GACKTさんが幼少期の頃から体が弱く、成人した後も入院を繰り返していたことはファンの間では知られています。

ファンがGACKTさんの魅力として語るモノの1つに、実は持病があり病弱ながらも、トレーニングや食事を徹底させて勇ましく活動されていることです。

過去に何回か、GACKTさんの急な高熱や入院が報告されたことがありました。

しかしながらも、近年のGACKTさんの活動を見てると、その病弱ぶりを実感できる機会が減りました。

禁煙して、トレーニングも変えて健康体になったと思われた矢先、まさかの無期限での活動休止を発表されました。

2021年の8月頃から体調不良を訴えており、多くのファンが心配していましたが、その心配が的中してしまった格好です。

GACKTの持病は「てんかん」か?神経系疾患の病気と名前

2020年からGACKTさんの新型ウイルス関係の発言があり、年を超えた2021年にはウイルス感染を軽視したような発言をしてしまい炎上していました。

8月頃から体調を崩すと、多くの外野が、実は本人が感染してしまっているが、これまでの発言があるが故に、あのプライドで言い出せないのではないか?という憶測が出てしまいました。

しかし、GACKTさんが体調を崩した理由はウイルス感染ではなく、幼少から抱える病気に関連したことでした。

歌手で俳優のGACKTさん(48)が持病によって発声障害になり、海外で治療に専念するために芸能活動を無期限で休止すると、所属事務所が8日、公式サイトで発表した。

発表によると、GACKTさんは8月6日に海外から帰国後、体調の悪化を訴え、容体が急変。「幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命に関わる状態に陥った」という。

体重が約10キロ減ったが、現在の容体は安定。しかし、発声に障害が生じており、声を出す仕事はできないと医師が判断した。今後は「主治医がいる海外に戻り、活動再開に向けて治療に専念する」としている。

ただ、報道の中で具体的な病名は報じられておらず、相変わらずウイルス感染を疑う方もいるみたいです。

GACKTさんのエージェントはウイルス感染ではないとハッキリ公言しているので、その説は流石に憶測でしかないとされます。

しかし、気になるのはGACKTさんの病気の名前です。

幼少の頃から抱える神経系疾患の持病とは、どのような病気なのでしょうか?

これまでのGACKTさんの生活習慣や仕事ぶり、そして今回の報道の中で分かる症状から、「てんかん」という病気の説が有力になっています。

GACKTの持病だと予想される「てんかん」とは何の病気?

そもそも神経系疾患とは、どのような病気なのでしょうか?

調べてみると、中枢神経や末梢神経などに障害が起こり、たくさんの症状を起こす病気のことで、病気が重い場合「歩行が困難になる」「思うように話せなくなる」などの症状が起こる可能性があるそうです。

有名な病気にはてんかん、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、血管性認知症、パーキンソン病
などがあります。

今回、GACKTさんの病気だと予想されている「てんかん」は、脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気で、神経系疾患の多くがてんかんの症状であり、世界で4,000~5,000万人、日本では、60万~100万人の患者さんがいるそうです。

昔から体調不良が多いGACKT。コロナ説は嘘である

少し前にGACKTさんがコロナの陰謀説をネット配信で話したことで、

・実はコロナ感染したけど言えない

・陰謀説の発言で圧力で消されかけた

などなどの疑惑が出て、体調不良やら持病やらは嘘だという説出ました。

 

 

GACKTの発声障害などの今後。病気の容態と復活の時期は?

多くの方がネット上でGACKTさんの病気が「てんかん」ではないか?と憶測されていますが、実際にGACKTさんサイドが公言したわけではありません。

もちろん、別の病気の可能性だってあります。

仮にGACKTさんがてんかんだと仮定して、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」が主な症状としてあるということで、体調が良くなって復活したとしても、仕事の現場で急に様子がおかしくなる可能性もあります。

GACKTさんの活動休止の報道が出てから、ホームページでは本人のコメントが提示されました。

期待されているヒット作「翔んで埼玉」の続編の撮影、そしてファンと約束した新譜アルバムのレコーディングと、伴うライブツアーなど、今後しっかりと実現すると宣言してます。

過去にGACKTさんは何度も同じようなパターンで倒れたことがあるようなので、ファン的には、その約束は守ってくれると信じていることでしょう。

これまでファンしか知らなかったGACKTさんの一面が世間に大きく出てしまったということで、本人的にやりにくくないか心配ですね。

おすすめの記事