今ではGLAYのヴィジュアル担当となっているHISASHIさん。

HISASHIさんのミステリアスな雰囲気とJIROさんのイケメン度がなくなったら、GLAYの印象はガラッと変わってしまいます。

かねてからインドアな趣味が多いことを公言していたHISASHIさんですが、近年はニコ生の配信や自身のYouTubeチャンネルで、自分の趣味に没頭する姿を多く拝見するようになりました。

あまり喋りすぎるとHISASHIさんのミステリアスな雰囲気が壊れてしまうのではないか?と心配になりましたが、むしろ趣味のセンスが洗練されていて、喋るほどこだわりがあって素敵な人であると分かります。

今日はHISASHIさんの有名な趣味の車と、その趣味を支える収入について考察を書いたみたいと思います。

HISASHIの歴代の愛車。高級車から庶民的な車まで

過去にHISASHIは雑誌で自分の乗っている車を紹介していました。

また、おぎやはぎさんの番組「愛車遍歴」にも何度も出演されています。

これまでに把握できている範囲で、HISASHIさんの愛した車たちをまとめてみました。

  • 1991年 19歳 ダイハツ シャレード
  • 1997年 25歳 ランチア デルタ HF インテグラーレ 16V
  • 2000年 28歳 プジョー 306
  • 2001年 29歳 ポルシェ 911 カレラ4
  • 2003年 31歳 三菱 ランサーエボリューションⅦ GT-A
  • 2004年 32歳 マツダ RX-7
  • 2006年 34歳 ポルシェ 911 ターボ
  • 2008年 36歳 ランボルギーニ ガヤルド
  • 2010年 38歳 フェラーリ カリフォルニア
  • 2013年 41歳 ランチア デルタ コルサ9
  • 2016年 44歳 アルファロメオ 4C
  • 2020年 48歳 マツダ サバンナRX-7(FC3S)

HISASHIの歴代の愛車:ランボルギーニ ガヤルド

やはりはロックスターという高級車です。

ランボルでは一番売れてる車種ではありますが、HISASHIさんの場合はかなりオプションを入れてることだと思います。

HISASHIの歴代の愛車:ポルシェ 911ターボ

こちらもイメージにぴったりですね!

ポルシェはカラー選びで性格がでますが、ホワイトというのはシンプルでありながらも最も洗練されたカラーで、HISASHIさんらしいです!

HISASHIの歴代の愛車:マツダ RX-7

以前にYouTubeなどで運転してる姿を公開した車です。

マツダの人気の車種でありましたが、現在は製造されていません。

現在も中古市場で人気ということで、カスタムパーツなども変わらずに売れています。

HISASHIさん的には細部の作りはそこまで良くないとか。

HISASHIの歴代の愛車:ランチア デルタ HF16V エボリツィオーネ2

HISASHIさんが乗っているのは日本のデューラーがカスタムした限定モデルだそうです。

雑誌にも紹介して「愛車遍歴」でも紹介していました。

おそらくHISASHIさんのお気に入りの1台だと思われます。

HISASHIの歴代の愛車:三菱 ランサーエボリューションVII GT-A

かなり意外な車です。

スポーツセダンという、世の中にあまり浸透しなかったジャンルの車です。

現在は製造が終わっております。

HISASHIの歴代の愛車:フォルクスワーゲン ゴルフ

HISASHIさんが十代の頃に初めて買った車です。

18歳の頃に免許を取って、この車が欲しくて必死にたくさんのアルバイトをしたそうです。

結果的に購入するまでお金を貯めることができたという点、HISASHIさんは一般人時代から努力で欲しいものを手に入れる有能な人間だったということが分かるエピソードだと思います。

HISASHIが次に狙ってるのは憧れの「ルノー 5(サンク)ターボ」

過去から現在までに様々な車を乗りつぶしてきたHISASHIさんですが、まだまだ憧れを網羅した訳ではないようです。

HISASHIさんが昔から憧れ、まだ所有していない車もあるのです。

そんな憧れの1つが「ルノー5 ターボ」です。

すでに生産が終了しており、世の中に出回ってる台数が少ない車です。

中古市場でも高値で取引されており、状態の良いものはすぐに売れてしまいます。

HISASHIさんクラスであれば、人脈を使って押さえることもできそうなので、わりとすぐに手に入れちゃうのではないでしょうか?

HISASHIは超お金持ち!ギャラ・収入・年収は億余裕超え?

HISASHIさんの過去と現在の愛車を見ていると、やはり国民的バンドのギタリストは儲かるなと思います。

一応は庶民的な言動が多い方ですが、ひけらかさないだけで、なかなか良い生活をしてることでしょう。

では、HISASHIさんの具体的な収入や年収はいくらぐらいになるのでしょうか?

全盛期の頃に、多くの楽曲の作詞作曲を担当していたTAKUROさんは、当時の年収は20億以上あったと語っています。

その後もカラオケの定番曲などを多く制作し、現在は名曲の恩恵だけで、動かなくても年収は億単位だと言われています。

HISASHIさんも曲数は少ないですが、作詞作曲もやられますし、アレンジや編集にも関わり、しっかりと印税をもらっております。

GLAYは未だに数万入るアリーナ会場を最安値8000円から10000円の各種の席をソールドにしてます。

それを何本もこなすので、ライブがある年の年収は余裕で億超えると考えられます。

さらにはYouTubeのチャンネルも大人気で、登録者数や再生数から計算すると、どんぶり勘定で月に200万以上はあると考えられます。

HISASHIさんの年収は、何もしなくても数千万は余裕であり、大型のライブツアーなどがあれは億は余裕で突破することでしょう。

HISASHIはロレックスの腕時計におしゃれな自宅

現在のHISASHIさんはYouTubeなどで私生活の一部を公開してます。

ファン的にも最も嬉しいのは、HISASHIさんの自宅の内部が見れることですよね。

動画の中で見ることができるHISASHIさんの部屋は、デザイナーズのマンションか注文物件であることを確信させるほどのおしゃれ度です。

ギター演奏の部屋など、置いてある機材が凄まじいです。プロなので当たり前かもしれませんが。

たまに映る家具や小物も高級品ばかりで圧倒されます。

たまにつけている時計も基本的には高級ブランドばかりです。

HISASHIさんはロレックスを筆頭に多くの高級ブランドの時計を所有してるそうです。

今後、動画のコンテンツの幅が広がれば、もっと車や時計や家具などいろんなジャンルの話を聞くことができることでしょう。

 

おすすめの記事