スポンサーリンク

先日、自身の元で働いてた従業員からパワハラの告発を受けいたジャガー横田の夫・木下さん。

温厚でよい旦那さんに見える彼の”本当の性格が極悪だったとしたら”と、大きな反響がありました。

しかし、その週刊誌のパワハラ報道から数日が経ってる、木下さんはファックスで謝罪文を出しました。

ジャガー横田の夫・木下がパワハラ報道謝罪

パワハラを全面的に否定するのかと思いきや、公開された音声や、一部行動はあっさりと認めました。

週刊文春デジタルにパワハラ疑惑を報じられた元女子プロレスラーでタレント、ジャガー横田(58)の夫で医師の木下博勝氏(51)が26日、サンケイスポーツなどに文書でコメントを寄せた。

 同サイトが入手した「パワハラ疑惑」とする音声について「私の発言で間違いありません」と認めた上で、パワハラ被害を文春に告発した人物に対して「かけた言葉の中には、行き過ぎた表現もありました。一人の人間として反省しております」と謝罪した。

 「弁護士を通じて回答書を送り、話し合いによる解決に向けて努力しています」と現状を報告した上で、「事実と異なる点が多数あることについては申し添えておきます」とした。引用元:Yahoo!ニュース

それでも、木下さんは「事実と異なる点が多数あることについては申し添えておきます」と強調し、弁護士を通して示談する意向であると明かしました。

仮に示談金が動くとしたら、どれだけの金額になるのか・・・。

それでも、しっかりと謝罪したことで、世間の信頼は”ちょっと”でも取り戻せたと思います。

スポンサーリンク

ジャガー横田の旦那・木下医師にパワハラ報道

女子プロレスラーのジャガー横田さんといえば、気弱な旦那の木下さんと共にメディアに出演し、そこで鬼嫁ぶりを”ネタ”にしてきました。

しかし、実は北斗晶さんと佐々木健介夫妻の売れっぶりに被せただけの二番煎じであり、実は家庭内では木下医師の方が強い立場にあるとされてきました。

そんな、実は”厳つい疑惑”の木下医師ですが、なんと職場のスタッフにパワハラをしていた疑惑まであると、12月中旬に週刊誌「文春」に報じらられてしまいました。

仮にそれが本当だとしたら、木下さんのイメージダウンに繋がりかねません・・・。

医師でタレントの木下博勝さんですが、

2年前の2017年4月から、今年2019年8月31日まで働いていた、

「医療法人社団 颯心会」にて、スタッフにパワーハラスメントを繰り返していたことが「週刊文春デジタル」の取材で報じられました。

気になるパワハラの内容ですが、毎日のように怒鳴られ続け、時には暴力もあったそうです。

訴えたのは准看護師として颯心会に働く元スタッフの方です。

「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」引用元:Yahoo!ニュース

これまでにドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めてるとして、その理由に木下さんからのパワハラがあったと疑惑があります。

結果、その元スタッフからは損害賠償300万が請求されているそうです。

記事の内容を見てる限り、その訴えた方が週刊誌にネタを売った模様。ただの助けの声を求めてるだけかもしれません。

木下さんのパワハラ音声が存在する?

実はAさんは「何か(トラブルが)あったときのために」と、木下氏に同行する際には録音をするようにしていた。音声には、Aさんに向けられた木下氏の罵声と、Aさんが何度も謝る声が記録されている。

ドン(ドアを閉める音)

木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。考えろ」

Aさん「はい、すいません」

木下「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」

Aさん「すいません、払えません」

木下氏「絶対払えないよ、お前。反省してる風に見えないんだよ、お前」

新人助手「すいません、先生、私が乗ったから」

木下氏「いや、普段から注意しないと。こいつは軽く注意しても分からない人間だから。こいつのためなのよ。とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから」

スポンサーリンク

家では良いお父さんである木下医師

木下さんは東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了。そして、”東京大学医学部附属病院第一外科”にも勤務したキャリアのある筋金入りのエリート医師です。

2004年には女子プロレスラーのジャガー横田さんと結婚。その頃からメディア出演が増えていきました。

現在も鎌倉女子大学家政学部の教授を務めながら、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にレギュラーコメンテーターとして出演しています。

家庭内での木下先生は、早朝6時30分から息子に勉強を教えるなど、家事も行い、とても良いお父さんであります。

最近では家族3人でテレビ出演を果たすなど、北斗さん佐々木さん夫婦に負けじと話題のある家族でした。

木下医師の本当の性格とは?病院・テレビ・家庭内でバラバラ?

テレビでは気弱な旦那、家庭内ではしっかりした良い旦那、しかし病院では怖い先生だったということでしょうか?

記事の内容を見てると患者の前で怒鳴ってきたり、お気に入りのドリンクがないと仕事できないとして買わせに行かせたり、出勤前に準備するべき”木下セット”が存在していたり、まるで「プラダを着た悪魔」のミランダのようです。

時には「俺を誰だと思っているんだ」などの発言もあったそうです。患者さんに優しくない対応もあったとか。

今年2019年には自殺未遂まで行ったスタッフもいたとか・・・。

木下医師のパワハラ報道への反応

ジャガーさん、恐妻って言われているけどたぶん逆だと思う。暴力は無いかもだけど、モラハラ夫だと思う。

全く驚かない。息子も同じ匂いを感じる。恐妻家ぶってるけど、実は家ではジャガーのが肩見せまいと思う。

スッキリの受験のヤツ見たけど、ジャガーさんは真剣に子どもと向き合ってるように見えたけど、この人はすごく高圧的で感じが悪かった。テレビの恐妻家キャラは、あくまでキャラであって、実際はこの人が家を仕切ってると感じた。この記事を読んで、やっぱりって感じですね。奥さんとお子さんまで、悪く言われないようにして欲しいです。

気弱なのは作ったキャラだしね。なんとなくそんな感じはしてたから、あまり驚かない。ジャガーさんも家ではいろいろ言われているのではないかね?

スッキリの放送でも、たいしくんが家庭教師の先生からもらったプリントをなくしたとき普段のキャラとは別人のようになって怒鳴りつけてましたよね。あれが本性なのかもしれません。

これは恐らくだが、アスペルガー的な気質の人だと思う。共感性がなく、自分が内側思った人と外側への態度が全く違うのが特徴。激昂すると止められないタイプもこのタイプです。これが明るみになったら最後、楽しんご的な感じで、もうメディア出演は終わりだね。

こういう裏表が激しい医者よくいるよ。怒鳴り散らさないまでも、患者がいなくなった途端に太々しい態度になったりクソ横柄だったりね。この人がそうだとしてもなにも驚かない。

スタッフには少しぐらい厳しく接しても、せめて患者さんだけには優しく接して欲しい。それが出来なきゃ「医師」として仕事をしないで欲しい。しかし、これでタレントとしてのイメージも悪くなったと思う。

スポンサーリンク
おすすめの記事