ここ数年間、何かと話題になっていたGACKTさんの仮想通貨・スピンドル(別名・ガクトコイン)。

このガクトコインを巡って違法営業で逮捕だ、野田聖子さんと仲良しだから怪しい会社なのに金融庁に登録できたんだと、コンスタントに騒がれてます。

正直、色々と意味がわからない部分が多いと思うのでなるべく簡潔に、事の経歴と、GACKTさんの一体何がいけないのか?ということなどを振り返ってみたいと思います。

GACKTの仮想通貨「スピンドル(通称ガクトコイン)」とは何だったのか?

GACKTさんは2017年の年末に仮想通貨事業に参戦することを公表し、これまで非公開だった本名「大城ガクト」の名義でブラックスターのコアメンバーの一員になったことを明らかにしました。

GACKTさんがメンバーになったブラックスターは、「スピンドル」というプロジェクトを発表し、仮想通貨事業の計画が明らかにされました。

スピンドルはICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼ばれる新規コイン発行による資金調達プロジェクトのことで、この通貨で資金が集まり次第、多くの事業を計画してますよというものです。

スピンドルは主に最初の投資で資金が集まり次第、ZETAと呼ばれる独自のプラットフォームを元に、様々な事業を動かして価値を上げ、投資家に還元するというものでした。

ブラックスター=スピンドルの会社

スピンドル=「ICO」と呼ばれる新規コイン発行による資金調達プロジェクト

ZETA=個人投資家とヘッジファンドをマッチングさせる為のプラットフォーム

GACKTさんはスピンドルが動き出す手前にブログなどで仮想通貨の魅力や将来性について語っていました。

ガクトコインは詐欺ではなくただの失敗?ZETAが動く前に意気消沈

GACKTさんが広告塔として話題を集めたスピンドルは上場前に総額で200億円以上を集めました。結果的には220億を集めたとされてます。

しかし、2018年5月に上場すると大暴落。

上場前は最高で1スピンドル=200円の価格でしたが、現在の取引所での価格は1円以下で投資した方々に多額の損害を与えてしまったということです。

当時は詐欺だの言われて大変なことになっていました。

ちなみにGACKTさんは、上場後にスピンドルの価値が暴落したことについて、

1日の値動きで一喜一憂するやつは全部売っていいよ プロジェクトが始動してから文句言ってくれ まだZETAが実装されてないスピンドルに価値がないのは当然」

と言及されていました。確かに正論です。

ただ、その後もZETAが本格的に動き出すこともなく、スピンドルの価値も一円以下のまま低迷

一部ではGACKTらメンバーは、確信犯ですぐに売り抜いて大金を手にしたとの噂がありましたが、GACKTさんが上場後も真剣にスピンドルに関して言及していたことで、詐欺というよりもただの失敗だったのでは?ということです。(詐欺なら上場してすぐに逃げると思うので)

その後にGACKTさんはスピンドルの広告塔から外され、ブラックスターは日本のオフィスを閉鎖し海外に拠点を移してます。ネット上にある数々の関連ページが削除されたり放置されたりしてます。

シンプルな事業失敗ということで間違いないと思います。もしくはGACKTさんを巻き込んでの・・・という形の。

GACKTに仮想通貨の件で逮捕疑惑の理由は宣伝時期(違法営業)と野田聖子(金融庁)との関係

たびたびネット上で「GACKTって逮捕されないのか?」という書き込みが見れます。

そもそも、なぜGACKTさんが逮捕されると思ってる人がいるのか?

それは、これまでに報じられた週刊誌のネタが元になっています。

現在の時点で逮捕されていない時点で、ほとんどがガセネタが盛ったネタであったと見て良いでしょう。そうでなきゃ日本のインフラがヤバ過ぎです。

これまでに疑惑になったのは、GACKTさんがスピンドルを巡っての違法営業と資金決済法違反(無登録営業)の疑惑と、野田聖子さんの人脈を使っての金融庁への圧力の疑惑です。

前者は何となく想像できますが、後者は映画の世界ばりに非現実的ですね。野田氏はどれだけ偉いのですが。

週刊文春に金融庁登録前にGACKTが宣伝していた音声内容が報じられる

基本的に仮想通貨は金融庁に事業登録しないと宣伝をしてはいけないとされてます。

週刊文春では、GACKTさんがブラックスターが金融庁に事業登録される前に、スピンドルを大々的に宣伝していたとして、その証拠の音声と文章を報じ、違法営業か資金決済法違反(無登録営業)の可能性について触れてました。

参加者からの質問――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

GACKT「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」

参加者からの質問――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

GACKT「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。1月か2月以降は言えないって。今は言える。ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。この2年間で急にお金を持っちゃって。ただ、馬から車に変わる時代なので」

YouTubeでもGACKTさんが仮想通貨について説明してる音声がアップされ、紛れもなく本人の声でありました。

さらには会場にいるGACKTさんの写真も載せられていたということで、その日その場所でGACKTさんが音声の内容を語っていたことまでは事実のようでありました。

野田聖子と旦那とGACKTの関係。ジェムケリー・中野猛社長の関係。裏社会や圧力疑惑は絵空事

野田聖子さんとGACKTさんの関係は、GACKTさんの話題だけでなく野田聖子さんの政治的な話題の際にも触れられがちです。

もともと仲良しだったGACKTさんと野田聖子さんですが、スピンドルの事業を巡って金融庁に圧力をかけたとの内容のネタがありました。

野田聖子さんはその説については否定されています。仮に事実だったとしたらとっくに処分されてます。そんなことしたら政治家として終わりです。

さて、3人の写真が撮影されたのは2013年3月のこと。GACKTを挟んで野田氏の反対側に写る高市早苗前総務相の事務所に話を聞いた。

「当時、野田先生は総務会長で、高市は政調会長を務めていました。党本部の同じ6階にそれぞれ部屋があって『今、GACKTさんがいるから来ない?』と呼ばれ、高市は総務会長室に行ったとのことです」

じつは、野田氏とGACKTが蜜月の関係であることは、永田町では知られていたという。某自民党議員が明かす。

「宝飾品関連会社の経営者がGACKTプロデュースのジュエリーなどを販売しています。この経営者と野田さんの夫は親しく、野田さんが結婚後は、GACKTと野田家は家族ぐるみのつき合いになっていったようですね」

野田聖子さんとGACKTさんの関係は、野田聖子さんの旦那さんと、以前からGACKTさんのプロデュース商品に関わるジュエリー関係会社「ジェムケリー」の中野猛社長が仲良しだったということで、急接近したとされてます。

また、野田聖子さんの旦那さんが裏社会の人間だったという疑惑があるが故に、GACKTさんもそっち側の付き合いがあるのではないか?とされました。

野田聖子さんは、そのような事実を否定されていますし、事実だったとしたら政治家としてダメになっていると思います。

野球選手の糸井嘉男も仮想通貨に関係していた?

かつてスピンドルの説明会で配られた冊子に、野球選手の糸井選手とGACKTさんの写真が載せられていたそうです。

「『株でいえばインサイダー取引』という文言とともに、今後、価値が64倍~120倍になると謳う資料を見せられました。なぜかGACKTと阪神の糸井嘉男選手が写る写真つき。スピンドルの説明会に行けば、GACKTと直接会えるという話でした」

当初スピンドルは投資された資金でZETAが動かした後に、スポーツ関連の事業も計画されていたそうで、きっとその関連でしょうか?

写真的に2017年頃だと思うのですが、シーズンが終わった後だと考えると年末でしょうか・・・。

野球ファンは糸井さんが仮想通貨に投資し、損したのではないか?と心配してることでしょう。

GACKTが持病で活動休止した際「仮病で逃亡」「キプロスで暗号通貨ビジネス継続」「投資家に土下座謝罪」の疑惑や報道

2021年にGACKTさんは持病の悪化を理由に無期限での芸能活動休止をしました。

実はこの活動休止の際にも、過去のスピンドルを絡ませた報道や憶測も多く登場しました。

損した投資家たちから逃げるために仮病を使った、キプロスにいたのは仮想通貨関係だ、損した社長に土下座し、などなど。

GACKTの体調不良は嘘?仮病でスピンドルに出資した投資家から逃亡の疑惑

週刊誌にGACKTさんのスピンドルの代理店を任されていた男性の話が載っていました。

その人の話ではGACKTさんやブラックスター社の元社長、代理店とその投資家らでLINEグループを作っていたそうですが、スピンドルの価値が急落した際、多くの投資家が文句を書き込んだそう。

するとすぐに元社長によりグループから強制的に退会させられてしまったとか。結果的に当初は60人規模のグループが今では48人になってるそうです。

今回の体調不良は仮病で、投資家たちから逃げるためという内容の記事です。

この報道は無理が多いように思います。まず、GACKTさんは2018年の時点でスピンドルのメンバーから外されてて、現在は無関係です。もしLINEグループが存在するのであれば、GACKTさんもとっくに抜けてると思います。

話題になっていたGACKTさんの病気の報道と、何とか結びつけようと無理して書かれた記事なのかなと。

GACKTがキプロスに行っていた理由は暗号通貨のビジネス?

GACKTさんが体調を崩したのは仕事のために滞在していたキプロスから帰国した後だと報じられましたが、多くの方が「なぜキプロスにいたんだ?」と疑問に思ったことでしょう。

エージェント事務所によると、GACKTは8月6日、所用のため滞在していたキプロスから帰国。「体調が悪い」と訴え、その後容体が急変。幼少からの持病である神経系疾患がきっかけとなり、一時は命に関わる状態に陥ったという。

GACKTさんがキプロスにいた理由は仕事の関係だったそうですが、キプロスという国は過去に「キプロスショック」の際に、多くの国民がビットコンを買ったという歴史があり、現在も多くのビットコイン関連の大物がいるとされる国です。

もしかしたら、現在もGACKTさんは暗号通貨関係の仕事を続けているのかも?という疑惑です。

これに関しては本当かもしれませんね・・・。

スピンドルで大損した不動産社長にGACKTが土下座→その時期、GACKTは海外に行ってた

スピンドルに投資して大損した不動産の社長に、GACKTさんが直接出向き、土下座の謝罪をしたという内容の記事も出ていました。

GACKTさんの事務所は、その時期は海外にいたということと、大阪にったという記録もありませんと否定してます。

「大阪・北新地のクラブでその場に居合わせた音楽関係者の知人から聞きました。2019年の3月ごろ、スピンドルに約1800万円を投資した不動産会社の社長が、暴落を受けて『いったいどうなっているんだ』と問い詰めたようなんです。  

すると、GACKTが友人らを引き連れてクラブに謝罪に来たんです。関係者の目の前で『すみませんでした。俺が全部悪いんだ』と言って土下座までしたそうです」

 土下座での謝罪についてGACKTの所属事務所に確認すると、「その時期は海外に居て、来日した事実も大阪に行っていた記録もありません」と全面的に否定した。

週刊誌では事務所が否定したという部分まで書いてますし、記事全体が胡散臭いです。

そもそもガセネタでも良いからインパクトが欲しかっただけのように思えます。

おすすめの記事