スポンサードリンク

松本孝弘モデルのギター。本人のコレクション一覧(画像)B’zのギタリストとして多くのギター好きの注目を集めると松本さん。

歴代愛用してきたギターはたくさんありますが、やはりギブソン・レスポールのイメージが一番しっくりきます。

実際に松本さんはギブソンから世界で5人目のシグネイチャアーティストとして、松本さんモデルのレスポールをリリースしたりしてます。

松本孝弘モデルのギター(ギブソン・レスポール)

初代の松本さんモデルのシグネチャは1999年にリリースされました。

松本さんのこだわりが詰まったキャナリーイエローのレスポール。B’zファンだけでなく純粋なギター好きの間でもよく知られてます。

初代のお値段はなんと56万円!カスタムショップ製は90本限定で発売したにも関わらずすぐに完売し、今や超プレミアのつくレア物となっています。

2018年にはB’zのデビュー30周年を記念して、最新技術を入れた新バーションもリリースされました。

あれから20年もの間もギター好きの間で知られ、愛され続けてるモデルなのです。

松本さんのギターコレクションは未知数

松本さんといえばレスポールのイメージが強いです。

昔から様々なレスポールを使い分けて演奏されてきました。

50年代のヴィンテージレスポールは特に愛着が強く、ライブだけでなくレコーディングでも使用されてるそうです。

過去にはストラトを使ってた時期もあり、90年代の後半にはミュージックマンも使用されていました。

松本さん個人が趣味で私生活で弾いてるギターも数多くあり、コレクションだけで凄まじい数を所有してるそうです。

ラウドの高崎さんからESP、相棒の稲葉さんからDeeringをプレゼントされるなど、貰い物のギターだけでも豪華です。

古いマーティンを所有していたり、コレクションは未知数です。

いつかギター雑誌で自宅に置いてあるギターコレクションを全部見せてくれたりしたら嬉しいですね・・・。

たまーにギター雑誌に紹介されることはありますが、それは大抵はある曲のレコーディングやライブで使用した仕事向きのギターの紹介だったりします。

2018年には有楽町のインフォスにて展示会のようなイベントが開かれ、そこには年代物のストラトやSGなどが展示され、立派なギター博物館と化してました。

日本とアメリカの豪邸には、きっと多くのお宝ギターが使わられずにインテリアとして飾ってあることでしょう。

高そうなソファーに座ってグレッチでブルースを弾きながらくつろぐ松本さんの姿など、妄想するだけでも胸熱です!

仕事を離れた松本さんはどんなギターをどんな場所で弾いてるのか、ちょっとでも良いから教えて欲しいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事