スポンサードリンク

石野卓球 契約終了。電気グループは解散?今後はフリーか別事務所移籍か今年は上旬に電気グルーヴのピエール瀧さんが逮捕されたことで音楽会を騒がせました。

もう夏ということで、例年であればフェスなどでオーディエンスを満足させてた彼ら。

今年はまさかの石野卓球さんオンリーという寂しさ。

今後の電気グルーヴがどうなっていくのか気になりますが、1つ悲しいニュースがありました。

それは石野卓球さん及び電気グルーヴで所属していたソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)が、石野さんとの契約が先月6月30日で終了したことを発表したのです。

せめて石野さんだけでも契約延長してくれれば・・・なんて思ったりもしますが。

石野卓球 契約終了

石野卓球さん及び電気グルーヴのソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)との付き合いは長いです。

ここで契約を一旦終わらせたということで、電気グルーヴの今後の在り方に関して悲観的な見方ができます。

ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)は1日、所属ミュージシャンの石野卓球さん(51)とのマネジメント契約を先月30日付で終了したと発表した。

 SMAは石野さんが所属する電気グルーヴのマネジメントを担当してきたが、同じく電気グルーヴに所属していたピエール瀧被告(52)は麻薬取締法違反で起訴された4月2日付で契約を解除されていた。それを受け、石野さんは4月17日にツイッターで「もう事務所は辞める」とSMAを退所する意向を表明していた。【佐々本浩材】引用元:ヤフーニュース

もともと石野さんは所属していた事務所をやめると宣言してましたが、あれからピエール瀧さんの公判が行われ、なんやかんやで気持ちが変わったりしてないか期待していました。

結局は、最後の最後まで契約の延長はしないで、そのままフィードアウトすることが決まったみたいです。

スポンサーリンク



電気グループは解散?

今年の4月には石野さんは自身のツイッターの中で瀧さんが所属事務所を解雇になったことを報告してました。

なぜか笑顔の写真も一緒だったのですが、これには一体どういう意味があったのでしょうか?

ピエール瀧被告(51)の相方・石野卓球(51)は、電気グルーヴの公式ツイッターでの瀧被告の契約解除の報告を自身のツイッターでリツイート。その直後、黄色のTシャツを着て満面の笑みでブランコに乗っている写真を投稿した。引用元:Yahoo!ニュース

そのツイートは意味深だとして、多くのファンが戸惑いを隠せませんでした。

瀧さんが公で頭を下げると、頭が薄くなっただの、いつものノリで相方をいじり倒してました。

ファンの心の中ではまだまだ電気グルーヴは終わってないものだと信じてたことでしょう。

3月にはファン6万4千人が電気グルーヴの音楽配信停止に抗議の署名を集めたとして話題になりましたが、あの時のファンたちの必死の想いは、2人の中でどう解消して行くのか・・・。

石野卓球の今後はフリーか別事務所移籍か

事務所との契約が6月30日で終わった石野さんがですが、今後の所属に関しては具体的に言及はされていません。

多くがフリーとしてゆっくりと活動すると憶測していますが、あれだけの才能を持った方なので、何か別の形で派手に活動してくれることに期待してます。

もともと電気グルーヴだって、石野さんの才能に支えられたユニットでした。

プロデューサーとしての仕事も充実させていたので、仮に電気グルーヴがなくたって生活には困らないと思いますが、表舞台に出る音楽活動をしなくなってしまうのは悲しいことです。

何か別の事務所に所属して型にはまった仕事をするのか、もしくはフリーで好き放題やっていくのか・・・。

大きな声では言えませんが、ピエール瀧さんが社会的に更生した時期でも良いので、やはり最後にもう一度電気グルーヴで派手に活動してほしいなと思います。

TM revolutionのように1人でユニットを名乗って活動することもあるのかな?と。

石野さんも、素直な言及はされませんが、やはり瀧さんが心配で、今後もさりげないサポートはするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事