スポンサーリンク

音楽の玄人さんがたまに口にする「echoes」というバンド名。

今日、初めてヤフーのトップニュースとして名前を聞きました。

なんと、バンドの元ドラマーの方だったそうです。

現在の時点では反応は薄いですが、彼の死去はジワジワと音楽ファンを拡散され、追悼されていくことでしょう。

今川勉 死去(訃報と死因)

今川勉さんが死去された日程や、死因は公表されていません。

今年2020年の1月8日には自身のSNSを更新しているので、年は越せてたみたいですが。

ミュージシャンで作家の辻仁成(60)が所属するバンド「ECHOES」の元メンバーで、「Bumble Bee.Project」などでも活躍したドラマーの今川勉さんが亡くなったことが21日、明らかになった。「Bumble Bee.Project」の公式フェイスブックで発表された。

 辻は同日、「ECHOESはオリジナルメンバーで活動できなくなった」のタイトルで自身のブログを更新。「某月某日、この訃報はフランス時間の土曜日の朝に入って来た。あれから三日近く経つけど、まだ、よくわからない。でも、日が経つにつれて、いろいろな方々からの、それが真実であるという知らせを受け取ることになった。でも、この二日間、間違いだった、とだれからか連絡が入らないか、待ってもいた。でも、さすがにもう覆せないのだな、と確信しつつある」と複雑な思いを記し、「リンドバーグのチェリーからも、それから、いろいろな音楽関係者から、立て続けに連絡がきた。ドラムの今川勉がこの世を去った」と今川さんの死去を伝えた。引用元:ヤフーニュース

辻さんは自身のブログの中で、

「もう『ZOO』や『ジェントルランド』を一緒に演奏することが出来ない。頭の中でぐるぐると何かが回り続けているけれど、それが何かもわからない。ぼくのまわりではもうECHOESを知っている人も少なくなった。結成から40年近く経っているのだから、仕方がない。でも、ぼくの心の中には結成当時のことや、バイト先での出会いや、新宿のスタジオでのリハのこと、ソニー信濃町スタジオでレコーディングを始めた頃のことなど、いまだ色褪せず、残っている」

「ぼくはすぐに宮崎にいるベーシストの伊黒俊彦に連絡をいれた。彼は知らなかったみたいで、『残念』と一言かえって来た。ギタリストの伊藤浩樹は海外にいるという噂を聞いたけど、伝達する方法がわからない。この日記を読んでいるなら、一度、連絡をくれ。三人であって、酒でも飲もう」

などと語り、さらにツイッターでも、

「残念なご報告ですが、ECHOESのオリジナルメンバー揃ってのライブや演奏がもう出来なくなってしまいました。寂しい。それでも、歌い続けます。あの日の気持ち忘れないために、don’t stop music ...」

と重苦しい胸の内を明かしました。

スポンサーリンク

今川勉 死去への反応

ECHOES、大好きでよく聴いていました。
ライブにもいきました。
友情が好き。
残念、早すぎますね。
今川さんのご冥福をお祈りいたします。

30年間からECHOES大ファンでした。

Tug of street
仁成と勉さんの青春を歌った曲が大好きでした。
勉さんのクールな笑顔を思い出します。

ニュースきっかけでヒロキさんとも連絡が取れて俊さんと3人で思い出話ができたらいいですね。

ご冥福をお祈り致します。

マドンナが8度目のドタキャン(開演の45分前・・)

現在ライブツアー「MADAME X」を回っているマドンナさん。

このツアーの内すでに7回も開演を中止しているそうですが、ついに8度目の中止。

しかも開演の45分前にファンに知らされるという”ドタキャン”だったそうです。

ニュースの詳細を読んでいても辛いですね。

どうして、このようなことになってしまったのか・・・。

マドンナが公演開始予定時刻からわずか45分前の発表で、リスボン公演を中止したことが明らかになった。

英BBCニュースによると、公演中止は「MADAME X」ツアー開始以来、今回で8度目。同公演のチケット購入者は19日午後7時45分、開始予定時刻の45分前になって、中止を知らせるメールを受け取ったという。

マドンナは後にインスタグラムで、「今夜は中止しなければならなくて、ごめんなさい。でも、自分の体に聞いて休養を取らなくては!!」とコメント。中止の理由についての説明はなかったが、前日夜のリスボン公演のステージでの動画を公開した。

ファンの間では、「45分前の通知。またも、ファンに対する不遜な行為。もう引退しろ」「ビッチ。中止にしやがって。ツアー生活に適応できないなら、やめるべき」などの怒りの声が上がっている。

マドンナは昨年12月初め、激痛によるドクターストップを理由に米ボストンでの3公演を中止。その後も同じ理由で、開演2時間前に北米ツアーの最終公演となるマイアミ公演を中止している。

マドンナは先週、膝にサポーターを着けてウオームアップ中のビデオをインスタグラムで公開。「ケガをしたMadameXが公演の準備をしているところよ…とても慎重にね!」とメッセージしていた。

21日夜にはリスボン・コロシアムでの公演に復帰し、同地での最終公演を3日間にわたり行う予定となっているが、「火曜日に会いましょう、神様に祈ってるわ」としている。(ニューヨーク=鹿目直子)引用元:ヤフーニュース

マドンナなりに体の調子が悪いなど理由があったそうですが、それでも45分前に知らすというのは非常識すぎます。

遠征してるファンは交通費とホテル代でお金を使ってしまっているので、かなりの損失です。

もちろん、マドンナさんやスタッフたちも大損をするということで、誰も特をしない非常事態です。

音楽が儲からない2020年に、なんとも贅沢なワガママぶり。それが逆にファンは好きなのでしょうか?

マドンナドタキャンのネットの反応

チケットは払い戻したとしても、交通費や宿泊費は無駄になる。
こんなこと繰り返すのは、人としておかしい。
不遜な人間のお手本。

コンサートの開演が神頼みでは、あまりにも酷いと思う。
それにしても、45分前のドタキャンはあり得ないと思います。

一旦ツアー休止して治療に専念したほうがいいのでは?
45分前に知らされるなんて辛いよ

ファンに対しても不実すぎるしマドンナ自身も莫大な損害があるだろうし、もうツアーは止めてアルバムだけ出してればいいのでは。
コンサート開始時間の1時間や2時間の遅れは当たり前だしドタキャンも頻繁にするようじゃ、ファンも離れるだけ。
若い世代からは見向きもされないんだからさ、古くからのファンまで裏切るようなマネしないで欲しいな。

ドタキャンに遭うリスクもマドンナファンであるための必須条件 こういうのがマドンナの本質の一部 とでも本人は言いたいのか?と思えるほどの「傲慢」

ファンに対する思いやりが感じられません。あまりに上から目線すぎます。アーティストとしては最低です。こんな対応が続くのであれば、確実にファンは離れていきます。ドタキャン後のスタッフ達の労力も大変なものでしょう。残念な人になってしまいましたね。

マドンナ さん自分ファーストでファン無視。
公演を楽しみに遠方から来た人、仕事を休んだ人とかいたと思う。納得出来る説明も果たされてないようですし余りにも自分本意で45分前中止は酷すぎる。

スポンサーリンク
おすすめの記事