小笹大輔さんといえばOfficial髭男dismきってのイケメンギタリストであります。

当初はアイドル人気のイメージがありましたが、既婚者になった今も衰えない人気を誇り、ミュージシャンとしての実力を示しました。

ヒゲダンの音楽はピアノがメインで、ギターはあまり目立ちません。

それ故に小笹大輔さんのギタリストとしての技術力などはわかりにくいです。

実際の小笹大輔さんはギターが上手いのもはもちろん、作詞作曲能力も素晴らしく、さらには歌が上手いというアラの少ない優秀なミュージシャンであります。

小笹大輔のギターの実力は上手い?下手?実際の技術評価

Official髭男dismは「ピアノポップバンド」と呼ばれるように、ギターなどの弦楽器が主役ではないバンドであります。

ギター担当の小笹大輔さんの目立たないギターの音に対して、技術的に疑問を持つのも無理はありません。

ボーカルが主体のミスチルのギター・田原健一さんだってデビューして30年経ってもギターの実力が疑問視されてるぐらいですので。

テレビメディアで演奏される有名曲Pretender』などでは確かに小笹大輔さんのギターは目立ちませんが、フェスやライブでは小刻みに様々なフレーズを絡め初見の方を驚かせます。アコギだって緩急自在に弾くことができます。

レコーディングもスタジオミュージシャンに頼らず全部自分で弾いています。

大きなステージに立つプロのギタリストに必要な技術スキルはしっかりと網羅されています。もちろん早弾きなどの腕前に関しては未知数でありますが。

ヒゲダンというバンド自体が演奏力で高評価を得ているので、そのバンドのギターである小笹大輔さんが下手なわけないですよね。

実は小笹大輔は歌が上手?コーラスやソロが見事

小笹大輔さんがバンドに貢献してるのはギターの演奏力だけではなく、コーラスでも素晴らしい歌唱力を発揮してます。

これは小笹さんに限らず、Official髭男dismの楽器隊のほとんどが歌が上手でコーラスまで良いのです。

「旅は道連れ」という曲ではボーカルの藤原さん以外のメンバーの歌声が聴けるのですが、みんな上手です。

小笹大輔さんは「道は道連れ」では2番の歌い出しの「もっと あぁなりたいとか」の部分を歌唱していますが、他のバンドだったらボーカルを担当しててもおかしく無いほどに聴きやすくて上手です。

バンドの公式チャンネルがYouTubeに音をアップしてるので、気になる方はぜひ聴いてみてください。

小笹大輔の作詞作曲の才能。今後はソロ活動もありえる?

ヒゲダンで一番のイケメンでありながらも、実はギターも歌も上手な小笹大輔さん。

彼の魅力はそれだけでなく、作詞作曲に自分なりの世界観があるということです。

これまでヒゲダンの曲で世に出てる曲で小笹さんの曲はまだ少ないです、どの曲がファンに好評です。

小笹大輔が作詞作曲した「Rowan」「Bedroom Talk」の評価

メンバー最年少で可愛い弟分のようなイメージのある小笹大輔さんですが、本人が作る曲はとても大人っぽくて、渋いです。

これまでにヒゲダンのアルバムに収録された小笹さんの曲は「Rowan」と「Bedroom Talk」の2曲ですが、いずれもファンから好評を得てます。

まだ2曲しか聴いてないので、おおよその才能は未知数ですが、歌もうまくて華もあるということで、今後小笹大輔さんがソロとして世に出る可能性も少なからずあります。

ただ、バンドが仲良しな上にお利口さんばかりなので、ソロをやる暇もなくずっと順調そうですが。

Official髭男dism・小笹大輔の使用ギターと機材。メインはジャズマスとテレキャス

小笹大輔さんの愛用ギターといえば、フェンダーの60年製ジャズマスターのイメージが強いですね。

あのテレキャスはバンドが「Pretender」をヒットさせた時期に入手したそうです。

「さとっちゃんがとんでもない曲かいてくれたので、とんでもないギター手に入れました。1961 Fender Jazzmaster 今日の収録からバチバチ弾き込んでいくぞー!」2019年4月17日Twitter

同じく60年製のテレキャスターも愛用しており、主にジャズマとテレキャスが小笹さんのメインギターと言えます。

過去のインタビューでも小笹さんは自身の愛機について、

リード・ギターは61年製のジャズマスター、バッキングは60年製のテレキャスターという2本で全曲録りました。テレキャスターのほうは、まさにロベン・フォードどんぴしゃの音(笑)。ライブでは、こっちをメインとして使っています。

と仰ってます。

しかし、ライブやレコーディングで使用してきたギターはその他たくさんあり、ピンポイントで登場して2度と再登場してないギターもあったり、かなり雑食な印象です。

エフェクターの関しても本人が工学に詳しい事情で自作することもできるそうで、メーカーやブランド名に捉われない音作りをされている印象です。

小笹大輔の使用ギターと機材(アンプ・エフェクター)

Fender Jazzmaster ‘61 エレキ ブリッジはレトロ•トーン•ピックアップ製のHeavy Duty Brass Saddle に変更
Fender Telecaster 60’ エレキ ジャズマスと同じくメインにしてるヴィンテージギター。
Gibson ES-355 エレキ
Gibson LP ‘55 エレキ 金色。オンラインライブで使用。
Fender ST ’63 エレキ
TB Guitarworks TC エレキ
RS Guitarworks TL エレキ イエスタデイ のMVで使用。「Trailer」の演奏動画を上げた時にも使用。
Jimmy Wallace LP special エレキ 赤色のセクシーなギター。今でもたまに使う。
Addictone ST エレキ ピンク色の可愛いギター。
Boss Axe LP-Type エレキ
momose MC1-STD
エレキ
PRS P22
エレキ 初期の頃に使用。現在は不明。
Fender Custom Shop Michael Landau signature 86
エレキ 2013年に発売したMichael Landau の シグネイチャーモデル。
Jimmy Wallace LP type
エレキ
Addictone JM
エレキ
Fender paramount PM-1
アコギ 初期頃に愛用。
Raimundo 646PE/S
アコギ オンラインライブで使用。
Gibson j-50 1964
アコギ
Gibson j-45
アコギ
Guild
アコギ(12弦) pretenderのアコースティックバージョンの時のみの使用。
Bogner Shiva
アンプ  
DigiTech Whammy ピッチシフター  
Fulltone Clyde Wah ワウペダル  
BOSS DD-500 Digital Delay 多機能ディレイペダル  
JHS Pedals Charlie Brown Over Drive  
Line 6 M5 Stompbox Modeler マルチエフェクター  
Maxon cs-550 コーラスペダル  
BOGNER HARLOW ブースター  
Wampler Pedals Ego Compressor コンプレッサー  

小笹大輔の猫のギターストラップは市販で買える

生粋の猫好きとして知られるヒゲダンの小笹大輔さん。

実家の猫を自慢するためにインスタグラムを開設したほどに、猫への愛情は深いです。

そんな小笹さんはライブなどで演奏する際のギターストラップも猫のデザインなのです。

いろんなデザインを展開してて人気の「Couch Guitar Strap」のアイテムです。

特注とかではなく市販で普通に買えます。

プロがライブで使うほどのストラップなので値段はそれなりにしますが、作りがしっかりしててデザインも可愛くて、やはり物は良いですね。

おすすめの記事