スポンサーリンク

俳優の押尾学さんといえば、2009年8月2日に合成麻薬を使用し逮捕されたこと有名ですよね!

その後に押尾学さんとは、当時の嫁であった女優の矢田亜希子さんと離婚し、子供とも離れ離れとなりました。

当時所属していた大手芸能事務所『エイベックス』から契約を解消され、出所した後の現在は芸能界の表舞台から姿を消しています。

少し前に松嶋菜々子さん主演の名作ドラマ「やまとなでしこ」が再放送されたということで、押尾学事件の熱りも冷めてきた印象でありました。

しかし、今になって、押尾学さんに対して、ある疑惑が出ました。

それはある週刊誌が2015年に出したネタが元となっています。

それは日本の元総理大臣である森喜朗氏の息子である森祐喜氏との関係と、当時の事件の真相です。

押尾学と森喜朗の子供・森祐喜の関係

押尾学さんの事件といえば、六本木ヒルズにて、飲食店に務める女性と薬で如何わしいことをして、その最中に女性が亡くなってしまったという内容です。

実は亡くなった女性・田中香織さんを巡って、意外な人脈があったことが明らかになっています。

それは田中香織さんと森喜朗さんの息子である森祐喜さんの関係です。

この二人の繋がりは世間に知られるべきではない関係ではありましたが、そのことを押尾学さんは知っているということです。

亡くなった香織さんと森祐喜の写真が存在する?

森祐喜さんは事件の1年後の2010年に急性すい炎による多臓器不全で46歳の若さで死去されています。

森祐喜さんは押尾学さんの事件の際、2期目の石川県議で、押尾さんと交友関係を持つひとりとして名前が挙がっていたのです。

さらには、亡くなったホステス・田中香織さんと、祐喜氏が一緒に写った写真が存在するそうです。

また、田中香織さんが出入りした銀座のクラブに、当時押尾学さんと森祐喜氏が常連だったとの証言もあったそうです。

一部では、「事件当時一緒にいたのではないか?」という疑惑が浮上したこともあったそうです。

森祐喜の死因にまつわる噂

森祐喜さんは生前からイマイチな評判が多くありました。

大学をなんとか卒業後、六本木界隈で豪遊など、週刊誌のネタにされることが多くありました。

押尾学さんの事件の現場にいた噂が出ていましたが、それ以前には飲酒運転で小松市のコンビニ突っ込む事故で逮捕、森祐喜本人も薬物依存が取り沙汰されていました。

2011年に46歳の若さで亡くなりましたが、死因は入院先の病院で、急性膵炎による多臓器不全でした。

一部では長年の薬物接収による中毒死だったのではないか?という噂まで出ていました。

今でも押尾学が裕福なのは口止め料が収入源になっているから?

大きな事件をして逮捕され、家族も仕事も失った押尾学さん。

某週刊誌では悲しい現在の姿を語るインタビューなども掲載されました。

しかし、実際の押尾学さんの生活は少し違うみたいです。

普通の出所者であれば、地味な生活を強いられるところ、押尾さんの場合は横浜のキャバクラに出入りするなど派手に活動していたのです。

さらには、白昼堂々、新恋人とのキスを撮られたこともありました。

なぜ、仕事もない押尾学さんがいまだに派手な生活ができるのか?

これは先ほど紹介した森本総理の息子との関係があるからだと、週刊誌は報じてます。

週刊誌では、

「元首相の側近から、押尾のタニマチだったパチンコ業界関係者を通じて、2億円の“口止め料”が払われた」

と書かれており、これが事実だとすると、出所後の押尾さんの派手な生活も納得です。

さらには、現在も口止め料をもらっているとの噂もあります。

「ことあるごとに押尾のそばにいて飲食代を支払ったりもしていて、高級マンションの部屋とかも与えている人物がいる」

 出所後の押尾の動向を追った週刊誌記者によると、この後援者は「Sさん」と呼ばれる40代の男性で、ゴミ処理事業などを手掛ける実業家だという。

「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているようで、それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」引用元:Yahoo!ニュース

このことから、押尾さんを陰で支えると見られる「Sさん」が、当時の政治家の秘書だったということで、

「もしかすると口止め料を小出しに支払う役目なのでは」

という疑いがでたみたいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事