スポンサードリンク

ピエール瀧の謝罪メッセージ。降板したラジオ「たまむすび」音声薬物問題で逮捕され世間を騒がせたピエール瀧さん。

逮捕されて以降、なかなか滝さん本人からの言及は世の中に出ませんでした。

しかし、昨日放送された、かつて滝さんがレギュラー出演していたラジオ「たまむすび」にて、滝さん本人から謝罪のメッセージが流れたそうです。

ついにのファンへ肉声での直接の謝罪。

どのような内容になっていたのでしょうか?

ピエール瀧の謝罪メッセージ

滝さんの謝罪メッセージが流されたのは、8月8日の放送。

どうやら、肉声での謝罪ではなくて、文章のみだったようです。

麻薬取締法違反の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年が確定したミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)が8日、降板したTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に謝罪のメッセージを寄せた。

 パーソナリティーの赤江珠緒(44)が「今回の件では心配と迷惑をたくさんの人に掛けてしまい、本当にすみませんでした」と代読した。後任としてアカペラグループ「RAG FAIR」の土屋礼央(42)が木曜レギュラーを務めることが発表された。引用元:Yahoo!ニュース

もう少し長い文章で、しっかりと謝罪されるのかと思いましたが、実際はあっさりとした内容です。

リスナーの皆さん、赤江さん、そして土屋君、瀧です。今回の件では心配と迷惑をたくさんの人に掛けてしまい、本当にすみませんでした。心からごめんなさい。この曲は保釈されてから最初に買ったウエストバム(ドイツ・テクノシーンの第一人者)のアルバムに収録されている曲です。

逮捕されてからたくさんの人やメディアからお叱りや誹謗中傷を受けました。当然のことでしょうし、自分も受け入れ、反省しています。しかし、そんな状況の中、自分の心の糧となり、自分を奮い立たせてくれたものは、励ましの言葉の数々でした。(略)音楽はやはり素晴らしく、保釈されてからこのウエストバムを聴いた時のすべてを包括して昇華させてもらった感覚は、当時の家から一歩も出られない自分にとっては何物にも替え難い瞬間でした。

やはり裁判が控えてるということで、形だけでも各方面に反省の色を出す必要があったということでしょうか?

どこまでが滝さんの真心なのかはわかりません。

降板したラジオ「たまむすび」

今後はピエール瀧さんの代わりに、ラグフェアーの土屋さんがパーソナリティを担当するみたいです。

土屋さんといえば、過去にオールナイトニッポンにてパーソナリティを務め、とても人気だった実績があります。

しかし、滝さんのユーモアに比べらちょっとなぁ・・・というのが正直な感想ですね。

今後、滝さんが以前のように番組に復帰することはあり得ないと思います。

こうやって時間が経つにつれで、コンテンツ1つずつに彼の仕事ぶりの偉大さを痛感させられます。

夏フェスで滝さんを見ることができないこと自体悲しいことだというのに・・・。

大きな声では言えないですが、滝ロスはさりげなく広がっていると思います。

滝のコメントへの反応

これを機会にバラエティーキャラに変えてみてはどうだろうか。有名人の薬物使用は、困ったもんたが、あんなに神妙に反省の弁述べ、家から一歩も外出しないと言う姿勢は、よく自分を戒めていると思う。

薬物治療を終えた後に、いつかまたラジオに帰ってくることを待っている。出来ることなら赤江さんとの掛け合いをまた聴きたい。

うーん、この方、
何十年も続けてきてるからなぁ。
「はい、やめました。」
って本当になるかな。再犯しそうだなぁ。

スポンサーリンク

おすすめの記事