スポンサーリンク

これまでに多くのCMに出演してきた寺田心くんですが、最近は”ムカつく子供”を演じきったCMが大人気です。

これまで子役の可愛らしさ全開だった寺田心くんが、あえて大人びて生意気な子供を演じるという、ハイセンスなシチュエーションに、ネットでは、

「かわいい」

「ムカつくけど面白い」

など、絶賛の嵐です。

寺田心のCM人気にスポンサーは”してやったり”?

寺田心くんのCMで人気なのが、覇気のない店員さんに対する上からなアドバイス。

これまでにいくつものバージョンが放送され、いずれもネットで大きな反響を呼びました。

ブックオフのほうでは、気弱そうな女性店員に向かって「あえてチャラくしてみよっか」と持ちかけ、

「ブックオフのウルトラセール ちょーヤバイんですけどぉー 本が全品20パーオフって 浮いた分でタピオカ飲めんじゃーん」

 と、実演してみせたりしていた。一方、ドコモのほうは、

「どうしてスマホに変えなかったんだ! スマホはいろいろ調べられるし 家族とすぐにやりとりができる スマホの輪にも入っていける スマホはとっても楽しいんだ! 機種代金も割引中!!」

 と、アジる内容だ。どちらも同じテイストなので、ツイッターなどでの反応も似ており、頻発されるのは「面白い」「ムカつく」といったワード。CM名が書かれていないと、どちらの感想なのか、わからないくらいである。

 それは取りも直さず、彼を起用したCMのスタイルがひとつ完璧に確立している証拠だ。そして「面白い」はもとより「ムカつく」という声でも、スポンサーとしてはしてやったりだろう。引用元:Yahoo!ニュース

これまでにワンパターンだった子役の起用方法の斜め上を行った寺田心くんにCM。

今後、子役同伴のCMで、彼のシリーズを超えるものは出てくるのでしょうか?

スポンサーリンク

子役から青年、大人の階段

これまで、子役がそのまま大人の俳優になるまで売れ続けることは稀でした。

しかし、近年では神木隆之介くんや、芦田愛菜さんのように、うまくアクターとしての階段を登っている方もいます。

今回の寺田心くんのCMを見てる限り、彼も大人になるまでに俳優で人気を守り続けるポテンシャルを示せたと思います。

大人になる前に、大人になった姿を想像するのが楽しみな子役は、とても珍しいと思います。

スポンサーリンク

寺田心くんの生意気なCMへの反応

いろいろ目くじら立てなくとも、、リアルではないし、CMですから。寺田心くんだから成り立つCMとも言えるし、視聴者が彼を憎らしく思えるのであれば、それだけ上手なのだと思います。映画で棚橋選手の子ども役とか観ましたが、うまいなあと、素直に思いましたよ。

ムカつく方が多いんだ
嫌われキャラを逆手に取った振り切った演技で、めちゃ面白いと思ってたんだけど。
背が伸びにくそうだから、イケメン俳優ましてや菅田将暉は難しそうだけど、個性派で生き残る演技力と根性がありそうなので将来楽しみにしてます

このCMもそうだけど、舌足らずな小さい子がちゃんと商品名言えてない食品のCMも気持ち悪い。

といっても、その子たちが気持ち悪いんじゃなく、それが好感度高いだろうとか面白いだろうと思ってる制作側の大人が気持ち悪い。

成長は個人差があるけど、ここまで外見の成長が遅いと少し心配になります。
どう見ても1〜2年生、少し大きい園児にも見えます。
仕事ばかりしてて、睡眠運動栄養がバランス良くとれてないの?
私が親なら心配でたまらないと思う。
まぁ、大きなお世話ですけどね。

ここまで「ウザイ」「嫌い」とド直球で言われた子役は過去にいないと思う。
恐らく本人もわかっててやっているので将来が良い意味で楽しみ。ただ子供故のウザキャラが当たっている状況なので大人になるにつれ、方向性が難しくなってくる。
大人のウザキャラは芸人や個性派俳優で腐るほどいるし、今の性善説優先の世の中では活躍は厳しい。

心君には心君にしかできない枠で今後も頑張ってほしい。

スポンサーリンク
おすすめの記事