男性に最も人気の大物YouTuber・ヒカルさん。

男の子が”お金があったら検証してみたい”というような、好奇心溢れるコンテンツを多額の資金を投資して実証してみる姿はヒーローそのものです!

そんなヒカルさんはも、過去に何度も炎上を繰り返して切れており、YouTubeの中では賛否両論ある存在でもあります。

ネット上では、”詐欺”など言われ揶揄されたこともありました。

過去に有名なVALU炎上事件を起こしてますし、その手前には過去に情報商材を売っていたことが知られ、”ヒカルって大丈夫なの?”と怪しまれた時代がありました。

現在はYouTuberとしての快進撃だけでなく、アパレルやサロン、食品コラボなどで実像のある成功を収め、ヒカルさんの商才を疑う人はいなくなりました。

今日は、ヒカルさんが過去に”金髪起業家ヒカル”という名の元、情報商材を売っていたことについて書いてみたいと思います。

また、現在のヒカルさんの収益や年収・会社や事業内容についても書いてみたいと思います。

ヒカルの金髪起業家時代。情報商材の業界では馴染みの有名人?

現在は大物YouTuberとして活躍しているヒカルさん。

過去に”金髪起業家ヒカル”というタイトルで、情報商材を売るビジネスをしておりました。

活動期間はわずか数年と短いですが、当時の業界の中ではとても若く、そしてYouTubeで顔出しをして発信していたということでインパクトある存在でありました。

悪いことをしてたの?と気になる方が多いと思うますが、安心してください。ヒカルさんのやっていたビジネスは悪いことではありません。

やり方としてはYouTubeやブログ、ステップメールを使って、インフォトップという所から販売されていた情報商材の良さを伝え、”自分なりの特典”を付けて販売していたということです。

ヒカルさんが販売していた情報商材は、購入者の目的に対しては内容が伴った物で、詐欺ではありません。

ただ、問題だったのは、ヒカルさんが情報商材を販売する上で付けた”自分なりの特典”に対して、不誠実な部分があったということです。

別に詐欺でも犯罪でもありません、ただ、少し不誠実だっただけです。

捕まることでも恥じることでもありません、ヒカルファンの方は安心してください。

YouTubeで人気者になるための恩恵もあった

ヒカルさんが情報商材に関わっていたのはわずか1年か2年ほどで、長くありませんし現在では関わりもありません。

それでも、YouTuberになった後に起こした炎上事件に付随して、”信用したらいけない”という裏付けで商材を売ってた時代が掘り起こされるケースが多いのです。

YouTubeで成功したヒカルさんに対する嫉妬心、対抗心を持った方は大勢いるので、今後もコンスタントに金髪起業家時代のことが取り上げられることでしょう。

当時のことは、ちょっと青臭かっただけで、詐欺でも犯罪でもないので、ヒカルさんのファンの方はそのことだけは覚えておいてあげましょう。

ちなみにヒカルさんのYouTubeでの活動を見てると、当時のノウハウにあった、話題の選び方やキーワード選定のノウハウの一部が垣間見れるときがあり、当時学んだことの恩恵は強いように感じます。

釣りタイトルを卒業したヒカルの凄さ

YouTuberの動画の特徴といえば、タイトルやサムネイル画像でのアピールの強さです。多くの人に関心を持ってもらうために、過激なキーワードや画像が使われることが多いのです。

視聴者の中には、動画の内容がタイトルやサムネイルと伴っていないとして”ただの釣りだ”苦言を呈する方もいます。

ヒカルさんもYouTuberになって以来、動画タイトルにインパクトをつけようと過大表現なタイトルをつけることが多々ありました。

しかし、ヒカルさんは2021年の年末に、全動画のタイトルを簡潔な名前に訂正し、いわゆる”釣りタイトル”やサムネイルを辞めたのです。

もしかしたら、俺がサムネやタイトルを過激にしたことで、ずっと俺の動画を観てくれていた人が観なくなるんじゃないかなって。なんかそれって、新規(視聴者)がとれないことより嫌なことだなって思ったんで、入れ替えようって決意しました。

とのことです。

誰よりも、キーワードの扱いを熟知した人気YouTuberですが、それを誰よりも早く卒業したのは流石カリスマですね。

現在のヒカルの年収は10億前後。嘘ではない内訳

ずっと疑問に思われていたヒカルさんの年収ですが、2021年にヒカルさん本人がツイキャスで10億前後であることを告白し、最低でも7億はあると明かし発覚しました。

人気ユーチューバー・ヒカル(30)が11日、自身のツイキャスで生放送を配信し“ケタ違い”の動画収益について明かす場面があった。

リスナーからの質問を読み上げていくなか「年収」について聞かれたヒカルは「YouTubeだけやったら、企業案件とか広告収益を合わせて、大体10億前後やな。どんだけ低くても7億とかはあると思う」と、答える。引用元:Yahoo!ニュース

このヒカルさんの年収に対して、

”いや嘘だろ”

”年収じゃなくて年商じゃない?

と噛み付く意見もありました。

ヒカルさんのYouTubeの収益を簡単に計算して、7億から10億前後という年収が嘘か本当か検証してみましょう!

簡単に計算しても6億5000万は稼ぎ+自分の会社やブランドの利益も

ヒカルさんのYouTubeの収益を簡単に計算すると、

1日平均150万再生→26日投稿=4000万再生(サブ込み) 単価0.3円として、月の広告収益は1200万円で、

動画の再生に伴う広告利益だけで年間1億5000万は稼いでる計算になります。

そしてポイントになるのは”案件”です。企業案件が1本600万円ほどだして、月7本くらいでだいたい4200万、

案件だけで年間5億は稼いでる計算になります。

つまり、ヒカルさんがYouTubeでもたらす年間の利益は、

どんぶり勘定でも再生数=1億5000万+案件=5億で合わせて6億5000はあるという計算になります。

残りの5000万〜3億5000万の利益は、自分の経営してる会社やブランドからの利益だと考えると現実的で、本人が仰る年収は嘘ではなく本当だという結論になります。

ヒカルの会社”シュプラス”と”ヒカルエンタープライズ”と従業員

YouTubeを始める前からお金持ちだったヒカルさんですが、出始め当初は”お金の出どころが怪しい”なんて言われてました。

当時から自分で会社を経営してることを言っていましたが、事業内容が実像の見えにくい業種だったということで、ヒカルさんが本当にお金持ちであることを信じない人もいました。

ヒカルさんは2011年頃に「シュプラス」という一円企業を立ち上げています。事業内容は、「インターネットの広告代理業務」「タレントのマネジメント業務」「グッズの企画販売」です。

過去にツイッターで自分の会社について言及してたことがあり、かなりブラックな状態だと語っていました。

ヒカルさんの動画の中でも、別の仕事のために徹夜したという発言があったりするので、シュプラスの方の業務はハードに頑張っていることが伺えます。

少し前にシュプラスの名義で馬を購入したことが広がり話題になっていました。

シュプラスの方がどうなっているのか目立ちませんが、この馬を購入した話題からも”シュプラスはまだまだ健在”であることがわかります。

実像の見えるビジネル発展と楽しそうな従業員で再評価

最初に作った会社が実像の見えにくい業種だったということで、本当にお金を持っているのか怪しがられていました。

現在ではサロンやヘットスパなどの事業を展開するもうひとつの会社「ヒカルエンタープライズ」が目立っており、実像の見えやすいこちらの会社の存在で、ヒカルさんの商才を本物だと認める人が増えました。

ツイッターからも求人を行ったことがあり、とてもホワイトな印象です。

また、YouTubeのチャンネルに会社の従業員が登場する回が増え、その雰囲気の良さにヒカルさんの株が上がりました。

普通に良い経営者のように思えます。

ちなみにシュプラスの回では、

・長く安心して働ける会社を目指してる

・バイト含めて従業員はたくさんいる

・給料25万程度だが一度あげた給料は下げたくないからこそ

と語っており、堅実な会社であることがわかります。

意外にも保守的で慎重な経営者であることがわかりますね。

おすすめの記事