ジャニーズの大御所タレントの不祥事が多くなっている中、同事務所の中でブッチキリの幸福度を誇るのがV6ですね。

V6の二枚目エース・岡田准一さんは2017年の12月23日に女優の宮崎あおいさんと結婚したことを発表しました。

翌年の2018年の10月には第一子の男児が誕生し、三人家族で幸せに暮らしています。

SMAPメンバーが豪邸に住んでいるのは世間も承知ですが、その後輩のV6のメンバーはどのような場所に住んでいるのか気になりますね。

調べてみると、岡田さんと宮崎さんが一緒に住む自宅は世田谷に位置する大きな一軒家であることがわかりました。

V6岡田准一と宮崎あおいの自宅。住所は世田谷で値段は5億[画像]

現在、岡田准一さんと宮崎あおいさん夫婦が住む豪邸は、都内でも有数の高級住宅地、世田谷区岡本、というところです。

富士山が見える一等地で、土地代だけでも3億はし、建物を含めると5億の豪邸だそうです。

広さも凄いですが、デザインも凝ってますね!

100坪の土地に、地上2階、地下1階の建物。1階は42坪、2階は25坪、地下は最も広い45坪です。

そして何よりも特徴的なのは、土地の半分が庭ということです。庭には松や紅葉などの木々が植えられています。

若い夫婦が建てるにしては和風というか、イメージとは全然違います。

コンクリート壁の外側に金属が格子状に組まれ、まさしく鎖かたびらのような見た目が衝撃的です。

この豪邸を巡っては、建てた当時にネットニュースで大きな話題となっていました。

岡田准一と宮崎あおいの自宅デザインへのこだわり

この岡田准一さんと宮崎あおいさんの新居は2017年8月に建築を開始したそうですが、当時は宮崎の出産と同じ2018年10月の完成予定という話でした。

しかし、豪邸の建築予定地から遺跡が見つかり一時は建設中止になりました。

また、夫婦の新居のデザインなどへのこだわりが強すぎたせいもあってか、工期が大幅に遅れてしまったそうです。

庭の中央部には高さ5メートルはある松の木を植え、建物も木造にこだわったそうです。

土地の半分が庭になっているのは、緑が好きな宮崎あおいさんのこだわりも詰まっていることが理由だそうです。

樹齢数百年の高級な木材を贅沢に使った住宅で、外は城壁のような塀に囲まれており、まるで戦国時代の上流武士や貴族が住んでそうな屋敷です。

お金と時間をじっくりと注ぎ込んだ豪邸

夫婦の豪邸の場所は、緑あふれる都内屈指の高級住宅街です。

世田谷はただでさえ一流芸能人や企業の重役も邸宅を構え高級住宅街です。

その中でも自宅の場所は富士山が望める高台という好立地です。

土地価格だけで3億円で、建物を合わせると5億円はするとされています。

こだわりが強くて工期が遅れていたそうですが、予定通りに完成しないことが分かった以降は、焦らず、ゆとりを持って建ててもいいと、じっくり考えて立てたそうです。

岡田准一が時代劇にインスパイアされてる?

岡田さんといえば、時代劇映画『燃えよ剣』で主役の土方歳三を演じました。

撮影の立ち回りシーンは、岡田さん自身がアクションの指導をしていたそうです、まさに役者と指導者の二刀流だでありました。

岡田さんはブルース・リーが創始した格闘術『ジークンドー』やハリウッドアクション映画で取り入れられている『カリ』、また初代タイガーマスクの佐山聡さんが創設した『USA修斗』のインストラクター資格も持っているほどです。

武道の世界を通じて、自身の世界観も広がったことでしょう。

おすすめの記事