スポンサーリンク

世界中で活躍されている名ギタリスト・MIYAVIさん。

日本で最も偉大な歴代なギタリストのランキングでも上位にランクインするなど、そのキャリアと実力は根っからの音楽好きからも評価を得てます。

かつてはヴィジュアル系の色モノ系アーティストのようなイメージがあったMIYAVIさんですが、まさか今になってここまで大きなギタリストに成長するとは想像もできませんでした、

なぜ、MIYAVIさんはこうも成長することができたのか、ターニングポイントを探ってみると、やはり結婚して子供が生まれたことが大きな要因の一つのようです。

MIYAVIは2009年に歌手のmelody.と結婚

MIYAVIさんが今の嫁さんのmelody.さんと結婚されたのは2009年の3月14日でした。

ホワイトデーでの入籍でした。

多くのファンが「あのMIYAVIが!?」と驚いていましたが、当時アメリカ進出の色が濃かったMIYAVIさんを見てると、ネイティブな英語が話せるmelody.さんと結婚したことは、良い恩恵があると思えました。

MIYAVIさんとmelody.さんは学年が同じ、さらにはミュージシャンであったという点から同じ目線で分かり合える良いパートナーになると期待できました。

カリスマ性のあるボーカルは結婚が遅れたり、仮に結婚してもすぐに離婚したりというイメージがありますが、MIYAVIさんは普通に結婚して普通に良い家庭を築いています。

独身時代のMIYAVIさんは女性関係でいろんな話がありましたね。30代になって女遊びを振り切った決断をしたことも、その後の音楽活動の充実に繋がったと思います。

家族に対する愛をオープンに語る今のMIYAVIさんをみてると、良い歳の重ね方が出来てて素敵だなと思います。

結婚で離れてしまったファンも、自分が結婚してから、今のMIYAVIさんの独身時代とは別の魅力に気づいて舞い戻ったなんてこともあるかもしれません。

馴れ初めはmelody.司会の番組での共演

ちなみにMIYAVIさんとmelody.さんの出会いは2008年5月4日に放送されたmelody.さんが司会を務める海外向けの音楽番組「J-MELO」です。
この番組で共演した後に、MIYAVIさんの方からmelody.さんに「英語おしえて!」と誘ったそうです。
そんなMIYAVIさんをmelody.さんは快く受け入れ、交流が始まり、交際に発展していったのです。
当時のMIYAVIさんはすでに世界で活躍することに目を向け動き始めてました。
そんな時期に出演した番組でmelody.さんと出会ったのは必然だったのかもしれません。

MIYAVIとmelodyが離婚する気配なし。夫婦関係良好!

正直、MIYAVIさんと melodyさんが結婚した当初は、「どうせMIYAVIの女癖ですぐに離婚する」なんて思ったりしました。

しかし、結婚して10年経った今、全く浮気(不倫)の素ぶりすらありません。

MIYAVIさんのインタビューを見てると、自分を男性として求める海外の女性ファンにげんなりしたような発言までしてます。

あのMIYAVIさんが結婚して、これほどに嫁さんを大事にするとは・・・。そのギャップが男から見ても素敵なのです。

今のMIYAVIさんはミュージシャンとしてもっと先に行きたという、職人的なギラギラ感が目立ってて頼もしいです。

昔のようなチャラチャラした雰囲気も良かったですが、今の誠実で真っ直ぐなMIYAVIさんはもっと最高です!

スポンサーリンク

MIYAVIとmelody.の愛娘・愛理と希理!

2009年の3月に結婚したMIYAVIさんとmelody.さんですが、第一子の子供が生まれたのは同年の2009年の7月29日でした、

第一子は女の子で名前は愛理(読み:ラブリ)です。

そして、長女の愛理ちゃんが誕生した1年後に、次女が誕生します。

第二子は2010年の10月21日に誕生しました。

第二子も女の子で名前は希理(読み:ジュエリ)です。

二人とも女の子ということで、MIYAVIさんは女性に囲まれた家庭を持っているということになります。

MIYAVIさんは嫁さんと子供の存在を音楽活動の中でオープンに語っており、時にはSNSに家族全員の仲良しな写真を投稿してたりもします。

SNS(インスタ)のMIYAVIファミリー[画像]

美人の嫁とかわいい娘2人に囲まれて幸せそうなMIYAVIさん。

その幸せぶりは、時にはMIYAVIさんのSNSから発信されることもあります。

MIYAVIさんって意外にカメラ系パパ?なんて思ったりもしますが、写真をよく見てみると嫁さんのmelody.さんがセルフィーからシャッターを切ってることがわかります。

昔のヴィジュアル系MAXのMIYAVIさん(雅時代)が、あのままに結婚して嫁や子供をオープンにしてたら仔雅(MIYAVIファンの名称)たちが怒り狂っていたことでしょう。

今のMIYAVIさんが家族をオープンにしながらも応援されるという状況に、過去と昔の彼の違いがあります。

愛妻家・子煩悩で脱アイドルを果たしたMIYAVI

MIYAVIさんのことなので、女の匂いを消してアイドル的な人気も兼ねて人気を伸ばすことも可能ですが、それを選ばない辺りに、今やってる音楽への自信を感じます。

家族愛を全面に出して、父親として自然なまでに自分の信念をファンに示し、ファンもそんな彼を受け入れてるのです。

MIYAVIさんのライブ会場には女性ファンが多いですが、「MIYAVIさんと共に歳を重ねたんだな」というような年代の女性が多いです。

きっと昔からMIYAVIさんを応援してる方は、「あの問題児がこんな紳士になるとは」と、MIYAVIさんのことを同級生の友達のような温かい目で見ていることでしょう。

ただ、MIYAVIさんが世界で売れ、日本で逆輸入で話題になると、嫁さんとの子供を巡った噂がネットで目立つようになりました。

スポンサーリンク

MIYAVIの可愛い2人娘(愛理と希理)に纏わる噂

MIYAVIさんは仕事だけでなく嫁・melody.さんとの関係が良好!しかも子煩悩で娘たちに全力の愛を注いでます。

SNSでMIYAVIさんが長女と次女をオープンにするようになって、ネット上でいろんなリアクションが出てきてます。

もちろん、中にはネガティブなことを言う人もいますし、子供に対して謎の噂が出回ることもあります。

これまでにネットで流れたMIYAVIさんの愛娘二人(愛理・希理)に纏わる噂をまとめてみました。

娘2人は日本語よりも英語の方が得意?学校はアメリカ

2020年の4月に人気番組「スッキリ」にMIYAVIさんが出演。

そこで子供の愛理ちゃんと希理ちゃんも登場したとして話題になりました。

どうやらMIYAVIさんの娘二人は日本語よりも英語の方が得意なようです。

やはり生まれてすぐにMIYAVIさんが海外中心の活動をしており、今でもアメリカにいる時間が長いせいですね。

勝手にバイリンガルになるなんて羨ましいです。

ただ気になるのは、娘2人は日本とアメリカ、どっちの学校に通っているのか?と言うことです。

過去にMIYAVIさんは雑誌のインタビューで娘に対してこのような発言をされてました。

例えば今まで海外で暮らしてきて、年末年始に子供たちを連れて墓参りに日本へ帰って、浅草とか伊豆とか連れて行くと、もう子供たちにとっては異国文化なんですよね。それを見ているだけでも、客観的に接して「カッコいい」「面白い!」と捉えられる日本の素晴らしさに気付かされる。

さらに、

向こう(アメリカ・ロサンゼルス)にいる日系の子で、日本のことをあまり理解できていないことでアイデンティティクライシスに陥ってしまうケースも見てきました。

と仰っていたので、アメリカの方の学校に行ってるという意味で間違いなさそうですね。

インスタで子供が英語の本を読んでる姿もあったので、むしろ日本に帰ってきたら苦労しそうです。

愛理も希理も一重でMIYAVIとmelody.に似てない?

MIYAVIさんの子供・愛理さんと希理さんの写真はSNSで常にオープンに見ることができます。

初見の正直な感想、娘さん2人共、”目”はお父さんにもお母さんにも似てないと思いました。

なんで”目”が似てないと思ったのか、理由は簡単で”一重だから”です。

まだ幼い頃はよくわかりませんでしたが、大きくなれば嫁のmelody.さん側に似てるのかな?なんて思ったりします。

2人共女性なので、もう少しすれば色気付いてパパのV系全盛期のように自分なりのお化粧をするようになれば、判断不明になりそうですが。(パパはアイプチとか楽しんでましたよ)

実はMIYAVIさんもmelody.さんも以前から美容整形をしてる噂があったので、それを揶揄したい人が粗探しで都合よく子供のことを突っ込んでるのかな?なんて思ったりもします。(暇でかわいそうですね)

子供がブサイクだと言う意見

これは絶対にアンチだと思いますが、MIYAVIさんの子供に対して”ブサイク”とかいうことを書いてる人もいるみたいです。

確かに目は一重ですが、パーツの配置が整っており、とても美形だと思います。ブサイクの意味を知らないで仰ってるのかなと。

なんなら、二重=美形という昭和くさい価値観を平成を跨いで令和の時代まで引きずってられるのかなと。

あまり気にしなくても良いですが。

愛理(ラブリ)が日本用に「あいり」に改名?

お父さんにそっくりな侍ヘアーを誇る愛理ちゃんですが、名前の読みは「ラブリ」です。

名前が公表された当初は「キラキラネームすぎる!」と揶揄されてましたが、実は日本語で「あいり」と呼べる便利な名前でもあります。

嫁さんのmelody.さんも、アメリカと日本で呼ばれ方が違っていたので、そこにヒントを得て日米で使える万能な名前を付けたということでしょう。

ちなみに「愛理」の名前を「ラブリ」から「あいり」に改名したと思っている方もいるみたいですが、それは違うと思います。役所に提出してるのは「ラブリ」で間違いないと思います。

実は子供が男で性同一性障害という噂

少し前に、MIYAVIさんの子供が実は男の子なのではないか?という謎の噂がありました。

さらには「性同一性障害」だというキーワードもネットに出て、噂になっていました。

MIYAVIさんがmelody.さんと結婚し、出産した当時からニュースで「生まれた子供は2人共に女の子」だと報道されてたはずなのに、出所が全く掴めない謎の噂です。

ただ、最近になって次女の愛理ちゃんがベリーショートヘアーにしたり、お父さんにそっくりなイケメン風の身嗜みをするようになったので、その影響で男の子なのか女の子なのか迷ってしまう人が出てしまったことは事実です。

子供が望んで男性っぽい風貌をしたがっているのか、MIYAVIさんとmelody.さんの趣味なのか。

過去にMIYAVIさんがライブのMCで次女・愛理ちゃんから「外見は女の子だけど、中身は男の子だから、男の子のかっこうがしたい。」と言われたことを明かしてます。

子供本人が望んでメンズっぽい格好を望んでるとして、それはファッションとしてボーイッシュを楽しんでいるのか、もしくは噂通りに心と頭だけが男の「性同一性障害」なのか

事実だったとしたが、かなりデリケードな問題になってくるので、まだ学校に通っている時期なので辛い想いをするかもしれません。

ガセネタだったとしたら、今後どこかでそうでないことをハッキリ言うべきですね!

ダンスがめっちゃうまくて話題になったことがある

小さい頃からMIYAVIさんと遊んでる姿がSNSなどに上がっていた娘たち。

最近では成長し、エアロバイクやエクササイズを楽しんでる姿もSNSで確認できます。

2020年4月16日にはMIYAVIさんが娘2人とキレッキレのエアロビクスしている動画をInstagramで公開しました。

インスタでは「良いお父さん」「子供ダンスうまい」など大受け

ちなみに動画の中でMIYAVIさんはカナダのシンガー・ソングライター「The Weeknd」が2019年にリリースしたレトロなテクノポップナンバー「Blinding Lights」という曲を使用。

MIYAVIさん自身がそのような音楽に合わせて踊ってること自体が衝撃的なので、ファン的には頭の中が整理できないぐらいにレアなダンス動画だったと思います。

今度は娘だけでなく、お母さんも混じってダンスを見せて欲しいですね。

MIYAVIのプロフィール

名前:MIYAVI(みやび)

生年月日:1981914

出身地:大阪府

血液型:AB

身長:185cm

職業:ミュージシャン・俳優

事務所:J-glam Inc,

スポンサーリンク
おすすめの記事