スポンサードリンク

鈴木英哉(JEN)の身長体重と出身中学・高校・大学ミスチルのドラマーとして最高の経緯を辿っている鈴木英哉さん(愛称はJENさん)ですが、その生い立ちなどが気になります。

ドラムの実力は確かに、ムードメーカーとして人間性の部分でもミスチルを引っ張ってきた彼だけに、どのような境遇で育ってきたのかが気になります。

鈴木英哉(JEN)のプロフィール

JENの出身地と身長体重

本名:鈴木英哉(すずき ひでや)

生年月日:1969年3月6日

出身地:東京都杉並区

血液型:A型

身長:175センチ

体重:63キロ

ミスチルはメンバーは本名がそのまま名前になっているので、名前の部分では驚きはありません。

東京という都会出身ということを関しても、鈴木さんの子供の頃のエピソードを聞いてる限り納得です。都会で明るい性格に育つ人の境遇って華やかですよね・・・。

ライブでは座ってることの多いドラムの鈴木英哉さんですが、身長の高さがイマイチ分かりにくかったです。衣装にとっては大きくも見えますし、小さく見えるときもあります。

実際には175センチと平均よりも大きい方のようです。ミスチルメンバーの中でも背が高い方とされます。

鈴木英哉の学歴:中学・高校・大学(専門学校)

出身幼稚園:大和学園喜多見幼稚園

出身小学校:狛江小第三学校

出身中学:狛江第二中学校

出身高校:昭和第一高校(商業科)

出身大学(専門):武蔵野音楽学院

昭和第一高校は東京の文京区になる私立校高校です。商業科に進んだようですが、現在はそのコースはない模様です。偏差値も今とは全然違うと思います。

大学に進学したと思ってる方もいるみたいですが、実際は専門学校である「武蔵野音楽学院」を卒業されてます。現在は廃校になっています。

鈴木英哉の出身中学とエピソード

鈴木英哉さんの中学時代のエピソードは多くあります。

まず鈴木英哉さんの現在のあだ名となっている「JEN」ですが、これは中学時代から続くあだ名なのです。中学時代に流行していたスズキの「ジェンマ」というスクーターから由来しています。

仲良しグループにもう一人鈴木がおり、その人に「ジェンマ」のあだ名が乗り移ってしまったのですが、鈴木英哉さんは「間が抜けている」ということから、ジャンマからマを抜いて、ジェンになったということです。

また、中学時代の夏休みに、友人らと夜中に多摩川に行った際に、河童を目撃したことがあるそうです。

友人らと川に浮かぶ人のようなモノを発見し、最初は人だと思っていたそうですが、その後にその物体は立ち上がり、背中に背負ってる魚を入れるカゴのようなものに、捕まえた魚をいれてったそうです。(この話はメンバーの誰もが信じてないです)

ジェンの学生の頃からの話を聞いてると、ジェンさん自身も変わった子供だったと思いますが、周囲の友人たちもぶっ飛んでんなと思う話が多いです。

良くも悪くも周囲の友人たちの影響が、いまのジェンさんの絶妙なキャラ構成を作ったのではないか?と思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事