スポンサーリンク

女優の倉科カナさんがインスタに、普段は見せない一面を見せたとして話題になっています。

そして、今や売れっ子俳優の満島真之介さんの、売れない時代の寂しいイメージ遊びが悲愴感丸出しだとして反響を呼んでます。

倉科カナのオフショット(インスタ画像)

倉科カナさんといえば、俳優の生田斗真が主演を務めるドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第5話に登場して話題となったばかりです。

倉科カナさんが登場した回は11月9日に放送され、バーのオーナー役として好演しました。

彼女はドラマに登場すると、ネットでは彼女の美貌が大反響!

正直、今まで彼女の事を知らなかった人も多かったと思いますが、このドラマのちょい役にて、ヴィジュアルの良さが広く認知されたと思います。

そんな倉科カナさんが同日の11日に自身のインスタをアップ。

そこでは彼女のオフショットが公開され、ドラマに続いて大きな反響を呼んでます。

女優の倉科カナ(31)が11日までに自身のインスタグラムを更新し、メガネをかけた貴重なショットを公開した。

倉科は10日のインスタに「おはよ~ 今日も一日、穏やかに頑張ろうね 昨日の餃子とワタシと、もろきゅう」とメガネをかけ髪を束ねた姿で、餃子をスマホで撮る写真を投稿。

 コメント欄には「可愛い過ぎ」「めがねも似合います」「綺麗だな」「ま~た撮ってるところを撮られてる笑」などの声が寄せられている。引用元:Yahoo!ニュース

ドラマに登場した倉科カナさんのイメージとは違っていることも、反響が大きな理由です。

このままヴィジュアルが受けて、売れっ子女優の仲間入りを果たすかもしれませんね!

倉科カナのオフショットに対する反応

本物の倉科さんをお見かけしましたが、とても感じよく笑顔で会釈してくれた!
そしてとんでもなく、可愛すぎてびっくり!
小顔だし、オーラがすごかったです。

メガネ掛けただけで記事になるなんてね。よっぽどネタが無いとしか言いようがない。足で何か探して来てねって思う。

・たったこれだけのことでニュースになるなんて・・・。最近、こういうインスタの上がってる画像紹介するだけの記事多いよね

スポンサーリンク

満島真之介の極貧時代。想像で世界旅行!

今や大河ドラマ『いだてん』や、Netflixの『全裸監督』など、多くの話題作へ続けて出演している満島真之介さん。

すでに演技派俳優として、着実にキャリアを重ねています。

比較的に遅咲きな満島真之介さんは、売れない時代が長く、若い頃は大変苦労されてたみたいです。

特に10代のころに映画の助監督として働いていたという過去まであります。

最近のインタビューの中で満島真之介さんは、極貧時代にある”遊び”をしていたとして話題となっています。

貧乏時代の満島真之介さんがしてた遊びというのが「想像だけで世界旅行」です。

まるで子供のような無邪気な遊び・・・大人がやっていると切ないかも?

「でもね、お金がなくても人生は楽しめるんですよ。世界一周旅行だってできちゃいますからね。たとえば、今日はメキシコに行きたいなって思ったら、メキシコの民族音楽をかけて、ナチョスにサルサソースなんかつけて、目をつぶって食べる。そうすると『あ、メキシコにいる……!』という感覚になれる。それから、馬頭琴の音をかけながら、つんできた雑草の匂いをかげば、そこはもうモンゴルだしね。イメージの力ってすごいんですよ! 自分でイメージできることは、どんなに大きなことでも必ず実現できると思うんです。逆に、イメージがわかないことは絶対にできない。僕の場合は、毎日同じところに通勤するっていうのが、ぜんぜんイメージできなくて。それが早い段階でわかってたから、会社員になる選択をしなかったんでしょうね」引用元:Yahoo!ニュース

満島真之介さんは、どんな環境でも、人生を自分の手で充実させる術をたくさん知っている模様。

現在でも満島真之介さんは“旅”は好きだそうで、過去に想像で行っていた場所に、実際に行けるようになったみたいです。

今でも想像で遊び事を推してる模様で、その理由は、ストレスのリフレッシュは定期的にしないとダメだからそうです。

「リフレッシュは、まとめて一気にやってもダメ!」とし、

「たまったものを一気に流すのは、さすがに無理なんですよ。だって『リフレッシュしたいから土日は絶対出かけないと』って気合入れても、みんなそう思ってるから! どこもめちゃくちゃ混んでて、より疲れちゃったりするでしょ? だからリフレッシュは日々しないと。僕にとってはゆっくり眠れることがいちばんのリフレッシュ方法。寝室の環境にはすごくこだわってますね。とくに重要なのが湿度! 乾燥してるのはもってのほかだし、湿度が高すぎても寝心地悪いんですよ。だからいつも60%に保ってますよ。笑」

と説明されています。

寝ることに重きを置いてるようで、寝室は湿度から何までこだわっているみたいです。

頭を休ませたり、想像で遊んだり、人間という哺乳類の特性を生かした彼には敬意を払いたいですね。

何も考えずに、無心で気持ちよくなれることが、一番良いとしてるようで、変に目標を持って自分を追い込むよりも、自然体で癒される方法をいくつも熟知してるみたいです。

ジョキングなどの運動なども行い、体つくりもバッチリのようです。

頭も体もしっかりとリフレッシュできているからこそ、ストレスフルな俳優の仕事でスケジュールが埋まってもついていけるのでしょう。

満島真之介の極貧時代に対する反応

狂気的な感じが上手いと思います。

私はエア海外旅行は、Googleストリートビューを見まくってます。

・今や売れっ子だからリアルな世界旅行にも行けるさ

・よく知らない俳優だが価値観合いそうな

・俳優としても人としても魅力的。映画もドラマも作品に恵まれてるし、やっぱり人柄が良いから?

・健康的な俳優はスクリーンで見ていてわかるよね。彼の場合は意外だけど

・若い頃よりも今の方が色気あってかっこいいよね。やっぱり私生活の過ごし方が出てるのかな?

・彼がこんなに売れっ子になるなんて思いもしなかった。特に応援もしてないけど、個人的な価値観は感心する。

スポンサーリンク
おすすめの記事