スポンサーリンク

夏になるとジュディマリのOver Driveが聴きたくなるのは80年代生まれあるあるですね!

あの曲の歌詞を自分なりに紐解いでみると、甘酸っぱい青春の匂いがしますが、どこか不純な略奪っぽいニュアンスもします。

それとは関係ありませんが、YUKIさんが2000年に結婚した現在の旦那の真心ブラザーズのYO-KINGとの馴れ初めが、なんと略奪愛であったという良からぬ噂がありますね。

当時、ユキさんもYO-KINGさんも初婚だったとは思いますが・・・。

ちなみにYUKIさんの旦那のYO-KINGおよび、所属する真心ブラザーズのプロフィールを一応載せておきます。今の若い子は知らないかもしれないので。

YO-KING(倉持洋一)はどんな人?プロフィール

YO-KINGさんは東京出身で、さらには早稲田大学を出ているということでYUKIさんとは境遇がかなり異なる方です。

氏名:倉持陽一(通称:YO-KING)
生年月日:1967年7月14日
出身地:東京都豊島区
血液型:AB型
職業:歌手
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

90年代にかなり活躍された方で、ソロで活動したり、たくさんのプロジェクトに引っ張りだこだったり、音楽家としての需要は凄まじい方です。

所属するバンド「真心ブラザーズ」のプロフ

真心ブラザーズは今年2019年で30周年を迎える、非常に歴史のあるユニットです。

早稲田大学の先輩と後輩から生まれ背景があるため、ハイスペックな印象のあるバンドです。

80年代後半にバラエティ番組「パラダイスGoGo!!」にて勝ち進む為に結成され、番組で活躍してからは「うみ」でデビューし、世間でも知られる存在となりました。

様々な番組などでタイアップが決まり、90年代は楽曲の露出が多くありました。音楽が好きな人であれば誰でも知ってるような存在でした。

2001年に一時活動休止を経て2005年に活動再開。現在までにシングルとアルバムをリリースし続け、バンドとしての活動は健在です。

長く音楽業界にいることから繋がりが広く、大きなフェスからマニアックな企画まで顔を出すことが多い変わったバンドです。

スポンサーリンク

YUKIと旦那・YO-KING(真心ブラザーズ)の馴れ初め

YUKIさんとYO-KINGさんが結婚したのは2000年の9月30日でした。

当時、YO-KINGさんは33歳でYUKIさんは28歳でした。

入籍した9月30日から約一週間後の10月6日に東京・文京区のホテル・椿山荘で両家の家族と友人を招き、挙式と披露宴を行いました。

二人の馴れ初めは1992年です。92年にYUKIさんは初めて真心ブラザース及びYO-KINGさんに出会います。

当時、ユキさんは20歳でYO-KINGさんは25歳でした。

YO-KINGさんの30分の深夜ラジオにて共演されたのです’。

そして初めてユキさんが真心ブラザーズのライブを鑑賞したのが1994年の8月です。

初対面から約2年後にミュージシャンとしてのYO-KINGさんの魅力に気づいたということでしょうか。

さらに、その約1年後の1995年の4月に真心ブラザーズの新曲シングル「スピード」のカップリング曲である「キモち E」にてYUKIさんがゲストボーカルとして参加されます。

この時点で、YO-KINGさんもユキさんも互いの音楽の才能を認め合う間柄だったとわかります。

二人が交際宣言をしたのは前年の1999年なので、多くのファンがとんとん拍子に結婚まで話が進んだことに驚きました。

初対面は人として好きで、その後にライブを見てミュージシャンとしても好きになって、さらにその後にゲストボーカルとして一緒に仕事をして、その数年後に交際宣言したと考えると流れが綺麗ですね!

二人のミュージシャンとしての交流を知らない人は交際から1年だけのスピード婚のように思うかもしれませんが、実際は友人として仲良くしてた時期が長いのです。

簡単に付き合って結婚したというわけではありません。

事実、結婚して以降は夫婦でずっと仲良くされています。

ミュージシャン同士の結婚はすぐに別れる傾向にありますが、ユキさんとYO-KINGはそんなことありません。

互いに自分のことを分かった関係でスタートした仲であったからこそですね!

YO-KINGは彼女がいたがYUKIが略奪?

一部ではユキさんはYO-KINGさんを略奪する形で結婚まで漕ぎ着けたという噂があります。

YO-KINGさんには元々、学生の頃から交際していた彼女がました。

前の彼女からユキさんがYO-KINGさんを奪ったパターンなのか、それとも交際当初からYO-KINGさんが二股だったのか、内情はわかりません。

ただ言えるのは、ユキさんとYO-KINGさんの交際が始まった99年前後は、ユキさんが所属していたジュディマリがバンド内でゴダゴダが多く、仕事での悩みが多かったことです。

98年から99年にかけてのYO-KINGさんはユキさんを友人として支える時間が多かったそうなので、学生時代からの彼女と揉めたのではないでしょうか?

意図的に略奪したというよりも、心に余裕のないユキさんが頼りにしたYO-KINGさんにたまたま彼女がいて・・・結果的に略奪っぽい形になってしまったということですね。

YO-KINGとYUKIが離婚する可能性

すでに結婚して20年経っている二人。

これまでに浮気や離婚の危機のような報道はありません。

交際が始まって結婚したばかりの時期は、ユキさんのジュディマリの崩壊や、出産した長男の死去など、辛い出来事が多くありました。

最初の方に辛いことをいくつも一緒に乗り越えたということもあってか、その後に多少嫌なことがあっても耐えられたのではないでしょうか?

一緒に苦しんで一緒に強くなていったような印象があるので、個人的には絶対に別れない夫婦であってほしいですね。

ユキとYO-KINGのまとめ

・馴れ初めは92年のラジオ共演以降の親交

・交際から結婚までは短いが友人としての時間が長い

・略奪愛ではないがジュディマリがボロボロだった98年から99年に急接近してそのような形になってしまった。

・今後も離婚する可能性は低い

スポンサーリンク
おすすめの記事