鬼滅の刃で名を轟かせた美人声優の鬼頭明里さん。

かねてから男性ファンが多く、現在の活動はアイドル的人気の恩恵も授かっています。

そんな彼女は長く、彼氏がいないとされていましたが、先日「週刊文春」の報道の中で、同じく声優の保住有哉さんと交際していると報道されました。

保住さんもイケメン声優さんということで多くのファンを抱えて、両者のファンがネット上で悲鳴のような反応を残していました。

多くの方が嘘であって欲しいと切実に願っていることでしょう。

実際に文春で報じられた鬼頭さんと保住さんの交際報道の中身を振り返ってみましょう。

週刊文春の鬼頭明里と保住の熱愛報道。合鍵で朝まで自宅で過ごす?

・保住が慢性的に鬼頭の自宅に通う

・交際が始まったのは2020年の夏頃

・馴れ初めは声優仲間の紹介

・鬼頭さんが保住さんにアタック

・現在は保住さんが鬼頭にぞっこん

・保住さんは鬼頭の自宅の鍵を所持

・普段は保住さんが鬼頭の自宅に入り浸っている

・文春の突撃取材では互いに同棲も交際も否定

「鬼滅の刃」で、善逸は禰豆子に惚れていて、何度も禰豆子に猛アタックをしている。保住もまた、足しげく鬼頭の自宅に通っていた。2人が暮らす部屋同士は3キロほど離れているが、保住が鬼頭の自宅を訪れる際は決まってタクシーを使用し、自宅や仕事先から一直線に向かっていた。

「交際がはじまったのは今年の夏前、声優仲間の共通の友人に紹介されたことがきっかけだったようです。鬼頭さんが保住くんに惚れてはじまった恋だったのですが、今では保住くんのほうが鬼頭さんにゾッコンです。2人とも秋葉原散策やゲームが好きな陽気なキャラクターで、共通の趣味も多く、呼吸も合っている」(共通の知人)

取材班も、保住が友人と共に秋葉原の「メイド喫茶」や「コンセプトカフェ」をハシゴする姿を確認。保住は鬼頭の部屋の合鍵も所持しており、鬼頭が仕事で帰りが遅い日には、先に合鍵を使って鬼頭のマンションに入り、彼女の帰りを待つこともあった。

8月1日午後7時前には、保住が新宿歌舞伎町の雑居ビルにあるホルモン焼き店へはいった。10分後、周囲を警戒しながら鬼頭も店にはいり、2人は笑顔で肉を焼き、束の間の食事デートを楽しんでいた。

「連日多忙な鬼頭さんは少なくても1日3、4本の仕事をこなしており、オフはとれて月に3、4日程度。この日は早くに仕事がおわり、久しぶりに彼との外食だったようです」(同前)

滞在時間は約2時間。途中保住の友人と思われる男性が合流したが、友人は会計をして、店を出たあとすぐに別れた。2人は夜の新宿を歩き、夜風に当たった後、タクシーに乗って、揃って帰宅した。

保住くんは、完全に鬼頭さんの家に入り浸っています。ただ、焼き肉デートのようなケースはレアで、極力外でのデートは控えているそうです。保住くんのほうがファン離れを警戒しているようです」(共通の知人)

取材班は、焼肉デートの後も、連日鬼頭の家に通う保住の様子を確認した。また、2人は、通う美容院も同じだった。8月12日には、仕事を終えた鬼頭が原宿付近にある美容院に立ち寄ると、翌13日、今度は保住が同じ美容院にむかっていた。2人のそれぞれの指には、似たデザインのゴールドの指輪がはめられていた。

保住有哉さんは鬼頭明里さんの自宅の合鍵を持っている関係でしたが、2人は恋人関係ではなく、仲の良いお友達だと主張しています。引用:文春

この報道の後に、ネット上などでさまざまな声が出ました。

当人のお二人はすぐにTwitterで釈明するなど、対応に追われました。

鬼頭明里と保住有哉はTwitterで「友達」と文春の交際否定

鬼頭明里さんは文春の報道の後に、自身のTwitterで、

一部報道に関しまして、事務所に報告した通り、 保住さんは仲の良い友人の一人です。 この度はご心配をおかけし、またお騒がせしてしまって申し訳ございません。

と保住さんとは恋人関係ではなくただの友達だと否定してます。

そして、今後は鬼頭さんのTwitter投稿の30分後に、保住有哉さんがTwitterでお騒がせについて謝罪文を投稿しました。

この度の報道に関しまして、お騒がせしてしまいまして申し訳ございませんでした。
鬼頭さんは仲のいい友人の1人です。

保住さんも鬼頭さんとは恋愛関係になく、ただの友達だとして文春の報道を否定してます。

ネット上では体だけの関係だと噂に

互いに自宅の合鍵を持っているということで、これで友達というの不自然です。

仮に交際もしてないのに合鍵を持っているということは、互いに都合の良い関係であると受け取れます。

仮に彼氏彼女の関係だったとしても、そうでないとしても、合鍵というキーワードに引っ張られて、二人のアイドル的人気には影響が出そうです。

アイドル的人気が落ちてほしいファンは熱愛報道が嬉しい?

一部のファンは、互いに声優としての実力を評価しており、これまでのアイドル的人気が好きでなかった人もいるみたいです。

そういう方は、今回の報道で色恋的なファンが減ることを歓迎してるようで、今回のこの報道を前向きに捉えているようです。

二人の声優としての本当の勝負はここからだと、むしろ暖かい目線を送るファンもいるみたいです。

おすすめの記事