1998年にデビューして以来、長く第一線で活躍されている日本を代表する歌姫のMISIAさん。

多くの歌姫が時代の流れやトレンドに合わせて変化していってますが、MISIAさんだけはデビュー当時から同じポリシーを貫いています。

紅白や五輪でMISIAさんを観て知った若者は「あの人は何者なんだ?」と衝撃を受けるみたいです。

そもそもMISIAさんは自身の私生活などの詳細を伏せ、ミステリアスなキャラクターとして活躍されていたので、昔からMISIAさんを知ってる人も、どのような人なのか知らない人も多いのです。

MISIAさんの年齢、名前の由来、トレードマークになっているターバンの意味など、気になることばかりです。

今日はMISIAさんの年齢や髪型のポリシー、基本情報を掘り下げてみたいと思います。

MISIAの誕生日は七夕!年齢を感じさせない魅力。本名と学歴

本名:伊藤美咲(いとうみさき)

芸名:MISIA(読み方:ミーシャ)

生年月日:1978年7月7日

年齢:43歳(2021年12月現時点)

身長体重:153cm / 40kg

血液型:O型

出身地:長崎県対馬市(出生は福岡県福岡市)

学歴:香住ケ丘高校→西南学院大学商学部(中退)

家族構成:父親、母親、兄、姉、MISIAさんの5人。

好物:メロンパン

事務所:Rhythmedia

MISIAの芸名の由来は本名「伊藤美咲」と家族が医者であること

MISIAさんを海外の方やハーフだと思っている方がいるみたいですが、その理由は日本人離れした歌唱力であることと「ミーシャ」という不思議な芸名が原因ですね。

MISIAさんは芸名では本名は「伊藤美咲」さんです。

芸名の由来に関しては、本名の「みさき」とAsiaをかけたもの、もしくは家族が全員医者ということで、「医者」にかけたとも言われています。

MISIAの身長はわずか153センチ。体重も40キロとかなり小型

ステージに立っているMISIAさんを観てると、身長170センチぐらいある大きな女性のように見えますが、実際のMISIAさんの身長は153センチと日本人女性の平均よりも小さいのです。

また、普段はふわふわした衣装が多いので分かりにくいですが、体重が40キロとかなりの痩せ型であります。

MISIAさんを生で観た感想に、以外にも華奢で可愛いとの声が多いですが、それは身長の低さと体の線の細さが理由でしょうね。

MISIAの年齢。同年代に浜崎あゆみ、椎名林檎、aiko、宇多田ヒカル。

MISIAさんは1978年生まれで2022年時点で44歳です。

年齢をまったく感じさせないMISIAさんなので、実は40代だと知って驚く人も多いのではないでしょうか?

MISIAさんは1999年にデビューしましたが、同期には椎名林檎さんやaikoさん、宇多田ヒカルさんなど大御所の歌姫が多くいます。

MISIAさんはその中でもミステリアスで、彼女たち同期ということ自体が信じられないです。

MISIAは男性スキャンダルや結婚や離婚の経験がない

 

日本を代表する多くの歌姫がデビューした1999年ですが、そのメンツの中でもMISIAさんの存在はいまだに艶やかで劣化知らずです。

なぜ、MISIAさんだけデビュー以来のミステリアスな魅力を保たれているのか考えてみると、”余計なスキャンダルと無縁”というのがいえますね。

過去、MISIAさんは世間を騒がせるような悪いことはしてませんし、著名人との交際が噂されたこともありません。

結婚したこともなければ、離婚したこともないということで、生活感のあるニュースがまったくないのです。

特にメディアへの出演を控え、SNSの時代になっても発信に色気つかなかったのもミステリアスが保たれた要因でしょう。

若い頃のMISIA。髪型もターバンも変わらない?

現在、43歳になるMISIAさんですが、20代はどのような姿だったのでしょうか?

調べてみました、正直、今とあまり変わらない印象でありました。

デビュー当時から現在のトレードマークのドレッドヘアーでありました。

2000年代の前半から、ターバンも頻繁に着用していました。

ドレッド&ターバンは今も昔も変わらないMISIAさんのスタイルでありますが、30代頃からナチュラルメイクも見せるようになり、その姿が可愛いと評判なのです。

強めのアイメイクがほとんどだった若い頃と違って、現在のMISIAさんはナチュラルなメイクに使い分けるようになりました。

すっぴんなどは流石に公開していませんが、素顔に近い状態も見せれるようになったという意味では昔とは変わったなと思います。

MISIAはなぜターバンを巻く?アフリカ系への敬意とおでこのコンプレックス

一時期のMISIAさんは常にターバンを巻いていました。

現在では付けたり付けなかったり半々な印象ですが。

MISIAさんのトレードマークにもなっているターバンですが、そもそもなぜターバンを巻くようになったのでしょうか?

ターバンを巻く理由を調べてみましたが、MISIAさん自身がおでこにコンプレックスがあるのが理由の1つのようです。

そして、もうひとつの説として、MISIAさんの歌手としてのキャリアの原点がアフリカ系のゴスベルにあり、アフリカ系の方々が巻くターバンのスタイルに影響を受け、原点を忘れない意味でターバンを巻き続けているのではないか?とも言われています。

ドレッドヘアの歴史自体がラスタファリ運動の思想に成り立っており、思想の一つに、アフリカ回帰や奴隷解放というものがあったり、アフリカから奴隷としてジャマイカに連れてこられた黒人の髪型がルーツにあり、権力との闘いを表現した髪型なのです。

20年以上もドレッドヘアーを保つのは並大抵の美意識では無理

MISIAさんが長年続けているドレッドヘアーですが、実はかなりデメリットがあります。

ドレッドは根本を作る際に痛みが伴い、それをずっと続けているMISIAさんは相当に根性があります。

髪の毛を洗うのも大変で、乾かすのも大変です。特に日本人の細くて繊細な髪質は向かないので大変です。

夏場は蒸れてかゆくなることも多いです。

MISIAさんクラスになると毎日のように美容院に行くか専属の方に手入れしてもらっていると思います。おそらく髪の毛をキープし、健全に生活を送るためだけにも相当に費用が掛かっていることが予想されます。

おすすめの記事