スポンサーリンク

新型ウイルスの影響は計り知れず、日常生活や娯楽に対する見直しの機会にもなっているようです。

学生は早めに春休みに入ったということで、長く家にいることに。そこで活躍してるのはゲームです。

少し前に香川県でゲームのプレイ時間を取り締まる条例を作ることが検討されていましたが、その条例がまさか通ってしまいました。

あまりにも変わった条例ということで、頭がついていきません。

基本的にはゲーム依存を防ぐための条例だそうです。

香川県 ゲーム依存症対策可決

ゲームの対策が可決されたのは3月18日の午前です。

実際開始は4月1月からになるそうです。

今の所、香川県に限った条例になりそうです。

18歳未満のインターネットやゲームへの依存を防ぐことを目的にした「ネット・ゲーム依存症対策条例」が18日午前、香川県議会で可決、成立した。「ゲーム時間は1日60分」などと家庭内で守るルールの目安を規定。罰則はないが、努力義務として求める。同様の条例は全国初で、4月1日施行される。

 条例は依存防止に向けた県や学校、保護者の責務を規定。家庭内ルールの目安として▽18歳未満のゲーム時間は1日60分(休日は90分)まで▽小中学生以下は午後9時、高校生などは同10時以降、スマートフォンなどの使用を控える――の2点を示し、子供が守るよう保護者に求める。

 県議会は2019年9月に検討委員会を設け、制定準備を進めてきた。「家庭への介入」などと批判もあり、提出した条例案は素案から一部を修正。「スマートフォン使用などの制限」を「家庭におけるルールづくり」に、使用時間の「基準」を「目安」にそれぞれ改めた。【金志尚】引用元:Yahoo!ニュース

昨年の段階で検討されていた条例ではありましたが、こんなにも早くに通ってしまうなんて、香川県に住むゲームユーザーはびっくりですね!

一応は18歳未満の未成年を対象にしてるということで、大人ユーザーは守られましたが、ゲーム好きの学生にとっては悪夢のようなルールです。

スポンサーリンク

パブリックコメントでは賛成派が多かった

県が勝手に決めた条例ではなく、しっかりと県民の声も聞いていたそうです。

意見公募では、賛成派の意見が多数だったそうです。

その公募に応募する人の層から考えてみると、未成年には不利な状況であったのは確かですね。

きっと子供を抱える親や、その他の大人の意見が多く反映されたことでしょう。

12日に非公開であった香川県議会の「県ネット・ゲーム依存症対策条例」検討委員会の内容が、県議らへの取材でわかった。条例の素案へのパブリックコメント(意見公募)で賛成が多かったのを理由に採決が促され、事前に準備した条例案をそのまま決めていた。条例案は18日の本会議に提出され、可決される見込み。

 検討委は県議14人で構成され、自民党県政会7人、リベラル香川3人、自民党議員会2人、公明党議員会1人、共産党議員団1人。委員長の大山一郎議長と副委員長はともに県政会だ。

 12日は、県議会事務局がパブコメの概要を説明する冒頭の30分だけが公開された。事務局は賛成2269件、反対401件などと賛否別に説明。賛否を問うものではないパブコメでは、異例のやり方だった。

 複数の県議によると、事務局の説明に続く非公開の討議で、「パブコメを精査したい」「この場で意見をまとめるのは難しい」と、慎重な議論を求める声が上がった。

 しかし、県政会の委員の一人が「(パブコメは)賛成多数だから、もう採決してはどうか」などと発言。議論は約20分ほどで打ち切られ、修正案が賛成多数で可決された。

 修正案は、平日60分とする子どものゲーム時間を「基準」から「目安」などに変えたもの。事前に用意され、一部の委員には前日までに示されていた。採決を促したとされる委員は取材に、「非公開なので答えようがない」と話した。

 パブコメをめぐっては、県内の市議が、賛否を選ぶ欄を入れた自作の用紙を知人らに配り、約50人分をまとめて提出していたことが分かっている。

 パブコメの原本は、検討委の委員にも示されていない。複数の会派が公開を申し入れているが、大山委員長から17日、「個人情報の黒塗りが間に合わない」などとして、本会議終了後の18日午後1時から閲覧できると回答があったという。

 議員会と共産党の2会派は16日、「県民に疑念が持たれたまま制定することは避けなければいけない」とし、大山委員長に詳細な内容の公開を申し入れた。リベラル香川も17日、同じ申し入れをした。引用元:Yahoo!ニュース

近年、若者の投票率の低さが懸念されていますが、ぼーっとしていたら嫌な法案も通ってしまうという危機感を勉強するのは良い機会だったと思います。

ちなみにネットの若いユーザーからは複雑な意見が多く出ています。

香川県 ゲーム依存症対策可決への反応

・何かが変わるか?

・具体的にどうやって取り締まるのさ。無断ダウンロードと変わらん

・これって捕まるのか?誰かが通報することはあるのか?

・応募したのは親ばかり説

スポンサーリンク
おすすめの記事