スポンサーリンク

2020年10月13日の今日、俳優の森川正太さんと、漫画家の「まつもと泉」さんの死去がニュースとなりました。

同じ日に、同じタイミングに報道されてしまったということで、情報がごじゃごじゃになっているので、きっちりと分別してまとめてみました。

俳優・森川正太さん死去。死因は「胃がん」

俳優の森川正太さんが死去されました。

死去されたのは2020年10月12日の午前6時でした。

また67歳の若さだったということで、若すぎる死去にでファンたちは悲しんでいます。

森川さんといえば、テレビの「おれは男だ!」や「飛び出せ!青春」に出演しわき役として活躍しておりましたね。

 本紙の取材に応じた親族や関係者によると、2カ月前、体調不良のため病院で診察を受けた際、胃がんが発見され、すでに転移がみられた。森川さんは、新型コロナウイルス感染症の影響で入院した場合は面会が2時間に制限されているのを知り、都内にある自宅での在宅治療を選択。医師や看護師が連日、自宅を訪れて懸命の治療を続けた。  

亡くなる前日の11日に面会した親族は、森川さんについて「妻を頼む」と涙を流したという。引用元:Yahoo!ニュース

最後まで妻のことを想っていたそう。

森川さんは俳優の仕事以外にも、地元でスナックを経営し、地元で愛された人間だったそうです。

森川正太の現在のお店。スナックの場所は荻窪のカラオケスナック「YOU」

森川正太さんが奥さんとスナックを経営されたいそうです。

実際のお店について調べたところ、荻窪のカラオケスナック「YOU」というお店のようです。

お店は、東京都杉並区天沼にあり近くには杉並公会堂があります。都内ではありますが、下町の雰囲気の良い場所にあるお店でした。

このお店が現在、経営されているのかは不明です。

ニュースでは、森川さんがお店に立っていた時は、地元のお客さんからは「正ちゃん」という愛称で呼ばれ愛されていたようです。

森川正太は韓国国籍?

ネットでやんわりと森川さんが韓国国籍という噂が出てます。

実際に調べてみたところ、それらしい証拠はありませんでした。

が、過去にある人がブログで森川さんのネタを扱った際に、コメント欄で匿名のコメントで韓国人だと揶揄する書き込みがありました。

検索の上位にブログが出るということで、過去に森川さんのついて調べた方がブログのコメントに惑わされて探索した結果、やんわりと「韓国」というキーワードがついてしまったのだと思われます。

漫画家の「まつもと泉」死去。死因は「脳脊髄液減少症」

漫画家の「まつもと泉」さんが2020年10月6日に死去されました。

死因は「脳脊髄液減少症」だそうです。

まだ、61歳の若さでした。

1980年代に「週刊少年ジャンプ」に連載された人気マンガ「きまぐれオレンジ☆ロード」などを手がけた漫画家・まつもと泉さんが10月6日に亡くなっていたことが13日、分かった。61歳。公式サイト「WAVE STUDIO」が明かした。  

同サイトは「まつもと泉についてWAVE STUDIOから皆さまへのご報告」と題して文書を公開。「まつもと泉は今月6日午前0時過ぎに、かねてより入院療養中の病院にて永眠いたしました。これまで公私に亘ってお付き合いをいただきました方々、そして作品を愛してくださいました方々に心より御礼を申し上げます」と伝えた。  

文書によると、まつもとさんは近年、「脳脊髄液減少症」を患っていた。脳と脊髄の周りを満たす髄液が少なくなることにより、頭痛、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下、全身倦怠(けんたい)感など「不定愁訴」と言われるさまざまな症状を伴う病気だった。引用元:Yahoo!ニュース

現在までに長く病気に苦しめられていたそうです。

まつもと泉死去への反応

「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかは、子供心に見てもドキドキする女性キャラクターでした。しかし、61歳は若すぎますね。ご冥福をお祈りします。

「きまぐれオレンジロード」は中学生のころジャンプの青春の漫画でした。映画も観て、まさに青春の一ページ。なんだか、自分達が好きだった漫画の作者もご逝去されるとショック。謹んでご冥福をお祈りします。

まつもと泉先生の「きまぐれオレンジロード」は永井豪先生の「ハレンチ学園」を開祖とするジャンプお色気漫画やラブコメ漫画路線を語る上で外せない高い画力で描かれた元祖ツンデレ美少女・鮎川まどかがメインで描かれたエポックメイキングな作品だった。マガジンで「ラブひな」などを連載していた赤松先生も影響下にあったことを公言されるなど、他誌にも強い影響力があった。長年の闘病で新作の発表もままならなかったのが残念です。お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク
おすすめの記事