した事で、有安さんがこの男性と交際していると噂になりました。

が、やはりこの画像に写る女性が有安さんである可能性は低いですし、信じないファンの方が多く、”ただの釣り”という見方が過半数を占めていました。

何もはっきりしないまま流れていった炎上事件なだけに、今になっても「そういう言えばあの写真の真相は?」と調べ直す人も多いみたいですが。

スポンサーリンク

有安杏果の激太りと劇痩せの理由

ももクロの緑としての地位を確率させて以来、有安さんはネット上で容姿に関して揶揄されることが増えていました。

印象的だったのは、2012年から2013年頃に急激に体重が増加し、”緑(有安さん)が激太り”と話題になったことです。

確かに当時の有安さんの姿を見てると、激太りしてることが分かります。

2012年頃の彼女はまるで別人のようです・・・。

ただ、なぜ有安さんの体重は増加してしまったのか?

具体的な理由は明かされていませんが、精神的にまいって暴食に走ったのではないか?と憶測されています。

また、2013年1月に声帯の病気を患っているので、2012年頃から自分の思い通りのパフォーマンスができな勝ったことでプレッシャーとストレスを感じていたのではないか?ともされてます。

有安杏果の声帯の病気と運動、食事

有安さんは、声帯治療のため約1ヶ月の間、声を発さず、筆談などで過ごしてました。

2013年1月2日に投稿された『ももパワー充電所 Ariyasu Momoka』では、

“私、
1月5日から約一ヶ月
声帯の治療のため
声を発さず、
筆談などで過ごすことが決まりました。

でも声は出せなくても
イベントやお仕事には積極的に参加し
喋れないなら喋れないなりのみんなへの表現方法で
精一杯、有安杏果を伝えていきたいと思いますので
どうか皆さん、
温かく見守ってて下さいね。”

と、病気に苦しんでいる有安杏果さんが弱音を吐いている記述がありました。

有安さんの激太りに関しては、

「声帯治療のために投与された薬の副作用が原因で体重が増加した」

との憶測が多く出ました。

噂されています。

その後、現場復帰するとすぐに体重は激減。むしろ”激痩せした”と逆にファンを心配させました。

普通に激しい歌とダンスの仕事に戻ったから、”体重が戻っただけ”と見るのが自然ですが。

スポンサーリンク
おすすめの記事