スポンサーリンク

女性漫才コンビの元祖とも言われている「桂子・好江」。

彼女らの成功があったからこそ、昭和の時代にすぐに女性芸人コンビの地位確立が望めたと言っても過言ではありません。

そんな「桂子・好江」の桂子さんが、8月22日に亡くなられたそうです。

年齢は、なんと97歳です。

内海桂子が多臓器不全で死去。夫に看取られ

現在までに漫才協会名誉会長という立場にあった内海さんだけに、業界に何かしらの影響はありそうです。

死因は多機器不全でした。

女流漫才コンビ「桂子・好江」で人気を博し、アラ百の現役最年長芸人として活躍した漫才協会名誉会長の内海桂子(うつみ・けいこ、本名安藤良子=あんどう・よしこ)さんが22日午後11時39分、都内の病院で多臓器不全のため死去した。97歳。東京都出身。近親者のみの密葬が27日、東京・町屋斎場で営まれ、24歳年下の夫でマネジャーの成田常也さん(73)らに見送られ旅立った。

「お桂ちゃん!出番だよ!」  出棺の時、長く親しまれた愛称の掛け声が斎場に響き、参列した約20人の近親者は涙を拭った。16歳で初舞台を踏み、芸歴81年。日本の演芸界を代表する芸人にふさわしく、棺には漫才で初めて芸術選奨文部大臣賞を受賞し、1983年2月のホームパーティーで着た黒地の着物が入れられた。「師匠らしく、キリッとした顔。ほれ直しました」。夫の成田さんは目を赤くしながら手を合わせた。  師匠の容体が急変したのは22日夜。別の病院に入院していた成田さんの元へ連絡が入ったが、最期には間に合わなかった。だが、この日は“最愛の相方”の旅立ちの見送りが奇跡的に実現した。引用元:Yahoo!ニュース

内海さんは今年の1月まで舞台のお仕事をされてたそうですが、昨年の夏に脳出血を発症していたそうです。

今年の1月に1月末から心臓の機能不全で入院。2月には誤嚥(ごえん)性肺炎も発症し、点滴治療。

びっくりなのがそれから2ヶ月後の4月15日です。なんと今度は旦那の成田さんが脳出血で茨城県のゴルフ場で倒れて緊急搬送。その後、約1カ月ほど意識が混濁。仕事関係者・近親者も行方が分からず連絡がつかない事態に。

退院できたのは8月23日というのだから、内海さんの密儀の準備にギリギリ間に合ったということになります。

スポンサーリンク

内海桂子の現在までの経歴・プロフィール

本名:安藤良子
生まれ:1922年(大正11)01.12
血液型: A型
出身地:東京都
学歴:小学校中退

小学校3年生の時、母親が床屋の職人と一緒に暮らしたいがために、家の保証金20円を借りるために「お前、奉公に行っとくれ」って頼まれたそうです。それで蕎麦屋「更科」に子守り奉公に出されます。

母親に「生きていくためには芸を身につけたほうが良い」と言われ11歳の時に自分で稼ぎながら三味線を習います。

15歳の頃、町内の漫才師の一家と共に、母親が三味線を弾き内海師匠が踊りを踊って巡業についていくことに、その漫才師のおかみさんが妊娠したことでピンチヒッターで漫才の相方をします。その相手が初代相方となる高砂屋とし松。

十代で妊娠しても現在までに仕事優先で突っ走る

19歳の時にその人の子供を妊娠してしまい巡業漫才はやめることに。

1945年〜 吉原で団子の売り歩きや田原町のキャバレーの女給として働きながら舞台に立つ日々を送る。林家染芳(後の林正二郎)とコンビを組み、未婚のまま長女を出産。内海師匠の2人ののお子さんとなる。

旦那がヒロポン中毒(覚醒剤中毒)となり別居。

その後、内海好江と出会いコンビを組みました。結成当時自分は28歳、好江は14歳。相方は1997年に胃がんで他界します。61歳でした。

1999年に現在の夫である24歳年下のマネージャー成田常也と出雲大社で結婚式を挙げ、正式に夫婦となりました。

内海桂子の夫・成田常也と息子・娘

内海さんはこれまでに子供を3人授かりました。

子供たいの苗字は全員「安藤、立川、佐々木」と名字が違うみたいです。

長男はすでに他界しており、その他の子供たちは詳細不明。

孫は東京・浅草にある居酒屋「卯月」を経営しています。当時の口コミでは運が良ければ桂子師匠の端唄が聞けたそう。

スポンサーリンク

内海桂子の若い頃が可愛い!

若い頃から現在までにバリバリに仕事を続けてきた内海さん。

若いころの写真を見ると、意外にも可愛いです!笑

コンビだった時代など、特にキラキラしてましたね!

この写真の方が、その後現役最年長のコメディアンだったということが、何か感銘深いです。

死去される最後まで舞台にあがり続け浅草東洋館でも笑いを取つ続けていました。

100歳近い高齢にも関わらず、積極的にTwitterでの発信にチャレンジ。ツイートの内容は限られた文字数を使い切るような、キッチリした文章で社会風刺も鋭かったです。フォロワーは約50万人もいたんですから、それはすごいことです。

スポンサーリンク
おすすめの記事