スポンサーリンク

歌手として活動されている「さくらまや」さんが独立することを発表しました。

さくらさんは報道各社にFAXで、

「この度、所属事務所『シンエイV株式会社』との専属契約が終了し、個人でプロダクションを立ち上げ活動していく運びとなりましたことをご報告いたします」

と発表しました。

現在22歳と、とても若いさくらさんですが、独立を決めた理由というの何だったのでしょうか?

さくらまやが独立を発表!

10歳の若さで歌手デビューし、その圧倒的な歌唱力で世間を虜にした天才ボーカリスト「さくらまや」。

当時10歳だったあの子供が、気づけば22歳です。

独立を決めたのは、やはり歌手活動としてパッとしない現状に苛立ったからでしょうか?

「新型コロナウイルスの影響を受け、気づけば『無職』に。この先どうしたら、と途方に暮れましたが、逆境に負けず歌を続けていきたいと決意し、家族や知人の力を借りてプロダクションを立ち上げました」と説明した。  「新型コロナウイルスの感染拡大で、暗いニュースや悲しいことが増えています。演歌、童謡、ポップス、アニメソング。たくさんの歌と音楽で皆様に元気を届けていきたいです」と今後への意欲もにじませている。引用元:Yahoo!ニュース

さくらさんは独立を発表する文の中で、新型ウイルスの影響で仕事がなく、無職になっていたと綴っています。

そもそも22歳のさくらさんは大学生であります。

今後、大学を卒業するタイミングを見計らっての独立という見方もできます。

さくらまや独立の理由は日本大学卒業のタイミング?

現在のさくらさんは大学4年生です。

友人らのも真剣に将来のことを考えているということで、さくらさん的にも焦りがあることでしょう。

これまでの新型ウイルスの影響で、稼ぎ続けられるアーティストと、そうでないアーティストに差が開いてる状態です’。

この大不況の機会も重なって、自分で開拓する道を選びたかったのではないでしょうか?

やはりYouTubeなどを立ち上げる?

この時期に微々たるお金でも稼ぎたいと、YouTubeチャンネルを立ち上げるアーティストの方が多いです。

もしかしたら、さくらさんも、独立してすぐにYouTubeチャンネルを立ち上げるのではないでしょうか?

今更、まとも就活をするのも難しいでしょうし、さくらさんにとって一大決心であったことでしょう。

さくらまやの出身校(小学・中学・高校)

10歳の頃から演歌歌手としてのキャリアをスタートさせたさくらさんですが、学業の方は順調だったのでしょうか?

さくらさんのこれまでに学歴を調べてみると、かなり波乱万丈な学生生活だったことが分かります。

デビュー後に転校し台東区立千束小学校を卒業

さくらさんは元々は帯広市立帯広東小学校に通っていましたが、演歌歌手デビューと合わせて台東区立千束小学校に転校しました。

転校した後は、芸能活動のため、さくらさんは母親と二人で東京で暮らすようになりました。

前の学校の友達と別れて、新しい学校に馴染めたのでしょうか?すでに世間で注目されていた彼女だけに、普通の子供らしい生活は難しかったと思います。

台東区立桜橋中学校を卒業

さくらさんは台東区立桜橋中学を卒業しました。

中学3年の時には仕事をセーブして受験勉強に励んだそうです。

高校には、見事に合格をしました。

東京都立白鴎高校を3年生で中退

さくらさんの高校名は公表されていません。

しかし、東京都立白鴎高校に入学したとの説が強いです。

在学中のさくらさんは仕事と学業の両立が難しかったそうで、なかなか単位取得が間に合わず、1年と2年は粘ったそうですが、残念ながら3年生の時に高校を中退することを決断したみたいです。

せっかく苦労して合格した高校なのに、きっと本人が一番悔しかったでしょうね。

高等学校卒業程度認定試験に合格し、日本大学に入学!

仕事が忙しく、なかなか単位取得が間に合わず高校を中退してしまいましたが、大学にだけは行きたかったさくらさんは、高等学校卒業程度認定試験に挑み、見事に合格しました。

無事に大学受験の資格を得られたということで、その後に日本大学の経済学部を受験し、見事に合格しました!

さくらまやのプロフィール

出生名:草野 真耶(くさの まや)
生誕:1998年7月26日
出身地:北海道帯広市
ジャンル:演歌
職業:演歌歌手
活動期間:2008年 -
事務所:シンエイV(〜2020年)

スポンサーリンク

さくらまやが事務所独立したことへの反応

小学生ぐらいでの演歌歌手としてデビューして注目を浴びたけれど・・・そのあとは、そこまでのヒット曲も出せずに今はもう大学生だったはず・・ずっとまえにテレ朝「激レアさんを・・」にゲストで出てた歌はうまいのにね。それだけでは売れない厳しい芸能界の現実

まだ22歳だったのか。若い。歌がうまいのに、それが仕事に繋がってなかった感じがする。

・彼女を買い殺した事務所の責任だ

この子は性格の問題だろう、小さい時に歌が上手くてちやほやされた事で天狗に成り、テレビの歌唱力を競う番組で、審査員の一人に低評価されて文句を言い、不貞腐れた態度を取り、審査員に激怒されても反省の姿勢が見え無かった、自分はその番組以降この子をテレビで観る事が無くなったが、その事が干された原因で有ると思って居る。

歌番組でのあの態度の悪さが目に焼き付いています。礼節を重んじて真摯に実直にやっていけば道は開かれるのではないかと。人の評価を受けながら仕事をする芸能界ってそういうところだと思う。普通の会社より自分を切り売らなければいけないので大変かと思いますが。芸能界は、実力勝負という感じではない印象。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事